航空会社・宿泊施設・旅行代理店・予約サイトに O-PLUX for トラベル

  • EC導入20,000件超の
    不正検知サービス
  • 金融機関向け対策で
    培った端末特定技術

お問い合わせはこちら

  • ポイント狙いで予約
    キャンセルを繰り返す

    端末を特定して
    大量申し込みをブロック!

  • 代理店になりすまして
    ツアーを不正購入、横流し

    注文情報から
    不審な利用者をチェック

  • 盗んだカード情報で
    転売用に高単価エアチケット購入

    注文の不正リスクを
    リアルタイム審査し発券ストップ

知っていましたか?
宿泊予約サービスがクレジット決済の
「高リスク商材」に指定されました。

クレジットカード不正利用が多発していることを受け、「クレジットカード番号の非保持化」と、「不正対策を義務付ける」法改正が2018年に施行。その中で不正有無に関わらず対策が義務付けられる商材(高リスク商材)が記載されていますが、宿泊予約サービスが高リスク商材に追加されました。

不正利用対策の4方策

  • 本人認証

    3Dセキュア
    「カード番号」「有効期限」に加え、利用者が事前登録したID、パスワードで認証するシステム。
  • 券面認証

    セキュリティコード
    カード裏面の3桁の数字を入力し認証するシステム。
  • 属性行動分析

    不正検知システム
    各ベンダーより提供する専門サービス。
  • 本人認証

    不審住所データ(fdecなど)
    「カード番号」「有効期限」に加え、利用者が事前登録したID、パスワードで認証するシステム。

『クレジットカード・セキュリティ
ガイドライン』に記載の対策方針

  • 高リスク商材
    取扱加盟店

    1方策以上の導入
    デジタルコンテンツ(オンラインゲームを含む)、家電、電子マネー、チケット、宿泊予約サービスを主たる商材として扱う
  • 不正顕在化加盟店

    2方策以上の導入
    不正利用金額が継続的に一金額を超える加盟店
  • ※『クレジットカード・セキュリティガイドライン』とは?・・・改正割賦販売法(2018年6月1日施行)におけるセキュリティ対策義務の実務上の指針とされており、ガイドラインに掲げる措置又はそれと同等以上の措置を講じている場合には、法令上の基準を満たしていると認められます。

エアチケット・旅行代理店・店舗や
宿泊施設事業者の皆様、
こんなことでお困りではないですか?

  • 予約サイト経由でキャンセルが相次ぎ
    ポイントばかり負担している

    2020年3月

    予約サイトから不正に得たポイントで1年間ホテル住まいした親子が逮捕、被害総額1億円以上

  • 代理店を装う不正者による「不正トラベル」。
    旅行者も宿泊施設も被害者に

    2018年10月

    宿泊施設などの予約を盗んだカード番号で行い、旅行代理店を装って一般の旅行者に販売。気づかず旅行した方も、宿泊施設なども被害者になると日本サイバー犯罪対策センターが注意を呼びかけ

  • 予約して来ない「NoShow」が増えて売上が!

    2019年11月

    居酒屋団体予約を無断キャンセルして都内の男性が逮捕

予約サイト運営事業者の皆様、
こんなことでお困りではないですか?

  • 予約サイト経由でキャンセルが相次ぐとホテル
    などからクレームが来ている

    2020年3月

    予約サイトから不正に得たポイントで1年間ホテル住まいした親子が逮捕、被害総額1億円以上

かっこの不正検知サービス
「O-PLUX forトラベル」が
解決します!

O-PLUXはなぜ不正を見抜けるのか?

  • 予約・キャンセルを繰り返す利用者の端末を特定・管理して不正をストップ

    旅行者にも便利な予約サイトですが、宿泊施設からするとポイント等の負担もあって処理が後手に回ることも。不正者はキャンセルしてもポイント付与されたままの宿泊施設などを狙って、予約とキャンセルを繰り返してポイントのみを盗み取ろうとします。その際の負担は契約にもよりますが、宿泊施設・予約サイトとも実被害・風評被害から逃れられません。

    そこで力を発揮するのが、O-PLUXforトラベルの端末特定技術。IPアドレス等の従来から用いられる情報に加え、独自技術で利用者の端末を判断。ITP(Intelligent Tracking Prevention)等でサードパーティCookieに制限があっても、高い精度での特定が可能です。

  • クレジット注文の不正手法を知りぬき業界No.1。その実績を旅行業界に適用し、さらにモデルを
    最適化

    旅行代理店を装ったり、他人名義で航空券を買って転売など、不正行為の多くは、流出したクレジットカード情報を使われて起こります。かっこは、カード決済が大半を占めるEC事業者向けに不正検知を提供しており、20,000サイト以上の審査から不正利用のケースをモデル化、日々最新の情報へアップデートしています。その知見と実績を旅行業界に適用し、さらに業界特有の不正へとモデルを最適化しているから、他社と比較して高精度を実現しています。

選ばれる理由

かっこは、これまで不正検知サービス専門企業として8年の実績を重ねてきました。

  • EC導入20,000サイト以上!
    実績No.1
    不正検知サービスを提供

  • 高いセキュリティが求められる
    大手金融機関などへ
    不正アクセス対策サービスを提供

このノウハウを活かしてご提供する
旅行業界に特化した不正検知サービス

面倒な作業をなくして
不正も減らしましょう

サービス資料ダウンロード

03-6447-4535平日9:00-18:00

不正の現状や
自社対策の改善など、
まずはご質問ください

お問い合わせ