ニュース・業界動向

他者のクレジットカード情報で15万円の衣類を購入したとして男性を逮捕。第三者とクレジットカード情報を売買するやりとりも

神奈川県警国際捜査課と鶴見署は、東京都江戸川区に住む中国籍の男性(21)を6月8日に再逮捕しました。
参考:他人のカード情報使い衣服15万円購入 中国人の男再逮捕 | カナコロ by 神奈川新聞

男性は以前にも詐欺容疑で逮捕経験があり、今回は2019年1月10日と15日に他者のクレジットカード情報を使用し、

  • 通排滓とから衣類など17点(約15万円相当)を購入
  • 宿泊予約サイトにてホテル2泊分(計2万円)の予約

を行ったとして再逮捕されました。

同課によると男の携帯電話からは

  • 約100名分に及ぶ他者名義のクレジットカード情報
  • 「テンセントQQ」というコミュニケーションアプリを使用し第三者とクレジットカード情報を売買するやりとり

が発見されたとのこと。カード情報は1枚180~240元(約2,700~4,000円)で売買されていました。
今後、県警はカード情報の売人についても捜査する方針です。

今回のように、クレジットカード情報は盗用者に使用されてしまうだけでなく、商品として売買されてしまう危険性もあります。
とくにダークウェブ(閲覧に専用ソフトが必要なWebサイトの総称)上ではクレジットカード情報を含めた個人情報の売買が確認されており、問題視されています。

ダークウェブに関してはこちらの記事でも触れていますので、ぜひ併せてご覧ください。

ピックアップ記事

  1. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  2. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  3. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  4. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、…

  2. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019…

  3. ニュース・業界動向

    チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上

    2019年11月28日、東京都北区に住む東京都の千代田都税事務所の職員…

おすすめ記事

  1. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  4. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. ニュース・業界動向

    クレジットカードの不正利用防止対策とIC化の取組み状況と具体内容について
  2. 不正検知・ノウハウ

    後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  3. 不正アクセス

    なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  4. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年12月クレジットカードの利用状況について
  5. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の現状と原因、被害事例を解説。個人と企業がとるべき対策とは
PAGE TOP