3Dセキュア

  1. Secure data processing concept with motherboard and virtual processor.

    3Dセキュア2.0(EMV 3Dセキュア)とは?1.0と違いや目玉機能「リスクベース認証」も解説

    「3Dセキュア1.0と3Dセキュア2.0(EMV 3Dセキュア)の違いは何?」「ECサイトを運営する企業は3Dセキュア2.0を導入すべきなの?」と疑問に…

  2. 本人認証サービスとは?メリット・デメリットや利用方法を解説

    クレジットカードを利用して、インターネットショッピングを楽しむ方が増えています。パソコンやスマホで商品を購入できるものの、クレジットカード情報を入力すること…

  3. キャッシュレス決済の安全性を高める3Dセキュア

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済はインターネットショッピングでも多く利用されています。不正被害も増えており、ユーザーの安全や企…

  4. 3Dセキュアに対応しているおすすめカードブランド。3Dセキュアの役割や利用上の注意も要チェック

    インターネットショッピングでクレジットカードを利用する際に、安全性を高めるサービスとして、3Dセキュアが導入されています。ただ、3Dセキュアはカードブランド…

  5. 3Dセキュアの仕組みを理解しよう。3Dセキュア2.0の仕組み・効果も解説

    3Dセキュアは、本人認証サービスとも呼ばれ、インターネットショッピングの安全性を高めるサービスです。本人しかわからない情報の入力を求めることで、第三者による…

  6. 3Dセキュアを利用する必要性とは?合わせて導入したいセキュリティもご紹介

    安全にインターネットショッピングを楽しむために、多くのカードブランドでは3Dセキュアを導入しています。VISAやJCBなどの国際ブランドにも導入されており、…

  7. 3Dセキュアとは?メリットや利用方法を解説

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済は多くの方が利用しています。ネットショッピングで利用する機会が多く、便利ではあるものの、セキュ…

  8. 3Dセキュアとは?普及率と効果が見込める不正利用対策・不正検知を解説

    日本クレジット協会の発表によると、2019年のクレジットカード不正利用被害額は2019年の1年間で273.8億円。2020年のデータは1月~3月の分が集…

  9. 3Dセキュア導入のメリットとデメリット。クレジットカード決済を利用する場合は自社にあった不正利用対策…

    加盟店(事業者)としてクレジットカード決済を導入する場合は、不正利用の対策も同時に行いましょう。この記事では、不正利用対策としてクレジット取引セキュリテ…

おすすめ記事

  1. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  2. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  3. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
  4. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策…
  5. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5…
  1. ニュース・業界動向

    クレジットカード情報流出に気付きにくい!? 国内で利用したつもりが、グローバル企…
  2. Woman hold digital tablet online shopping to digital cart with global network connection. Intelligent E-commerce app, internet banking payment and financial technology enable lifestyle convenience.

    不正アクセス

    通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策とは?
  3. 不正検知・ノウハウ

    初心者でも安心!クレジットカードの仕組みと注意点、メリットやデメリットを解説
  4. 不正アクセス

    不正アクセスを防止する方法は?今すぐ対策を解説
  5. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34…
PAGE TOP