ニュース・業界動向

クレジットカード情報流出に気付きにくい!? 国内で利用したつもりが、グローバル企業から流出することも。

不正検知サービスを手掛けるかっこ株式会社の調査によると、クレジットカード情報の流出件数は年々増加。各企業が公表した情報だけでも、約34万件に及びます。

手口としては

  • ダークウェブ等からクレジットカード番号を入手する
  • ダークウェブ等からID・パスワードを入手し、クレジットカード番号などの個人情報を含むサイトやメールアカウントへ、不正アクセスする
  • 公的機関や金融機関、正規ECサイトを装い、カード情報を不正に入手するフィッシング
  • スキャナーを使って磁気データを読み取り、偽造カードにクレジットカードの情報をコピーし悪用するスキミング

などが挙げられます。

しかし、これもあくまで一例。日々、手口は多様化しています。
そのため、クレジットカード事業者は状況にあわせたセキュリティ対策が必要に。
カード利用者としても、不正に情報を入手された場合に、いち早く気づく習慣をもっておくのがおすすめです。

 

また、クレジットカードの情報流出は国内だけの問題ではありません。
海外での利用時や、世界規模で活動する企業を通じて、情報が流出してしまう可能性もあります。
記憶に新しいものでは、プリンセス・クルーズの日本法人である株式会社カーニバル・ジャパンが「従業員のメールアカウントが第三者に不正アクセスされた」と発表しました。

不正アクセスされたメールアカウントには

  • 従業員及びお客様の氏名
  • ソーシャル・セキュリティ・ナンバー
  • パスポート番号
  • 国民
  • 識別番号等の各国政府による識別番号
  • クレジットカード
  • 口座情報
  • 個人の健康に関する情報

といった情報が含まれており、プリンセス・クルーズは法執行機関に通知。本記事掲載時点では、これらの情報が悪用されたという報告はありません。

プリンセス・クルーズはセキュリティとプライバシーポリシーの見直し、情報セキュリティの強化などを行い、再発防止に努めているとのことです。

参考:プリンセス・クルーズサイバーインシデントの事例について│プリンセス・クルーズ

 

このように、クレジットカード番号を含む個人情報の流出や不正アクセスは国内・国外を問わず発生しています。
手口は多岐にわたるため、カード利用者としては決済場所や会社の規模に関わらず、注意が必要です。

情報流出が判明するまでには日数がかかりますし、海外で発生したケースは国内では報道されないこともあります。
「気づかないうちに不正利用されていた」とならないよう、カード会社からの利用明細を確認する習慣をつけておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 転売屋対策に効果のある9つの方法を紹介!転売が引き起こすリスクとは?
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  4. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解説!
  5. 旅行事業者・旅行者が知っておくべき「不正トラベル対策」

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    インバウンド需要に応えるスマホによるQR/バーコード決済の連携やサービス充実について

    増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業が開始されたこともあり、スマホ…

  2. 富士通 不正アクセス

    不正アクセス

    富士通の不正アクセスは防げたのか?情報漏えいの防止策も併せて解説

    「富士通株式会社」は、2021年8月11日に不正アクセスによって情報漏…

  3. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2021」を発表

    経済産業省所管の独立行政法人であるIPA(独立行政法人情報処理推進機構…

  4. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、…

おすすめ記事

  1. 転売屋対策に効果のある9つの方法を紹介!転売が引き起こすリス…
  2. 不正検知サービスは無料で利用できる?価格を抑えて導入する方法…
  3. 不正アクセスの件数は実際どのくらい?総務省のデータを元に徹底…
  4. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  5. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    不正検知の仕事に転職するには?仕事内容や資格、働くメリット・デメリットをご紹介
  2. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」…
  3. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年7月クレジットカードの利用状況について
  4. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2021」…
  5. 不正アクセス

    漫画でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門セミナー ~不正検知サー…
PAGE TOP