第2話 IPS/IDS編〜特集:漫画でわかるセキュリティ入門〜

3匹の子豚 大人も知らないネットセキュリティ IPS/IDS編01

3匹の子豚 大人も知らないネットセキュリティ IPS/IDS編02

いかがでしたか?
IPS/IDSに関して以下に関連するワードを改めて解説いたします。

IPS/IDSとは

IPS
Intrusion Prevention Systemの略称で、不正侵入防止システムと訳される。
ネットワークやサーバーを監視し、サーバー上の受信データやログを調べたりして、何らかの不正侵入の兆候が確認できた場合に、侵入を遮断するシステム。

IDS
Intrusion Detection Systemの略称で、不正侵入検知システムと訳される。
ネットワークやサーバーを監視したり、サーバー上の受信データやログを調べたりして、何らかの不正侵入の兆候が確認できた場合に、管理者へ警告メールを通知するなどのアクションを起こすシステム。

今回の3匹の子豚IPS/IDS編の例で言うと、しつこく壁を叩いたり侵入を試みようとする狼に対して、監視カメラをつけて「狼がきて侵入を試みようと攻撃を始めた」ことを検知して豚に通知するのがIDSにあたり、狼からの侵入(攻撃)を受け始めたら弱点である窓のシャッターを閉める、と言う具体的な防御策をとるのがIPSにあたります。

IPS/IDSで防ぐことができるネット上の驚異・不正アクセスの例

DDOS攻撃

DDOS攻撃とはDistributed Denial of Service 攻撃の略称で、複数のコンピュータから悪意を持ってサーバーに大量のデータを送りつけてアクセスを集中させ、対象のシステムが正常に動作できない状態に追い込むサイバー攻撃。
攻撃の拠点が単一コンピュータの場合はDoS攻撃と言われる。

さてさて、次の「3匹の子豚 大人も知らないインターネットセキュリティ」は「WAF編」です。

おすすめ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  2. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  5. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  1. 不正検知・ノウハウ

    割賦販売法の改正に伴い発表された「実行計画」の内容を解説
  2. データ&レポート

    不正被害額は21%増に。かっこ株式会社による調査データを公開
  3. ニュース・業界動向

    オリンピックに採用される顔認証システムのこれから
  4. チャージバック

    チャージバックによる企業への損害は経営へのダメージ大。クレジットカードの不正利用…
  5. 3Dセキュア

    3Dセキュアの仕組みを理解しよう。3Dセキュア2.0の仕組み・効果も解説
PAGE TOP