不正検知・ノウハウ

クレジットカードで不正注文をされないよう購入者ができる対策と、チャージバックの仕組みについて

クレジットカードを使った不正注文の被害額は2018年の時点で約235億円です。

この被害を少しでも減らすため、購入者(カード名義人)ができる対策にはどういったものがあるのでしょうか。

この記事では

  • クレジットカードで不正注文をされないよう購入者ができる対策
  • 不正注文の発覚時に行えるチャージバックの仕組み

を解説します。

クレジットカードで不正注文をされないよう購入者ができる対策

 

不正注文を防ぐために購入者ができる対策としては

  1. クレジットカード番号や暗証番号など情報の適切な管理
  2. 不正注文についての正しい情報の選択

という2点が挙げられます。

1.クレジットカード番号や暗証番号など情報の適切な管理

1つ目はクレジットカード番号や暗証番号といった情報の適切な管理です。

具体的には

  • クレジットカード番号や暗証番号をメモで残さない
  • 決済に必要な情報を第三者に伝えない
  • 誕生日や連番など推測されやすい暗証番号は使わない

といった対策が挙げられます。

カードそのものの盗難だけでなく、情報の漏洩にも注意が必要です。

仮に紛失や情報漏洩の懸念がある場合は、再発行などの手段を検討しましょう。

2.不正手口・発生時の対応を知っておく

2つ目は不正手口や不正発生時の対応を知っておくことです。

たとえば、「フィッシング」という不正手口をご存知でしょうか。金融機関やEC事業者等を装った偽のメールでサイトに誘導し、個人情報やクレジットカード情報を入力させるもので、非常に多くの被害が出ています。

フィッシング等で流出した情報を使い、第三者がクレジットカードの名義人になりすまして不正注文を行うわけです。

被害を防ぐにはまず情報を流出させないことが重要ですから、

  • メール本文に記載されたURLではなく、Webブラウザに公式サイトのURLを入力してアクセスする
  • インターネットバンキングへのログインやクレジットカード番号の入力画面がSSLという暗号技術を使われているか確認する
  • メールに電子署名が付いているか確認する
  • 電メールで通常と異なる手順を求められた場合は、ECサイト運営企業や公的機関・金融機関に確認を行う(その際は正規の電話番号に問い合わせる)

といった意識を持ち、正しい情報を確認し対応するよう注意しましょう。

 

そのほか、実際の店舗でカードの磁気データを読み取られたり、カード券面を撮影されたりといった形での流出もあります。

「スキミング」と呼ばれる手口ですが、決済時にクレジットカードから目を離さないよう注意しましょう。特に海外では、不審な加盟店でクレジットカードを利用しないことも大切です。

さらに、自分では流出に注意していても、ECサイト等が大量にカード情報を流出してしまう事件も相次いでいます。

毎月のカード利用明細には必ず目を通し、覚えのない利用がないか確認しましょう。

不正注文から購入者を守るチャージバックの仕組み

何らかの理由で不正注文があっても、購入者(カード名義人)を守る「チャージバック」という仕組みがあります。

チャージバックが申請された場合は、

  1. 購入者(カード名義人)がカード会社に異議申し立てを行う
  2. 加盟店舗とカード会社で「受入」もしくは「反証」のどちらで対応するかを審議する
  3. 不正注文と認められた場合は売上が取り消しされる
  4. 各クレジットカード毎に返金方法の通知が購入者に通知される

といった流れで取引の審議が行われます。

その結果チャージバックが認められた場合は売上が取り消されます。

 

購入者は被害を免れますが、このチャージバックで発生する損害は基本的に加盟店が負担します。

結局不正者が得をすることに変わりないため、やはり不正注文は未然に防ぐのが理想的です。

チャージバックに関してはこちらの記事でも詳しく解説しています。

購入者も対策をすることで不正注文のリスク回避を

今回は購入者ができる不正注文の対策をお伝えしました。

不正注文への対策は加盟店やクレジットカード会社だけではなく、購入者もできることです。

不正注文のリスクを減らし、より安全にクレジットカードを利用しましょう。

ピックアップ記事

  1. クレジットカードにセキュリティコード(SC)がある理由を解説
  2. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  3. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  4. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  5. 旅行事業者・旅行者が知っておくべき「不正トラベル対策」

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について

    平成30年法律第103号として「特定興行入場券の不正転売の禁止等による…

  2. 不正検知・ノウハウ

    企業ができるクレジットカード決済での具体的な不正検知対策とは

    ECサイトで「不正検知対策」は行っていますか?この記事ではクレ…

  3. 不正検知・ノウハウ

    【QR決済の動向】QRコード決済は今後も増加が見込める形に

    日本政府はコード決済を含むキャッシュレス決済を推進しています。…

  4. 不正検知・ノウハウ

    【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について

    決済方法の1つとして挙げられる「後払い」。購入者にとってはクレ…

  5. 不正検知・ノウハウ

    【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策

    外部からのサイバー攻撃に耐える準備はできていますか?年々、サイ…

  6. 不正検知・ノウハウ

    不正検知モデルとは?役割やモデルを活用したソリューションをご紹介

    電子取引が主要になったことで、インターネットを介した不正が多くなっ…

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    割賦販売法の改正に伴い発表された「実行計画」の内容を解説
  2. ニュース・業界動向

    アイドルグループ「嵐」の電子チケットを最大15倍の値段で転売容疑、チケット不正転…
  3. ニュース・業界動向

    約3200回の無断キャンセルを繰り返しポイントを不正入手。ホテルへおよそ1億15…
  4. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
  5. 不正検知・ノウハウ

    オンラインにおけるクレジットカードのセキュリティに関する基礎知識。カード契約者も…
PAGE TOP