不正検知・ノウハウ

  1. オンラインにおけるクレジットカードのセキュリティに関する基礎知識。カード契約者もできる不正利用の防止…

    クレジットカードの不正利用被害額は2018年の時点で約235億円で、オンラインにおける不正被害総額は2018年の時点で187.6億円にものぼります。この…

  2. フォームジャッキングの被害状況や防止策。ECサイト利用が増える今、不正検知や対策を。

    ECサイトなどの注文情報入力ページにコードを仕掛け、クレジットカード情報を盗みだすフォームジャッキング。この記事ではフォームジャッキングによるカード情報の流…

  3. PSP(Payment Service Provider)とは?決済サービスプロバイダーとの契約手順…

    自社サイトに複数の決済方法を導入しようと考えたときに、選択肢として挙がるのが決済サービスプロバイダー(Payment Service Provider、PSP)…

  4. 8%から10%への消費税増税。軽減税率・経過措置・ポイント還元などについて解説

    2019年10月1日より消費税率が10%に引き上げられました。それに伴い 軽減税率 経過措置 ポイント還元などが実施されて…

  5. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

    窃取した情報を使用し、第三者が本人になりかわる「なりすまし」。その内容はクレジットカードの利用や個人情報の閲覧など、多岐にわたります。本記事では…

  6. 企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について

    平成30年法律第103号として「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(略:チケット不正転売禁止法)」が公布、令和元年6…

  7. 悪質転売とは?

    「悪質転売」とはどういったものを指すのでしょうか。前提として、転売そのものは通常の商行為として認められています。この記事で指す悪質転売とは、事業…

  8. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

    EC事業者にとってサイトを運営する上で対策したい「カゴ落ち」。この記事では カゴ落ちとはどういったものなのか カゴ落ち率の算出方法 …

  9. 3Dセキュアの普及率と、効果が見込めるクレジットカード決済の不正利用対策・不正検知について

    セキュリティ対策の1つである「3Dセキュア」の普及率はどれくらいなのでしょうか。この記事では 3Dセキュアの普及率 3Dセキュア2.0と…

  10. ECにおけるクレジットカードの不正利用を未然に防止する「本人認証サービス」とは

    ECにおけるクレジットカードの不正利用を未然に防止する方法の1つとして「本人認証サービス」が挙げられます。この記事では 本人認証サービスとはど…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…
  1. ニュース・業界動向

    ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカー…
  2. データ&レポート

    【最新】クレジットカードの不正利用の発生状況とその被害額
  3. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34…
  4. セキュリティ用語

    決済代行会社とは何か?特徴や決済方法の動向を踏まえて解説
  5. 不正検知・ノウハウ

    通信サービス料金と合算で支払いができるキャリア決済。消費者が利用するメリット・デ…
PAGE TOP