不正手口

  1. ニュース・業界動向

    キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説

    2019年10月の消費税率引上げに伴い、さらに注目されているキャッシュレス決済。この記事では そもそもキャッシュレス決済とはどういったものなの…

  2. 不正検知・ノウハウ

    不正転売・悪質転売とは?

    「不正転売」「悪質転売」とはどういったものを指すのでしょうか。前提として、転売そのものは通常の商行為として認められています。この記事で指す不正転…

  3. 3Dセキュア

    3Dセキュアとは?普及率と効果が見込める不正利用対策・不正検知を解説

    日本クレジット協会の発表によると、2019年のクレジットカード不正利用被害額は2019年の1年間で273.8億円。2020年のデータは1月~3月の分が集…

  4. 不正検知・ノウハウ

    【QR決済の動向】QRコード決済は今後も増加が見込める形に

    日本政府はコード決済を含むキャッシュレス決済を推進しています。これは2019年10月からの消費税増税に合わせたもので、増税分を決済時のポイント還元で補う…

  5. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正検知対策を行うための体制構築・オペレーションを解説

    ECサイトにおける不正検知対策の体制構築・オペレーションを検討する場合、自社のみで行う方法や不正検知対策システムを利用する方法などがあります。この記事で…

  6. 不正検知・ノウハウ

    代引受取拒否によりEC事業者に発生するリスクと対策

    商品の受取拒否は、EC事業者にとってサイト運営で起こり得るトラブルの1つです。せっかく商品が売れても、利益を手にできないどころか、損失を出す可能性があり…

  7. 不正検知・ノウハウ

    割賦販売法の改正に伴い発表された「実行計画」の内容を解説

    2018年6月の改正割賦販売法施行をふまえ、クレジット取引セキュリティ対策協議会から実務上の指針となる最新版の「実行計画2019(※)」が発表されています。…

  8. 不正検知・ノウハウ

    ネット通販(EC)における不正注文の原因や手口|事業者ができる不正注文対策・不正検知とは?

    ネット通販(ECサイト)における「不正注文」に対し、事業者はどのような対策がとれるのでしょうか。この記事ではネット通販(ECサイト)における不正注文の原…

  9. 不正検知・ノウハウ

    初心者でも安心!クレジットカードの仕組みと注意点、メリットやデメリットを解説

    この記事では、 クレジットカードの仕組み クレジットカード利用時の注意点 クレジットカードを利用するメリットやデメリットなどを初心…

  10. 不正検知・ノウハウ

    【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について

    後払いは、クレジットカード決済に代わる決済手段の1つとして、近年関心を集めています。お客様だけでなく、事業者様にも導入メリットがあり、新規顧客の獲得や売…

フィッシング対策状況を今すぐチェック。「フィッシング対策セルフチェックシートWebサイトのなりすまし対策に!鉄壁PACK for フィッシング
クレジットカードの不正利用対策はしていない!?独自調査レポート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
漫画ウサギとカメでわかるどこよりもわかりやすいEC不正注文対策 無料ダウンロード
自社の商品の転売状況を「転売チェッカー」で調べてみませんか?

おすすめ記事

  1. 【2024年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  2. フィッシングサイトを検知する3つの方法!企業が受ける被害例も…
  3. 3Dセキュア2.0を導入後も不正注文対策は必要!理由とおすす…
  4. QRコード決済は危険?不正利用される原因や安全に使える電子決…
  5. 不正アクセスとは?主な4つの手口と対策、被害事例を紹介
  1. セキュリティ用語

    決済代行会社とは何か?特徴や決済方法の動向を踏まえて解説
  2. 不正検知・ノウハウ

    不正検知モデルとは?役割やモデルを活用したソリューションをご紹介
  3. ニュース・業界動向

    メタバースのコマース市場に起こる3つの影響とは?参入企業の事例や課題を解説
  4. エビルツイン

    不正検知・ノウハウ

    エビルツイン(悪魔の双子)とは?正規Wi-Fiとの見分け方や騙されない6つの対策…
  5. キャッシュレス決済って安全?

    不正検知・ノウハウ

    キャッシュレス決済って安全?利用するメリット・デメリットとは
PAGE TOP