ニュース・業界動向

カード情報を不正利用しスマートフォンなど高額電化製品を購入・換金。約1億円の利益を出した容疑者を摘発

他者のクレジットカード情報を不正利用したとして、私電磁的記録不正作出・同供用罪や窃盗罪で起訴されていた三重県四日市市の容疑者男性2名を含めた8人が、11月13日に摘発され捜査が終結しました。

8人はいずれも容疑を認めているそうです。

当事件の概要

当事件は、インターネットの掲示板などで得た他者のクレジットカード情報を使い、通販サイトでスマートフォンや高額の電化製品を購入。中古品買取店で換金するといった内容でした。

利益は2016年10月~2019年1月までの間で約1億円にも及んだとみられています。

容疑者2人はフリーマーケットアプリなどのアカウントに不正アクセスして商品を購入するグループの一員とみられ、その被害を受けたアカウントは1000件超とされています。

捜査が開始されたのは2017年9月頃。この頃から千葉県内で同様の被害相談が相次ぎ、2019年1月に千葉・三重両県警は窃盗と私電磁的記録不正作出・同供用容疑で上記の男性2名を逮捕していました。

捜査の難航も考えられるオンライン上の不正利用

オンライン上の不正利用の中には形跡が残りにくく、捜査が難航してしまう事例もあります。

このように後々になって解決するケースもありますが、消費者の方々は、

  • クレジットカード情報の流出を防ぐために怪しいネット通販から買い物をしない
  • 万一の被害発生時にもすぐ気付けるよう毎月のクレジットカードの請求書を確認する

といった身近なことから心がけましょう。

ピックアップ記事

  1. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  2. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  3. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  4. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  5. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    インバウンド需要に応えるスマホによるQR/バーコード決済の連携やサービス充実について

    増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業が開始されたこともあり、スマホ…

おすすめ記事

  1. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  4. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. ニュース・業界動向

    スパム攻撃対策「リキャプチャ(reCAPTCHA)」とは。メリット・デメリットを…
  2. 不正検知・ノウハウ

    後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  3. 不正検知・ノウハウ

    EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  4. チャージバック

    ECショップ運営にはチャージバック対策が必要。
  5. ニュース・業界動向

    経済産業省「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定。新たに講じられる3つの…
PAGE TOP