ニュース・業界動向

クレジットカードの不正利用防止対策とIC化の取組み状況と具体内容について

一般社団法人日本クレジット協会は、クレジットカードのIC化率を「2020年3月末までに100%を目指す」として、業界を挙げて取り組みを実行。
その結果、2019年12月末時点でIC化を100%達成している会社は137社に。総発行枚数に占めるクレジットカードのIC化の割合は、95.1%に達し、その後、目標の期限である2020年3月末時点で、推計値は99.5%となりました。
※協会加盟のカード会社258社(調査対象会社235社)の調査結果です。

この数字から、日本クレジット協会は「社会で流通しているクレジットカードのほとんどがIC化された」とし、今後は

  • 消費者に対するIC取引の認知度向上
  • 加盟店におけるIC取引の推進を図る

など、「ICを通じた安全・安心なクレジットカード取引環境の構築に力を入れる」と発表しています。

ICクレジット取引の認知度向上・推進のためのWebバナー、啓発専用ページを開設

直近ではクレジットカード会社各社に向けて、以下のWebバナー及び啓発専用ページを作成しました。

※日本クレジット協会作成 IC取引認知度 啓発バナー

また、啓発専用ページではカード会員に向けた周知・啓発活動として、

  • 店舗取引の方法
  • インターネット取引方法
  • セキュリティ対策における注意点

をわかりやすく解説しています。

これらは暗証番号(PIN)入力による本人確認の重要性を伝えることを目的とし、実施期限等は設けずに広報する予定です。

参考:啓発専用サイト 消費者の皆様へ│一般社団法人日本クレジット協会

日本クレジット協会YouTubeチャンネルにて動画も作成

日本クレジット協会のYouTubeチャンネルでは

  • ICクレジットカードの管理のポイント
  • 暗証番号入力の重要性とその設定方法

などを発信しています。

参考:日本クレジット協会YouTubeチャンネル│YouTube

 

これらの活動から、「会員自身が設定した暗証番号を入力する方がサインより更に安全であること」を広め、より安全・安心なクレジットカード取引を推進する方針です。

参考:クレジットカードの不正利用防止対策とIC化の取組み状況について│一般社団法人日本クレジット協会

参考:ICクレジットカード取引の推進等にかかるクレジットカード業界としての取組みについて│一般社団法人日本クレジット協会

ピックアップ記事

  1. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  2. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  3. 旅行事業者・旅行者が知っておくべき「不正トラベル対策」
  4. クレジットカードにセキュリティコード(SC)がある理由を解説
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジット…

  2. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
  2. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  3. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  4. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正検知対策を行うための体制構築・オペレーションを解説
  2. 不正検知・ノウハウ

    チャージバック保険とは?保証の仕組みと不正利用対策としての効果について
  3. チャージバック

    ECショップ運営にはチャージバック対策が必要。
  4. ニュース・業界動向

    バレンタイン・ホワイトデーなどシーズンイベントにおけるECサイト不正注文のリスク…
  5. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
PAGE TOP