ニュース・業界動向

  1. 2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジットカード情報流出問題。更にその手口も巧妙化しています。増加するクレジットカード情報の…

  2. ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカード情報流出を前提にし…

    ドイツのサイバー犯罪対策国家中央事務所(LZC)とラインラント・プファルツ州警察が、ダークウェブ向けのデータセンターを強制捜査したとの報道がありました。…

  3. インバウンド需要に応えるスマホによるQR/バーコード決済の連携やサービス充実について

    増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業が開始されたこともあり、スマホによるQR/バーコード決済(以下:コード決済)の利用者は増加傾向にあります。また、…

  4. 日本クレジット協会が発表した令和元年9月クレジットカードの利用状況について

    全国信販協会 日本クレジット産業協会 クレジット個人情報保護推進協議会の三団体が大同団結して設立した、一般社団法人日本クレジット協会…

  5. カード情報を不正利用しスマートフォンなど高額電化製品を購入・換金。約1億円の利益を出した容疑者を摘発…

    他者のクレジットカード情報を不正利用したとして、私電磁的記録不正作出・同供用罪や窃盗罪で起訴されていた三重県四日市市の容疑者男性2名を含めた8人が、11月13日…

  6. チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上

    2019年11月28日、東京都北区に住む東京都の千代田都税事務所の職員がチケット不正転売容疑で逮捕されました。警視庁の発表によると、…

  7. インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019年)9月からインターネットバンキングに係る不正送金事犯による被害が急増している」という発表…

  8. インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化

    2013年以降、急激に増加している日本のインバウンド。この記事では インバウンドとはどういった意味の言葉なのか インバウンドが増加するこ…

  9. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

    2019年10月の消費税率引上げに伴い、さらに注目されているキャッシュレス決済。この記事では そもそもキャッシュレス決済とはどういったものなの…

  10. サービスの優位性や新規性、革新性を評価。第15回 JNB 新規事業国内フォーラムin香川2019にて…

    2019年10月24日に開催された「第15回 JNB 新事業全国フォーラムin香川2019」にて、第14回ニッポン新事業創出大賞が決定・発表されました。…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…
  1. 不正検知・ノウハウ

    セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  2. ニュース・業界動向

    ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカー…
  3. 不正検知・ノウハウ

    PSP(Payment Service Provider)とは?決済サービスプロ…
  4. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正対策を行うための体制構築・オペレーションを解説
  5. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34…
PAGE TOP