チャージバック

クレジットカードの悪用に伴うチャージバック。事業者への影響や対策を解説

クレジットカード決済は、実店舗はもちろん、インターネットショッピングでも広く利用されています。利便性の高い決済手段ですが、悪用される事例が増えているのも現状です。悪用にともなって行われるチャージバックは、企業に大きな損失を与えます。

今回は、クレジットカードの悪用にともなうチャージバックについて、企業への影響やチャージバックを防ぐ方法を解説していきます。

チャージバックの詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

チャージバックはクレジットカードの悪用によって起こる

チャージバックとは、クレジットカードが悪用されたときに発生します。クレジットカード会社経由で利用者に補償が行われます。クレジットカードの悪用は年々増加傾向にありますが、そのような手口があるのでしょうか?主なクレジットカード悪用の手口を知っておきましょう。

クレジットカードの盗難・紛失による悪用

クレジットカードそのものを盗難されたり、紛失されたりすると、悪用される可能性が高いです。実店舗で悪用される場合もありますが、サインや暗証番号を求められるので、避ける傾向があります。

実店舗での利用に対して、インターネットショッピングではサインや暗証番号などでの本人確認は行われないので、簡単に悪用できてしまいます。

<h3>クレジットカード情報の漏洩による悪用</h3>

インターネットショッピングはクレジットカード情報さえあれば利用できる場合が多く、クレジットカード情報を狙う悪質な手口が増えています。主な手口には以下のようなものがあります。

・フィッシング詐欺:偽サイトに誘導しカード情報を入力させる

・ネットショッピング詐欺:偽ネットショップで購入手続きをさせカード情報を入手する

・スキミング:クレジットカードの磁気ストライプから情報を抜き取る

・偽造カード:不正に入手したカード情報から偽造カードをつくる

利用者を攻撃する手口だけでなく、ECショップのセキュリティの穴をついてくる不正もあります。セキュリティが脆弱だとサイバー攻撃によって利用者のカード情報を漏らし、悪用を引き起こしてしまうでしょう。

クレジットマスターを使った不正による悪用

クレジットカードマスターとは、プログラムを用いてカード番号を割り出す手口です。カード番号の規則性を悪用して、カード情報を特定し、インターネットショッピングなどで不正利用が行われます。

有効期限やセキュリティコードも割り出す手口もあり、本人認証や不正検知などに対応していないECショップであれば、簡単に不正利用されてしまうのです。

チャージバックは利用者を守る反面、EC事業者は損失を被る

チャージバックは、ユーザーにとっては被害額が補償されるありがたい仕組みです。一方で、企業は売上や購入された品物などの取り扱いで、不利益を被ってしまいます。チャージバックが企業にどのような影響を与えるか見ていきましょう。

クレジットカード会社経由で利用者への返金が求められる

利用者が不正利用に気づくと、クレジットカード会社や決済代行会社からEC事業者へチャージバックの通知が行われます。売上は取り消しとなり、既に入金された売上金額の返還が必要です。売上金額はクレジットカード会社経由で利用者へ返金されます。

ユーザーを守る仕組みであるものの、EC事業者は一度発生した売上を失ってしまうのがチャージバックのデメリットです。

不正利用で購入された商品は戻ってこない

不正利用だと気づかずにEC事業者が商品を発送していた場合、その商品は返ってきません。商品代金をクレジットカード会社が補填してくれることもないので、商品と売上を両方失ってしまいます。

不正利用は高額商品や換金性の高い商品を狙う傾向があります。ブランド品や家電などの商品を不正購入されると、EC事業者の損失はより大きくなるでしょう。

クレジットカードの悪用を防ぎチャージバックを起こさない方法

チャージバックが起きると、企業にとって大きな損失が出てしまいます。損失を防ぐには、チャージバックを起こさないことが大切です。主な方法を4つご紹介するので、ぜひチャージバック対策を実践してみましょう。

3Dセキュアで認証を強化する

3Dセキュアは、クレジットカード決済における本人認証サービスです。3Dセキュアに対応したオンラインショップを利用すると、クレジットカード情報の入力に加えて、事前登録で発行できる3Dセキュア用のパスワードで本人認証を行います。

本人しかわからないパスワードを使用するので、クレジットカード情報が漏洩していたり、盗み出されたりしたとしても、3Dセキュアが不正利用を阻んでくれます。パーソナルメッセージやワンタイムパスワードを活用した3Dセキュアもあり、よりセキュリティ性が高いです。

3Dセキュア導入についてはこちらの記事もご参照ください

セキュリティコード

クレジットカードの券面には、表面または裏面に3~4ケタのセキュリティコードが印字されています。クレジットカードの磁気には記録されていないので、スキミングの心配がなく、カード所有者にしかわからないカード情報です。

ECショップにセキュリティコード認証を導入すると、3Dセキュアと同様に第三者の不正利用を食い止めることができます。

不正検知システム・サービスを導入する

不正検知システム・サービスを導入すると、取引情報などから不正取引を検知することができます。

システム・サービスによっては、リスクを数値化したり、分析結果についてコメントを残したりできるなど、リスクの高い不正利用を発見・対処できるようになります。

チャージバック保険・保証サービスに加入して万が一に備えるのがおすすめ

不正利用対策を行っても、不正利用が起きチャージバックが発生する可能性はあります。もしもに備えて、チャージバック保険・保証サービスに加入するのがおすすめです。

月額保険料を支払うことで、チャージバックが起きたときに保険金による補償を受けることができます。限度額はあるものの、チャージバックによる損失をおさえられます。

まとめ

クレジットカードの悪用は、手口が多様化しています。盗難・紛失のほか、カード情報を不正に入手する手口もあり、不正利用被害は毎年増加しているのが現状です。

クレジットカードの悪用があるとチャージバックが起こり、事業者は入金済み売上と発送済み商品の両方を失ってしまいます。損失が出ないように、チャージバックを防ぐ必要があり、不正利用対策が注目されています。3Dセキュアやセキュリティコード、不正検知システムなどを導入して、チャージバックによる損害を未然に防ぎましょう。

ピックアップ記事

  1. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  4. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

関連記事

  1. チャージバック

    クレジットカード決済とチャージバックの関係性

    クレジットカード決済は、現金を持たずにショッピングができる便利な決…

  2. チャージバック

    ECショップ運営にはチャージバック対策が必要。

    キャッシュレス決済が普及したことで、クレジットカードを使ってECシ…

  3. チャージバック

    チャージバック保険で損失を最小限に。導入したい不正利用対策もご紹介

    クレジットカード決済で不正が行われると、ユーザーを守るためにチャー…

  4. チャージバック

    チャージバックとは?不正利用の現状や不正を防ぐ対策を解説

    インターネットショッピングでは、クレジットカード決済を利用するのが…

  5. チャージバック

    チャージバックとは?クレジットカードの悪用や不正利用による消費者の損害を防ぐ仕組み

    クレジットカードの不正利用から消費者を守る、「チャージバック」とい…

  6. チャージバック

    チャージバックによる企業への損害は経営へのダメージ大。クレジットカードの不正利用対策が不可欠

    インターネットショッピングは、クレジットカード決済さえできれば、い…

おすすめ記事

  1. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  4. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. ニュース・業界動向

    キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  2. 不正アクセス

    生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理由
  3. 不正検知・ノウハウ

    セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  4. 3Dセキュア

    3Dセキュアの仕組みを理解しよう。3Dセキュア2.0の仕組み・効果も解説
  5. ニュース・業界動向

    【注意喚起】新型コロナウイルス感染症に関する健康状態についてのアンケートを装い、…
PAGE TOP