ECサイト向けクラウドサービス不正注文を見抜く

不正な購入を注文時に検知し、
発送前に商品提供をストップします。

3分でわかる不正対策 資料請求

2020年 導入実績ナンバーワンECサイトの
不正注文を見抜く
クラウドサービス

不正な購入を注文時に検知し、
発送前に商品提供をストップします。

3分でわかる不正対策 資料請求

  • ※ 2021年5月末日現在。株式会社東京商工リサーチ「日本国内のECサイトにおける有償の不正検知サービス導入サイト件数調査」による
  • ※ 特許第6534256号 名寄せプログラム

ご利用実績

O-PLUXはこれまでに
20000を超える
サイトご利用実績がございます。

こんなお悩みありませんか?

  • 売れたと思ったら
    チャージバックがきてしまった

    不正注文を未然に止めて
    チャージバックも防止。
    不正を95%削減!

  • 不正注文を
    目視チェックしていて運用が大変

    審査作業を自動化して
    目視チェック負担軽減!

  • サンプル品が
    オークション・C2Cサイトで
    多数転売されている

    複数の人物になりすます
    転売ヤーを見抜く!

  • 虚偽やなりすましで
    同一人物が複数アカウント
    を作ってくる

    アフィリエイト報酬・初回割引を
    狙う複数・大量登録を防止

詳細はこちら

10秒診断!
不正注文発生リスク

ECサイト・通販での不正注文発生リスクを、
いますぐ無料で診断できます。
必要事項を入力し、「診断する」ボタンを押してください。

顧客平均単価
月間注文件数
海外からの注文
オークション、
C2Cサイトでの転売

O-PLUXとは
ECサイトの
不正注文を
見抜くクラウドサービスです

  • クレジットカード決済での
    チャージバック・なりすまし

  • 代金引換注文での受取拒否

  • 後払い決済での未払い

こうした被害を未然に防ぎます。

詳細はこちら

選ばれる理由

O-PLUXは最新の不正も見逃さない、
手間いらずで導入できる不正検知サービスです。

  • 巧妙な不正も
    見逃さない

    空き室・一時メールや共有ネガティブなど
    幅広いデータベースを活用しています。

  • 最新データ審査&
    個別アドバイス

    海外OEM製品と違い自社開発・自社サポートだから、
    審査用データの順次更新や、
    個別のチューニング等も迅速・スムーズに対応。

  • 手間いらずで
    導入できる

    多数のECシステム・決済事業者と提携。
    楽天・amazon・Yahoo!ショッピング等からの
    注文も審査可能。

ご利用企業インタビュー

O-PLUXは 健食・サプリ、家電・PC・MVNO、
日用品、コスメ、アパレル、ホビー、チケット等、
チャージバックや不正転売が起こりやすい多くの業種で
導入されています。

その他の事例はこちら

導入までの流れ

お申し込みから最短1ヵ月でご利用いただけます。

  1. STEP1

    サービス説明・お見積り
    O-PLUXの機能説明
    お見積書の提示
  2. STEP2

    お申し込み
    利用規約への同意
    ヒアリングシート提出
  3. STEP3

    お打ち合わせ
    各種確認
    スケジュール確定
  4. STEP4

    テスト環境の提供
    テスト環境連携
    テストデータ投入
  5. STEP5

    本番環境の提供
    本番環境連携
    本番データ投入
  6. STEP6

    O-PLUX 稼働
    稼働
    審査開始

お申し込みから1ヶ月程度でご利用いただけます

お問い合わせ

料金

独自の検知ロジック設定など、
ニーズにあわせてプランをお選びいただけます。

  • O-PLUXStandard

    コストを抑え、
    まずは対策を始めたい方

    初期費用
    30万円
    月額
    3万円〜
  • O-PLUXPremium

    独自の検知ロジックで審査したい方
    定期サポートがほしい方

    初期費用
    50万円
    月額
    10万円〜

お問い合わせ

よくあるご質問

不正注文とはどんなものを指しますか?

後払いにおける代金が支払われない注文や、クレジットカードのチャージバック、規約違反の転売・アフィリエイト等の紹介報酬の不正な取得を目的としている、などの注文があります。

運営サイトで不正がない(少ない)から気にしなくていいですよね?

年々被害額が増加、狙われる商材やサイトも多様化しています。そうした状況から、法律で事業者自身での不正対策が義務付けられました。

2018年、クレジットカードの不正利用被害額は235.4億円、うちEC等非対面の決済に限っても187.6億円となっています。後払い決済での未払いや、代引き決済での受取拒否なども含めると被害は一層大きくなります。また、弊社へお問い合わせいただく事業者様の業種や商材、規模が多様化しており不正の広がりを物語っています。

国も対策に本腰を入れており、2018年6月には「改正割賦販売法」が施行され、EC事業者に不正注文対策を義務付けています。

狙われやすい商品ってある?

家電やPC等の高額で転売しやすい商材は以前から不正者のターゲットになっていました。近年、CtoC取引が普及し、商品の現金化が容易になったことから商材が多様化し、特にコスメ・健康食品など低価格なものも狙われやすくなっています。

その他のご質問はこちら

リモート相談会開催中!

不正アクセス・不正注文のお悩みを
電話・ビデオ会議で30分から相談!

お問い合わせはこちら

面倒な作業をなくして
不正も減らしましょう

サービス資料ダウンロード

03-6447-4535平日9:00-18:00

不正の現状や
自社対策の改善など、
まずはご質問ください

お問い合わせ