不正検知・ノウハウ

【動画有】iPhoneの警告「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがある」表示のメカニズムと対処方法

iPhoneで特定のWebサイトにログインしようとした際、「このパスワードはデータ漏えいで検出されたことがある」といった警告が表示された経験はないでしょうか。
突然このような警告が表示されると、戸惑ったり不安になったりしますよね。

この警告文はiOS14で追加された「icloudキーチェーンのパスワード監視機能」という、パスワードが漏洩した可能性を判定し、記憶する機能です。
警告が表示された場合は、普段使っているパスワードが何らかの理由で漏洩している恐れがあります。

本件について弊社の不正アクセス検知サービス営業の川口が動画で解説していますので是非ご覧ください。
動画以降に対策など含めてまとめていますので併せてご覧いただけると幸いです。

警告文表示のメカニズム

皆さんが普段使っているicloudキーチェーンに保存されたパスワードは、apple社にて保持している漏洩したパスワードのリストと定期的に照合されています。
この照合でリストと一致した場合に、警告文が表示される仕組みになっているのです。

警告文が表示された場合の対処法

では、警告が出た場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

まず利用者の対策として行わなければいけないのは、パスワードの変更です。
そのままにしておくと不正者に悪用される場合がありますので、警告が出たら必ず行なってください。

予防策としてパスワードの使いまわし防止を

さらに予防策として、パスワードを使いまわししないという方法が有効です。
色々なWebサイトにアクセスする際に異なるパスワードを使うようにすれば、仮に特定のサイトでパスワードが漏れてしまったとしても、他のサイトでの二次被害に遭いにくくなります。

全てのパスワードを記憶するのは難しいので、パスワードマネージャーなども活用しましょう。

Webサイト事業者も自社での対策を

Webサイト事業者も、利用者だけに頼ることなく自社での対策を検討してください。
重要なのは、利用者のパスワードが漏洩しているという前提のもと、不正アクセス対策を実施するという点です。

近頃はダークウェブと呼ばれるネットワークで、

  • 過去に流出したID・パスワードのリスト
  • 不正アクセスを行うためのプログラム

などを入手し、正しいID・パスワードで不正アクセスをしてくる不正者が増えています。
ID・パスワードが正しくても、利用者本人のログインとは限らないのです。

ダークウェブについては以下の記事で解説しています。

その不正アクセスを許してしまうと、個人情報の漏えいなどの被害を受けるリスクがあります。
そこで、具体的な対策としておすすめしたいのが「不正アクセス検知サービスの導入」です。

不正アクセス検知サービスなら「O-MOTION」

不正アクセス検知サービスを導入するのであれば、かっこ株式会社の不正アクセス検知サービス「O-MOTION」をぜひご検討ください。

「O-MOTION」は、独自のデバイス情報・操作情報を駆使した不正判定技術を使用し、正常なアクセスと不正アクセスを振り分けられます。
javascriptを埋め込むだけで簡単に導入ができるのも大きな利点です。

「O-MOTION」を活用すると、正常なアクセスはそのままアクセスしてもらい、不正なアクセスはアクセスを遮断。
正常とは言いきれない怪しいアクセスは2要素認証を実施するといった、危険に応じた対策が行えます。

現在、実施しているトライアルキャンペーンでは、自社サイトがどんな種類の不正アクセスをどれくらい受けているかをレポートにしてお渡ししています。
まずは自社サイトの状況を可視化し、状況に応じた具体策を検討しましょう。
気になった方は、以下のリンクからかっこ株式会社までお問い合わせ下さい。

O-MOTION 仕組み紹介

初期費用150万が10万円になるトライアルキャンペーン受付中!
O-MOTIONの資料DLはこちら

ピックアップ記事

  1. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  2. 【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について
  3. 不正アクセスとは? 主な原因や巧妙な手口、4つの対策例を紹介
  4. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  5. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説

関連記事

  1. JTB 不正アクセス

    ニュース・業界動向

    「JTB」グループ会社で不正アクセスによる情報流出。「JTB」がとるべき対策とは?

    「株式会社JTB」は、2021年8月18日に海外グループ会社へ第三者か…

  2. 不正検知・ノウハウ

    【QR決済の動向】QRコード決済は今後も増加が見込める形に

    日本政府はコード決済を含むキャッシュレス決済を推進しています。…

  3. 富士通 不正アクセス

    不正アクセス

    富士通の不正アクセスは防げたのか?情報漏えいの防止策も併せて解説

    「富士通株式会社」は、2021年8月11日に不正アクセスによって情報漏…

今すぐできる!不正リスクの無料セルフチェックシート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル

おすすめ記事

  1. 不正アクセスとは? 主な原因や巧妙な手口、4つの対策例を紹介…
  2. 【2022年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  3. クレジットマスターの手口や被害とは?不正利用を防ぐための対策…
  4. 転売屋対策に効果のある9つの方法を紹介!転売が引き起こすリス…
  5. 不正検知サービスは無料で利用できる?価格を抑えて導入する方法…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル
  1. チャージバック

    Shopifyでのチャージバック対策・対応はどうしたらいい?不正購入対策も解説
  2. 不正アクセス

    U-NEXTの乗っ取り・不正アクセス対策|公式よりも分かりやすく解説
  3. 不正検知・ノウハウ

    不正検知ソリューションとは何か?不正使用を防ぐために必要な対策
  4. 不正検知・ノウハウ

    2016年改正、2018年施行の割賦販売法。2020年3月が対応期限で東京オリン…
  5. チャージバック

    チャージバックとは?不正利用の現状や不正を防ぐ対策を解説
PAGE TOP