ニュース・業界動向

約3200回の無断キャンセルを繰り返しポイントを不正入手。ホテルへおよそ1億1500万円の被害を与えたとされる親子を逮捕

宿泊予約サイト「一休.com」を使いホテルの無断キャンセルを繰り返し業務を妨害したとして、母親(51)と長男(31)の親子が逮捕されました。

容疑者らは1年間で約3200回の無断キャンセルを行い、宿泊施設におよそ1億1500万円の被害を与えていました。
また容疑者らは無断キャンセルを通じて不正に入手した約250万円分の「Tポイント」を利用し、ホテル暮らしをしていたとのことです。

なぜ3,000回を超えるキャンセルしていたにも関わらずポイントが付与されてしまったのでしょうか。
その理由はポイントサービスの仕組みにありました。

容疑者らが利用していた宿泊予約サイト「一休.com」では、予約を行うと料金の1%から最大20%のポイントが付与されます。
仮にその予約が無断キャンセルされた場合は、ホテル側が予約サイトに申告することでポイント付与を取り消す仕組みになっていました。
しかし、ホテル側がこの処理を忘れてしまうとポイントは取り消されず、そのままユーザーに付与されてしまっていたのです。

容疑者らはそういったホテル側の連絡忘れを狙い、犯行を繰り返したとみられています。

また、

  • 不正が発覚しないよう62枚ものTポイントカードを作成しIDを使い分ける
  • 獲得するポイントが高いホテルなどを意図的に狙う

といった計画的な行動も確認されています。

警察の取り調べに対し母親は容疑を否認。
長男は「母親と一緒に偽名を使い、宿泊予約をしたことに間違いありません」と容疑を認めています。

 

こういった事件があった場合、不正に利用された200万円相当のポイントは誰が負担するのでしょうか。

今回に関しては一休.comが「一休側が負担するポイント分は1%でそれ以外のポイント分はホテル側が負担する」とした上で「再発防止に向け改善を図る」と回答しています。
(※ 不正への対応は事例や運営会社によって異なります)

こういった仕組みの盲点をついた不正は、どの予約サイトでも起こり得るものです。
そしてこの場合、予約サイトや無断キャンセルされたホテルはもちろん、不正に入手したポイントを使われる事業者にも被害が発生します。

予約サイトを始めとして、セキュリティの強化と不正のできない仕組みづくりは今後も強く求められるでしょう。

不正ログイン検知ソリューション

ピックアップ記事

  1. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  2. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  3. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  4. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    オリンピックに採用される顔認証システムのこれから

    2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、顔認…

  2. ニュース・業界動向

    スパム攻撃対策「リキャプチャ(reCAPTCHA)」とは。メリット・デメリットをご紹介

    「reCAPTCHA(リキャプチャ)」とは、無料で導入できるスパム攻撃…

  3. ニュース・業界動向

    クレジットカードの不正利用防止対策とIC化の取組み状況と具体内容について

    一般社団法人日本クレジット協会は、クレジットカードのIC化率を「202…

おすすめ記事

  1. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  4. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. ニュース・業界動向

    2020年度以降の「クレジットカード取引等におけるセキュリティ対策の取組方針」が…
  2. 不正検知・ノウハウ

    後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  3. 不正検知・ノウハウ

    クレジット業界におけるアクワイアラとは何か?役割やイシュアとの違いをまとめました…
  4. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について…
  5. 不正検知・ノウハウ

    転売問題の現状は?様々な転売対策を事例と共に解説
PAGE TOP