ニュース・業界動向

2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジットカード情報流出問題。更にその手口も巧妙化しています。

増加するクレジットカード情報の流出件数。2019年は約34万件に

不正検知サービスを手掛けるかっこ株式会社の調査によると、クレジットカードの流出件数は2017年の時点で約15万件。2018年は約16万件と、徐々に増加。

そして2019年になり約34万件と大きく増加しました。特に2019年7月~12月の下半期にかけて24万8655件の被害が発生しており、そのうち4分の3以上(国内約3万5千件)が、オープンソースのEC向けコンテンツ管理システムを利用する際の設定不備を突いたものだったようです。

参考:クレジット情報流出が倍増 通販サイト、19年は34万件:日本経済新聞

クレジットカード情報の流出を増加させる不正の手口

クレジットカード情報を流出させる不正手口は

  • 購入者が支払いを行おうとした際に偽の決済画面を表示し入力させるもの
  • 正規の決済画面に不正プログラムを埋め込み情報を盗むもの

の2種類が確認されています。

どちらも商品は正常に取引されるため、ECサイト事業者もクレジットカードの契約者も流出に気づかず、被害が拡大したと考えられています。

ECサイト事業者としては広く使用されているソフトに頼りきるのではなく、各自で不正検知対策を行う必要があると考えられます。

不正検知のシステムについてはこちらをご覧ください。

「2021 最新版!クレジットカード不正の現状」 EC 不正 223億円の背景に新たな手口が?

ピックアップ記事

  1. クレジットカードにセキュリティコード(SC)がある理由を解説
  2. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  3. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  4. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    クレジットカードの不正利用防止対策とIC化の取組み状況と具体内容について

    一般社団法人日本クレジット協会は、クレジットカードのIC化率を「202…

おすすめ記事

  1. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  2. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  3. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
  4. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策…
  5. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年12月クレジットカードの利用状況について
  2. セキュリティ用語

    ランサムウェアとは?起こる被害や防ぐための対策を紹介
  3. 2021年最新 クレジットカード不正利用

    データ&レポート

    【2021年最新】クレジットカードの不正利用の発生状況と不正被害額まとめ
  4. チャージバック

    事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ事例も紹介
  5. クレジットカード不正 手口

    不正アクセス

    リスクベース認証とは?仕組みやメリット・デメリットをまとめて解説!
PAGE TOP