不正検知・ノウハウ

代金未回収のリスクを回避できるキャリア決済。導入する場合のメリット・デメリット

「キャリア決済」を利用すると、EC事業者は購入者が契約するキャリア(電気通信事業者)を介して商品代金の支払いのやり取りをすることになります。

この記事では

  • キャリア決済の仕組み
  • キャリア決済を導入した場合のメリット・デメリット
  • キャリア決済導入の手順
  • キャリア決済の導入で大きな利点が見込める業種

などの情報をまとめました。

キャリア決済の導入を検討する際に、参考になれば幸いです。

キャリア決済とは商品代金を通信サービス料金と合算で決済できる仕組み

キャリア決済とは、商品代金を通信サービス料金と合算して決済する仕組みです。

  • NTTドコモ(ドコモ払い)
  • au(auかんたん決済)
  • ソフトバンク(ソフトバンクまとめて支払い)

といった3大キャリアが提供しています。

細かい契約内容はキャリア毎に異なるため公式サイトを確認しましょう。

また多くの決済代行会社で、3社のキャリア決済を一括導入できるメニューが用意されていますので、契約中の決済代行会社の情報も確認してみましょう。

事業者がキャリア決済を利用するメリット

このキャリア決済をEC事業者が導入するメリットは

  1. 新しい層の購入者にアプローチできる
  2. リアルタイムの入金通知がある
  3. 代金未回収リスクがない

という3点です。

1.新しい層の購入者にアプローチできる

1つ目のメリットは、新しい層の購入者にアプローチできるという点です。

キャリア決済は3大キャリアと契約をしている購入者であれば基本的に誰でも利用可能です。

また、決済時に現金やクレジットカード情報は不要で、設定したIDやパスワードの入力だけで利用できます。

(※一部自動決済を導入しているキャリアもあります)

  1. クレジットカードを契約していない
  2. インターネット上でクレジットカード番号などの入力を控えたい
  3. 銀行振り込み・コンビニ支払い・代引き支払いなどに抵抗がある

といった購入者層にもアプローチできるようになります。

2.リアルタイムの入金通知がある

2つ目のメリットはリアルタイムの入金通知がある点です。

購入者がキャリア決済を利用した場合、すぐにキャリアから購入者と事業者の両方に購入完了の通知が届きます。

商品発送などもスムーズに行うことが可能です。

3.代金未回収リスクがない

3つめのメリットは代金未回収リスクがないという点です。

キャリア決済では、決済処理が完了した時点でキャリアが商品代金の債権を譲り受けます。

そのため、購入者の未払いによる代金未回収のリスクは発生しません。

事業者がキャリア決済を利用するデメリット

キャリア決済のデメリットは、他の決済方法と比べて手数料が割高なこと、システムの仕様がキャリア毎に異なる点などがあります。

手数料については、導入メリットとの比較で判断していくことになります。

システム面で開発負担等が重いようであれば、3社のキャリア決済を一括で導入できる決済代行会社を活用する方法もあります。

キャリア決済導入の手順

各キャリアのキャリア決済を個別導入する場合は、公式サイトで詳細を確認して進めましょう。

継続課金サービスなどで多く導入されているキャリア決済

キャリア決済は一般的になりつつありますが、なかでも多く導入されているのが

  • 会費などが発生する継続課金系サービス
  • デジタルコンテンツ(音楽や動画、記事配信など)

などです。

クレジットカードを持っていない若年層に人気があったり、単価は安くとも継続的な契約を結んだりするような商品・サービスでキャリア決済導入のメリットが大きいと言えます。

自社の運営方針に合わせて決済方法の充実化を

キャリア決済を導入した場合、

  1. 新しい層の購入者にアプローチできる
  2. リアルタイムの入金通知がある
  3. 代金未回収リスクがない

といったメリットがあります。

自社で扱っている商品・サービスなども踏まえ、ご検討ください。

ピックアップ記事

  1. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  2. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  3. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  4. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する」仕組み…
  5. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    代引受取拒否によりEC事業者に発生するリスクと、その対策

    商品の受取拒否は、EC事業者にとってサイト運営で起こり得るトラブルの1…

  2. 不正検知・ノウハウ

    令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」の内容とは

    「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に…

  3. 不正検知・ノウハウ

    フォームジャッキングの被害状況や防止策。ECサイト利用が増える今、不正検知や対策を。

    ECサイトなどの注文情報入力ページにコードを仕掛け、クレジットカード情…

  4. 不正検知・ノウハウ

    企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について

    平成30年法律第103号として「特定興行入場券の不正転売の禁止等による…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. データ&レポート

    日本クレジット協会とは
  2. 不正検知・ノウハウ

    不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する」仕組み…
  3. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正検知対策を行うための体制構築・オペレーションを解説
  4. ニュース・業界動向

    約3200回の無断キャンセルを繰り返しポイントを不正入手。ホテルへおよそ1億15…
  5. 不正検知・ノウハウ

    改正割賦販売法とはどんな法律?具体的な内容と、実行計画を解説
PAGE TOP