不正検知・ノウハウ

受取拒否にならないようにするには

不要な郵便・宅配物を返送する際の手段ともいえる「受取拒否」。

しかし、ECサイトで購入した商品を受取拒否してしまうと、購入者にとっては送料の負担が発生するなどのデメリットがあります。

この記事ではECサイトにおける「受取拒否」に絞って解説していきたいと思います。

受取拒否とは

「受取拒否」とは不要な郵便や宅配便などの受け取りを拒絶し、返送してもらうことを指します。

また購入者の長期不在が続き、荷物が一定期間受け取れず連絡が取れなかった場合もこの受取拒否の扱いとなり、荷物は返送されます。
*荷物の種類や宅配事業者にもよりますが、荷物には保管期間があります。

意図せず受取拒否になってしまった場合どうなるのか

ECサイトで購入後、荷物の保管期限が過ぎて受取拒否になってしまった場合は、EC事業者にとっては往復の送料と代引きの手数料といった費用が発生しています。

そうなると、ECサイトによって異なりますが往復送料と代引き手数料が購入者に請求されるケースが多いです。

受取拒否しないために

意図せず受取拒否とならないよう、購入者は予め配送日や受取日を確認し、長期不在になりそうな場合はできるだけ早くECサイトに問い合わせを行いましょう。

また、日ごろから受取日時を指定するなどこころがけましょう。

購入者のメール受信設定の問題でECサイトからのメールが受信拒否になっている場合や、迷惑メールとして扱われ購入者がメールを確認できていないこともあります。

その結果、購入者とEC事業者が意思疎通できずに、結果的に受取拒否になってしまうこともあります。

身に覚えのない荷物を受取拒否することは可能

前項では、意図しない受取拒否についてお話ししましたが、送りつけ等、身に覚えのない荷物を受取拒否することは可能です。

受取拒否のやり方は以下の通りです。

  1. 郵便・宅配物に「受取拒絶」と記載
  2. 押印又は署名を記載
  3. 配達を行った事業者の窓口に持ち込み

例えば日本郵便を使って届いた郵便物を受取拒否する場合は、日本郵便の窓口かポストへ投函する必要があります。ヤマト運輸や佐川急便など他の事業者では受付できません。

また、ポスティングなど配達ではなく届けられた荷物も受付不可能なので注意しましょう。

意図せず受取拒否してしまわないように注意。仮に受取拒否してしまった場合は発送元に連絡を

この記事では意図せず受取拒否をしてしまった場合の対処法や、不要な荷物があった場合の受取拒否のやり方についてご紹介しました。

受取拒否をになってしまうと送料などの負担が購入者に発生するため、注意が必要です。

事情があり受取拒否になってしまった場合はすぐに発送元に問い合わせを行いましょう。

また、身に覚えのない荷物を受取拒否する場合は開封前に確認しましょう。

ピックアップ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 
  2. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  5. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知システム。仕組みやメリッ…

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    代金未回収のリスクを回避できるキャリア決済。導入する場合のメリット・デメリット

    「キャリア決済」を利用すると、EC事業者は購入者が契約するキャリア(電…

  2. 不正検知・ノウハウ

    【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について

    決済方法の1つとして挙げられる「後払い」。購入者にとってはクレ…

  3. 不正検知・ノウハウ

    改正割賦販売法とはどんな法律?具体的な内容と、実行計画を解説

    割賦販売(かっぷはんばい)やクレジットカードでの後払いを適切に規制…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知シス…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトでクレジットカードの不正注文が起こる原因と加盟店ができる対策
  2. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカードで不正注文をされないよう購入者ができる対策と、チャージバックの仕…
  3. 不正検知・ノウハウ

    EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  4. 不正検知・ノウハウ

    3Dセキュア導入のメリットとデメリット。クレジットカード決済を利用する場合は自社…
  5. 不正検知・ノウハウ

    企業ができるクレジットカード決済での具体的な不正対策とは
PAGE TOP