ニュース・業界動向

  1. オリンピックに採用される顔認証システムのこれから

    2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、顔認証システムが採用されることになりました。この記事では オリンピックでの顔…

  2. IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、経済産業省所管の独立行政法人であるIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリテ…

  3. 経済産業省「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定。新たに講じられる3つの措置とは

    2020年3月3日、「割賦販売法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました。AI・ビッグデータ活用などテクノロジーの発達により決済サービスが多様化する…

  4. バレンタイン・ホワイトデーなどシーズンイベントにおけるECサイト不正注文のリスクについて

    不正注文の中には繁忙期などのチェック体制が手薄になるタイミングを狙うケースも確認されています。ECサイトの繁忙期は業種によって異なりますが、この記事では…

  5. 約3200回の無断キャンセルを繰り返しポイントを不正入手。ホテルへおよそ1億1500万円の被害を与え…

    宿泊予約サイト「一休.com」を使いホテルの無断キャンセルを繰り返し業務を妨害したとして、母親(51)と長男(31)の親子が逮捕されました。容疑者らは1…

  6. 2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジットカード情報流出問題。更にその手口も巧妙化しています。増加するクレジットカード情報の…

  7. ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカード情報流出を前提にし…

    ドイツのサイバー犯罪対策国家中央事務所(LZC)とラインラント・プファルツ州警察が、ダークウェブ向けのデータセンターを強制捜査したとの報道がありました。…

  8. インバウンド需要に応えるスマホによるQR/バーコード決済の連携やサービス充実について

    増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業が開始されたこともあり、スマホによるQR/バーコード決済(以下:コード決済)の利用者は増加傾向にあります。また、…

  9. 日本クレジット協会が発表した令和元年9月クレジットカードの利用状況について

    全国信販協会 日本クレジット産業協会 クレジット個人情報保護推進協議会の三団体が大同団結して設立した、一般社団法人日本クレジット協会…

  10. カード情報を不正利用しスマートフォンなど高額電化製品を購入・換金。約1億円の利益を出した容疑者を摘発…

    他者のクレジットカード情報を不正利用したとして、私電磁的記録不正作出・同供用罪や窃盗罪で起訴されていた三重県四日市市の容疑者男性2名を含めた8人が、11月13日…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…
  1. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
  2. ニュース・業界動向

    インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化
  3. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34…
  4. データ&レポート

    日本クレジット協会とは
  5. ニュース・業界動向

    オリンピックに採用される顔認証システムのこれから
PAGE TOP