不正検知・ノウハウ

取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知システム。仕組みやメリット・デメリット、導入時の注意点をまとめました

クレジットカードの不正利用を防ぐ1つの手段である「不正検知システム」。

2018年の割賦販売法改正を受けてクレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した「実行計画2019」でも、詳しく解説されています。

この記事では不正検知システムの仕組みやメリット・デメリットをまとめました。

自社への導入を考えている方の参考になれば幸いです。

 

クレジットカードの不正検知システムとは取引データや分析結果から危険性を判断する仕組み

不正検知サービスとは、

    • 取引データ
    • 検知サービスそれぞれのノウハウ

などの情報から、危険性を判断するシステムです。

危険性を判断することで不正利用・チャージバック発生のリスクを減らします。

参考:O-PLUX | 不正検知サービス | かっこ株式会社 – Cacco Inc.

詳細は不正検知サービスによって異なるため、自社の運営にあったものを検討・導入しましょう。

クレジットカードの不正検知システムを利用するメリット

クレジットカードの不正検知システムを導入するメリットは、大きく分けて2つあげられます。

1.不正利用を未然に防ぐことができる

1つ目は不正利用を未然に防ぐことができる点です。

クレジットカードの不正検知システムで審査を行うタイミングは運用により異なりますが、最終的には出荷前に判断を確定して出荷停止などの対応を行います。

また、これらがシステムを使った自動審査なのも大きなポイントで、不正かどうかを確認する時間や作業工数の削減も見込めます。

2.購入完了までのステップが増えないためカゴ落ちのリスクを減らせる

2つ目は購入完了までのステップが増えないためカゴ落ちのリスクを減らせる点です。

例えば、3Dセキュアのように購入者にパスワードの入力を求める対策の場合、それを手間に感じ途中で購入を止めてしまう(カゴ落ち)可能性もあります。

対してクレジットカードの不正検知システムの多くは、購入者の注文フローに変化はありません。

購入者に追加の行動を求めることなく不正利用のリスクを軽減できるのです。

クレジットカードの不正検知システム検討の際は広い視点で費用対効果を考慮して

クレジットカードの不正検知システムを利用する際、一般的には以下の料金が必要となります。

  • 初期費用
  • 月額料金
  • 処理費用(トランザクション当たりの処理料)

不正発生による実際の被害額と比較するのはもちろんですが、不正があまりなくとも、社内での業務を洗い出して費用対効果を検討しましょう。

怪しい注文を担当者が毎日1時間以上かけてチェックしていた、というケースも多いものです。

クレジットカードの不正検知システム導入による新たな費用発生があっても、不正検知精度向上や、属人的な業務をシステムに置き換えるメリットと比較してみるとよいかもしれませんね。

不正検知システムを利用することでチェックできる項目

不正検知システムを導入した場合、例としては以下のような情報をチェックできます。

  • 端末情報
  • 配送先情報
  • 名前や住所表記の揺れ
  • IPアドレス
  • 購入頻度や買い物の傾向   など

その他、不正利用に使われた配送先情報との照合や、電話回線が使われているかの疎通確認なども確認できるサービスもあります。

自社の方針にあった不正検知システムを導入し不正利用の対策を

この記事ではクレジットカードの不正検知システムについてまとめました。

販売している商材や運営規模、被害発生率などをもとに、自社のECサイトにあったものを選び、リスク回避に役立ててください。
自社の対策状況に不安があれば専門の事業者に一度問い合わせて、不正に関する最新情報を入手しておくのもよいでしょう。

[PR]
不正対策に保険まで。チャージバック対策の決定版O-Plux安心パック

ピックアップ記事

  1. 受取拒否にならないようにするには
  2. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  3. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知システム。仕組みやメリッ…
  4. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  5. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    チャージバック保険とは?保証の仕組みと不正利用対策としての効果について

    ECなどの非対面取引でチャージバックが発生した場合、本人確認(*)が行…

  2. 不正検知・ノウハウ

    令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」の内容とは

    「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に…

  3. 不正検知・ノウハウ

    3Dセキュアの普及率と、効果が見込めるクレジットカード決済の不正利用対策について

    セキュリティ対策の1つである「3Dセキュア」の普及率はどれくらいなので…

  4. 不正検知・ノウハウ

    代引受取拒否によりEC事業者に発生するリスクと、その対策

    商品の受取拒否は、EC事業者にとってサイト運営で起こり得るトラブルの1…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知シス…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. 不正検知・ノウハウ

    セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由とその重要性を事…
  2. ニュース・業界動向

    チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上…
  3. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正対策を行うための体制構築・オペレーションを解説
  4. 不正検知・ノウハウ

    コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカード情報の不正利用防…
  5. 不正検知・ノウハウ

    代金未回収のリスクを回避できるキャリア決済。導入する場合のメリット・デメリット
PAGE TOP