偽造

  1. 不正検知・ノウハウ

    アドフラウド(adfraud)の具体的な手口と適切な対策方法

    広告を出稿する際は、アドフラウド対策も行いましょう。この記事ではアドフラウドの具体的な手口と共に、対策方法を紹介します。大切な広告費用を不正者に支払って…

  2. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の現状と原因、被害事例を解説。個人と企業がとるべき対策とは

    特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2018年の漏洩人数は561万3,797人。インシデント件数は443件。一件あた…

  3. チャージバック

    ECショップ運営にはチャージバック対策が必要。

    キャッシュレス決済が普及したことで、クレジットカードを使ってECショップを利用する方が多くなっています。クレジットカード決済は便利ではあるものの、悪用・不正…

  4. 3Dセキュア

    キャッシュレス決済の安全性を高める3Dセキュア

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済はインターネットショッピングでも多く利用されています。不正被害も増えており、ユーザーの安全や企…

  5. チャージバック

    チャージバックによる企業への損害は経営へのダメージ大。クレジットカードの不正利用対策が不可欠

    インターネットショッピングは、クレジットカード決済さえできれば、いつでも買い物を楽しむことができます。ただ、クレジットカード情報を狙った不正も増えており、そ…

  6. 3Dセキュア

    3Dセキュアの仕組みを理解しよう。3Dセキュア2.0の仕組み・効果も解説

    3Dセキュアは、本人認証サービスとも呼ばれ、インターネットショッピングの安全性を高めるサービスです。本人しかわからない情報の入力を求めることで、第三者による…

  7. チャージバック

    クレジットカードの悪用に伴うチャージバック。事業者への影響や対策を解説

    クレジットカード決済は、実店舗はもちろん、インターネットショッピングでも広く利用されています。利便性の高い決済手段ですが、悪用される事例が増えているのも現状…

  8. 不正検知・ノウハウ

    セミナーで学ぶ不正検知。参加するメリットや注意点を解説

    インターネット取引や企業の会計における不正を防止するために、不正検知が重要視されています。不正検知ソリューションを活用することで、不正を自動で検知し、素早い…

  9. データ&レポート

    番号盗用だけで年間200億円超えも。クレジットカード不正利用被害の2019年4半期(10月〜12月)…

    一般社団法人日本クレジット協会が「クレジットカード不正利用被害実態調査」における2019年4半期(10月~12月)の結果を集計・発表しました。結果は以下…

  10. ニュース・業界動向

    クレジットカード情報流出に気付きにくい!? 国内で利用したつもりが、グローバル企業から流出することも…

    不正検知サービスを手掛けるかっこ株式会社の調査によると、クレジットカード情報の流出件数は年々増加。各企業が公表した情報だけでも、約34万件に及びます。手…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  2. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  5. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  1. データ&レポート

    日本クレジット協会とは
  2. セキュリティ用語

    オーソリゼーション(オーソリ)とは何か?
  3. チャージバック

    チャージバックによる企業への損害は経営へのダメージ大。クレジットカードの不正利用…
  4. 不正検知・ノウハウ

    セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由とその重要性を事…
  5. ニュース・業界動向

    アイドルグループ「嵐」の電子チケットを最大15倍の値段で転売容疑、チケット不正転…
PAGE TOP