データ&レポート

日本クレジット協会が発表した令和元年10月クレジットカードの利用状況について

当サイトでは、一般社団法人日本クレジット協会(Japan Consumer Credit Association)が発表する「クレジットカードの利用状況」を随時更新しています。

今回は令和元年10月クレジットカードの利用状況をご紹介します。

日本クレジット協会が発表した令和元年10月クレジットカードの利用状況について

令和元年10月分のクレジットカードの利用状況は以下の通りです。

クレジットカードショッピング信用供与額 5,225,331百万円 前月比6.9%減
キャッシング融資額 148,286百万円 前月比6.2%減
信用供与額合計 5,373,617百万円 前月比6.9%減

参考:令和元年10月分集計値│一般社団法人日本クレジット協会

※数字は主要クレジット会社を対象にしたものです

※販売信用分野における市場規模の把握を目的に調査したものです

 

また、クレジットカードショッピングにおける信用供与額の契約件数は1,009,984,600件でした。

令和元年9月(前月)は数字の増加が顕著に現れました。

この増加は

  • 夏のセールが終わり単価の高い取引が増えたこと
  • 10月の消費税増税を前にした駆け込み需要が増加したこと

が理由として考えられます。

その9月と比較すると令和元年10月のクレジットカードショッピング信用供与額やキャッシング融資額は減少傾向にあり、夏のセールや消費税増税の影響は落ち着きつつあると予想できます。

その他、日本クレジット協会の公式サイトではクレジット関連統計資料も閲覧可能

当調査を行った一般社団法人日本クレジット協会(Japan Consumer Credit Association)とは、

  • 全国信販協会
  • 日本クレジット産業協会
  • クレジット個人情報保護推進協議会

の三団体が大同団結し、平成21年に設立したクレジット業界の総合団体です。

日本クレジット協会の公式サイトでは、当調査の結果だけではなくクレジット関連統計資料も閲覧可能です。

研究誌「CCR」と掲載論文の紹介や官報の公開もしていますし、専門用語の正確な定義なども掲載されています。

判例検索なども可能なので、関心がある方はぜひご覧ください。

 

また、日本クレジット協会に関してはこちらの記事をご覧ください。

ピックアップ記事

  1. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  2. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. 受取拒否にならないようにするには
  5. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

関連記事

  1. データ&レポート

    番号盗用だけで年間200億円超えも。クレジットカード不正利用被害の2019年4半期(10月〜12月)…

    一般社団法人日本クレジット協会が「クレジットカード不正利用被害実態調査…

  2. データ&レポート

    【最新】クレジットカードの不正利用の発生状況とその被害額

    クレジットカードの利用増加に伴い、不正利用の発生状況と被害額も変動して…

おすすめ記事

  1. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  2. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  3. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  4. 受取拒否にならないようにするには
  5. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. ニュース・業界動向

    スパム攻撃対策「リキャプチャ(reCAPTCHA)」とは。メリット・デメリットを…
  2. 不正検知・ノウハウ

    割賦販売法の改正に伴い発表された「実行計画」の内容を解説
  3. セキュリティ用語

    フォームジャッキングとは?手口や事例、対策方法について解説
  4. 不正検知・ノウハウ

    不正検知モデルとは?役割やモデルを活用したソリューションをご紹介
  5. チャージバック

    クレジットカードの悪用に伴うチャージバック。事業者への影響や対策を解説
PAGE TOP