個人情報

  1. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の対策として今すぐやるべきことは?現状と原因、被害事例を併せて解説

    特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2018年の漏洩人数は561万3,797人。インシデント件数は443件。一件あた…

  2. ニュース・業界動向

    クレジットカード情報流出に気付きにくい!? 国内で利用したつもりが、グローバル企業から流出することも…

    不正検知サービスを手掛けるかっこ株式会社の調査によると、クレジットカード情報の流出件数は年々増加。各企業が公表した情報だけでも、約34万件に及びます。手…

  3. ニュース・業界動向

    【注意喚起】新型コロナウイルス感染症に関する健康状態についてのアンケートを装い、クレジットカード番号…

    昨日、東京都含む7都道府県に緊急事態宣言がなされましたが、感染経路の不明な新型コロナウイルス感染症の患者が急増しています。現状は持ちこたえていますが、いわゆ…

  4. セキュリティ用語

    増加するオンラインスキミングとは?その手口と被害をまとめました

    ECサイトからクレジットカードの決済情報を盗み取る、オンラインスキミングという手口が発生しています。この記事では オンラインスキミングとは何か…

  5. セキュリティ用語

    サイバー保険とは何か?必要性やメリットについて

    サイバー保険とは、主に企業を対象として「サイバー攻撃」による損害を補償する保険のことです。サイバー攻撃とは、コンピュータネットワークを介してのシステム破…

  6. ニュース・業界動向

    オリンピックに採用される顔認証システムのこれから

    2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、顔認証システムが採用されることになりました。この記事では オリンピックでの顔…

  7. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、経済産業省所管の独立行政法人であるIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリテ…

  8. 不正検知・ノウハウ

    オンラインにおけるクレジットカードのセキュリティに関する基礎知識。カード契約者もできる不正利用の防止…

    クレジットカードの不正利用被害額は2018年の時点で約235億円で、オンラインにおける不正被害総額は2018年の時点で187.6億円にものぼります。この…

  9. ニュース・業界動向

    バレンタイン・ホワイトデーなどシーズンイベントにおけるECサイト不正注文のリスクについて

    不正注文の中には繁忙期などのチェック体制が手薄になるタイミングを狙うケースも確認されています。ECサイトの繁忙期は業種によって異なりますが、この記事では…

  10. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019年)9月からインターネットバンキングに係る不正送金事犯による被害が急増している」という発表…

おすすめ記事

  1. 不正検知サービスは無料で利用できる?価格を抑えて導入する方法…
  2. 不正アクセスの件数は実際どのくらい?総務省のデータを元に徹底…
  3. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  4. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  5. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
  1. 不正検知・ノウハウ

    機械学習でクレジットカードの不正検知は可能か?現状や効果を解説
  2. 不正検知・ノウハウ

    ECにおけるクレジットカードの不正利用を未然に防止する「3Dセキュア(本人認証サ…
  3. 不正検知・ノウハウ

    PSPとは?決済サービスプロバイダーの導入メリットと契約手順
  4. 不正検知・ノウハウ

    改正割賦販売法の内容とは?実行計画も含めて解説
  5. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#001 …
PAGE TOP