不正検知・ノウハウ

オンラインにおけるクレジットカードのセキュリティに関する基礎知識。カード契約者もできる不正利用の防止策をまとめました

クレジットカードの不正利用被害額は2018年の時点で約235億円で、オンラインにおける不正被害総額は2018年の時点で187.6億円にものぼります。

この被害を少しでも減らすために、カード契約者ができる対策方法にはどういったものがあるのでしょうか?

この記事では既に事業者が行っているセキュリティ対策と共に、契約者がすぐに取り入れられる具体的な方法をご紹介します。

事業者が行っているクレジットカードを不正利用から守るセキュリティ対策

クレジットカードのセキュリティを高める方法は様々なものがあります。

例えば、

  • 本人認証(3Dセキュア)の利用
  • 券面認証(セキュリティコード)の利用
  • 属性・行動分析(不正検知システム)の利用
  • 配送先情報の蓄積と利用

といった4つの方法は、割賦販売法の改正を受けクレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した「実行計画2019」で具体的な対策として記載されています。

そのため取り入れている事業者も多いのではないでしょうか。

▼それぞれが具体的にどんな内容のものかはこちらの記事で解説しています。

クレジットカードの不正利用を防ぐために契約者ができること

前項でお伝えしたのは事業者ができるセキュリティ強化方法です。
契約者ができるセキュリティ強化方法にはどういったものがあるのでしょうか。

クレジットカード番号や暗証番号など情報の適切な管理

1つ目はクレジットカード番号や暗証番号など情報を適切に管理することです。

例えば、第三者に決済に必要な情報が伝わらないよう、暗証番号をメモで残すようなことは避けましょう。
カードそのものの盗難もありますが、決済情報の漏洩も不正利用のリスクを高めます。

また、紛失や情報漏洩の懸念があった場合は再発行などの手段も視野に入れるようにしましょう。

加えて、不正利用を未然に防ぐのは大切ですが、仮に発生した場合になるべく早く気付くことも重要です。
普段からカード利用明細を確認することを意識して、不正利用に気付く状況をつくりましょう。

クレジットカード情報の入力は慎重に

偽のメールを送り架空のサイトに誘導し、個人情報やクレジットカード情報などを入力させる手口をフィッシングといいます。
このような手口に騙されてしまった場合、カードそのものを紛失していなくても不正利用されてしまう可能性があります。

架空のサイトに気を付けるポイントとして

  • メール本文に記載されたURLをむやみに開かない
  • インターネットバンキングへのログインやクレジットカード番号の入力画面がSSLという暗号技術を使われているか確認する
  • メールに電子署名が付いているか確認する
  • 電子メールで通常と異なる手順を求められた場合はその事業者、公的機関・金融機関等に確認を行う(電話連絡の際は、そのメールやリンク先ページに記載されている番号にはかけない。正規の電話番号を公式サイト等から確認のうえ問い合わせる)

といったものが挙げられます。

フィッシングには、正規のECサイトをコピーして作った偽サイトで情報を抜き取るパターンもありますし、マルウェアを使った手口もあります。

マルウェアとは不正な動作をさせるために作成された悪意のあるソフトウェアやコードのことです。

マルウェアなどの被害にあわないためにも、メールに記載されたURLをむやみに開かないことに加え、添付ファイルも開かないようにしましょう。

また、無料の公衆wifiの中にはセキュリティが十分でないものや、ネットワーク名を有名な既存サービスに似せて情報を抜き取ろうとする悪質なものもありますので、不用意にカード情報などを入力しないようにしましょう。

このようにカード契約者もセキュリティの意識を持ち、気を付けて利用するようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  2. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  3. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  4. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  5. クレジットカードにセキュリティコード(SC)がある理由を解説

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    代引受取拒否によりEC事業者に発生するリスクと対策

    商品の受取拒否は、EC事業者にとってサイト運営で起こり得るトラブルの1…

  2. 不正検知・ノウハウ

    フォームジャッキングの被害状況や防止策。ECサイト利用が増える今、不正検知や対策を。

    ECサイトなどの注文情報入力ページにコードを仕掛け、クレジットカード情…

  3. 不正検知・ノウハウ

    2016年改正、2018年施行の割賦販売法。2020年3月が対応期限で東京オリンピックなど改正の背景…

    代金の支払いを分割して支払う割賦販売(かっぷはんばい)にて、公正で健全…

おすすめ記事

  1. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  2. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  3. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
  4. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策…
  5. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正アクセス

    「PR TIMES」不正アクセス被害による”発表前プレスリリース情報…
  2. 不正検知・ノウハウ

    【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  3. ニュース・業界動向

    他者のクレジットカード情報で15万円の衣類を購入したとして男性を逮捕。第三者とク…
  4. 不正アクセス

    人気キャラクターECサイト「フクヤ」でクレジットカード情報漏えい|不正アクセスの…
  5. チャージバック

    クレジットカード決済とチャージバックの関係性
PAGE TOP