不正検知・ノウハウ

【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

不要な郵便・宅配物を返送する際の手段ともいえる「受取拒否」。

ECサイトで購入した商品を受取拒否してしまうと、購入者にとっては送料の負担が発生するなどのデメリットがあります。

この記事では、ECサイトにおける「受取拒否」について、購入者視点で解説していきます。

受取拒否とは

「受取拒否」とは、不要な郵便や宅配便などの受け取りを拒絶し、返送してもらうことを指します。

また購入者の長期不在が続き、荷物が一定期間受け取れず連絡が取れなかった場合もこの受取拒否の扱いとなり、荷物は返送されます。
※荷物の種類や宅配事業者にもよりますが、荷物には保管期間があります。

意図せず受取拒否をしてしまった場合はどうなるのか?

ECサイトで購入後、荷物の保管期限が過ぎて受取拒否になってしまった場合は、EC事業者には往復の送料と代引きの手数料といった費用が発生しています。

そうなると、ECサイトによって異なりますが往復送料と代引き手数料が購入者に請求されるケースが多いです。

受取拒否をしないために

意図せず受取拒否とならないよう、購入者は予め配送日や受取日を確認し、長期不在になりそうな場合はできるだけ早くECサイトに問い合わせを行いましょう。

また、日ごろから受取日時を指定するなどこころがけましょう。

購入者のメール受信設定の問題でECサイトからのメールが受信拒否になっている場合や、迷惑メールとして扱われ購入者がメールを確認できていないこともあります。

その結果、購入者とEC事業者が意思疎通できずに、結果的に受取拒否になってしまうこともあります。

身に覚えのない荷物を受取拒否することは可能

前項では、意図しない受取拒否についてお話ししましたが、送りつけ等、身に覚えのない荷物を受取拒否することは可能です。

身に覚えのない荷物の受取拒否のやり方は以下の通りです。

  1. 郵便・宅配物に「受取拒絶」と記載
  2. 押印又は署名を記載
  3. 配達を行った事業者の窓口に持ち込み

例えば日本郵便を使って届いた郵便物を受取拒否する場合は、日本郵便の窓口かポストへ投函する必要があります。

ヤマト運輸や佐川急便など他の事業者では受付できません。

また、ポスティングなど配達ではなく届けられた荷物も受付不可能なので注意しましょう。

意図せず受取拒否をしてしまった場合は発送元に連絡を

この記事では意図せず受取拒否をしてしまった場合の対処法や、不要な荷物があった場合の受取拒否のやり方についてご紹介しました。

受取拒否をになってしまうと送料などの負担が購入者に発生するため、注意が必要です。

事情があり受取拒否になってしまった場合はすぐに発送元に問い合わせを行いましょう。

また、身に覚えのない荷物を受取拒否する場合は開封前に確認しましょう。

ピックアップ記事

  1. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスクや対策も紹介
  2. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリットを解説!

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    EC受注の拡大と安全性に関する講演レポート「かっこ株式会社」

    売上拡大に繋がるECサイトの構築手法や在庫管理のノウハウについて、20…

  2. 不正検知・ノウハウ

    アドフラウド(adfraud)の具体的な手口と適切な対策方法

    広告を出稿する際は、アドフラウド対策も行いましょう。この記事ではア…

  3. 不正検知・ノウハウ

    代引受取拒否によりEC事業者に発生するリスクと対策

    商品の受取拒否は、EC事業者にとってサイト運営で起こり得るトラブルの1…

  4. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正検知対策を行うための体制構築・オペレーションを解説

    ECサイトにおける不正検知対策の体制構築・オペレーションを検討する場合…

おすすめ記事

  1. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  2. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  3. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
  4. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策…
  5. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    不正検知モデルとは?役割やモデルを活用したソリューションをご紹介
  2. Omiai 不正アクセス

    ニュース・業界動向

    【不正アクセス対策】マッチングアプリ「Omiai」の個人情報漏えいは防げたのか?…
  3. 不正検知・ノウハウ

    EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  4. セキュリティ用語

    ランサムウェアとは?起こる被害や防ぐための対策を紹介
  5. セキュリティ用語

    クレジットカードのセキュリティコードとは|クレカの不正対策や注意点を解説
PAGE TOP