不正検知・ノウハウ

不正検知サービスの市場規模は拡大傾向。推移の理由や動向を解説

キャッシュレス決済の浸透やECショップの規模拡大などに伴い、インターネットを介した不正取引も増えています。顧客の利便性や企業の発展を実現するには、不正取引の防止・発見が必要になり、不正検知の市場規模は拡大傾向にあります。

今回は不正検知の市場規模について、世界の市場規模や規模が拡大している理由などを解説します。代表的な不正検知サービスもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

不正検知における世界の市場規模

市場調査やコンサルティングを行う企業である「MarketsandMarkets」では、銀行・金融サービスや通信・IT、産業オートメーションなど様々な分野の市場調査レポートを発行しています。不正検知についても市場調査レポートを発行しており、市場規模をはじめとして、市場概要や分析手法なども詳しく解説されています。

発行されている「不正検知・防止 (FDP) の世界市場:ソリューション別 (不正分析、認証、ガバナンス)・サービス別・適用範囲別 (ID盗難、不正支出、マネーロンダリング)・企業規模別・産業別・地域別の予測 (2023年まで)」(https://www.gii.co.jp/report/mama293340-fraud-detection-prevention-market-by-fraud.html)によると、不正検知・防止市場は世界で見て、2018年に195億米ドル、2023年には635億米ドルの規模にのぼる見通しが立てられています。

市場の中でも、不正分析ソリューションがシェアの大半を占めるものの、認証アプリケーションが今後シェアを拡大すると報告されました。複合年間成長率という指標では、26.6%成長すると言われ、今後さらに市場規模が拡大すると予想することができます。より詳細なデータはGlobal Information,Incの商品ページ(https://www.gii.co.jp/report/mama293340-fraud-detection-prevention-market-by-fraud.html)で販売されているので、気になる方は購入を検討してみましょう。

不正検知の市場規模が拡大している理由

インターネット取引がより身近になっていることはもちろんですが、市場規模の拡大には他にも理由があります。主な不正検知の市場拡大の理由を2つ詳しく見ていきましょう。

番号盗用による損失の拡大

これまでもインターネットを悪用した番号盗用による被害はありました。近年番号盗用による損失が急速に増加しており、セキュリティを整備する必要性がより高まっています。番号盗用の被害の例として、クレジットカード利用における番号盗用被害総額は顕著なデータです。

一般社団法人 日本クレジット協会が発表した「クレジット不正利用被害額調査」(https://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_03_g_200331.pdf)によると、被害額は年々増加しています。2014年時点で67億円であった被害が、2015年72億円、2016年88億円と推移し、2017年には176億まで上昇しました。2018年187億円、2019年は222億円という結果が出ており過去最高額を更新し続けています。

このよう状況を受けて、セキュリティ意識が高まり、改正割賦販売法の施行などに合わせて、不正検知システムに注目が集まっています。

サイバー攻撃の高度化

不正攻撃が増加するとともに、サイバー攻撃が高度化しており、対応が難しくなっている現状もあります。クレジットカード不正の手口を例に挙げると、フィッシング詐欺やスキミングなどがあります。従来の手口よりも高度化したサイバー攻撃として、ランサムウェアという手口があり、非常に悪質です。

ランサムウェアにPCが感染すると、パソコンの利用者からは使用できなくなり、解除の見返りとして金銭を要求する手口が増えています。一度感染すると自ら解決することは難しく、要求を飲まなくてはいけません。

その他にもダークウェブという存在も不正の温床になっています。闇サイトのようなウェブであり、サイバー攻撃によって得たクレジットカード情報などを不正に売買し、購入者が不正取引を試みるという構造があると言われています。高度化するサイバー攻撃や不正に対して、予防・検知するために不正検知システムをはじめとした対策が欠かせません。

不正検知サービス事例

不正検知の市場規模の拡大にともなって、新たなサービス・ソリューションが開発・導入されています。そこで、なかでも代表的なサービスをピックアップしました。どのような役割を果たすのか、特徴や機能をご紹介します。

【かっこ株式会社】O-PLUX

かっこ株式会社が提供するO-PLUXは、大手企業のECサイトに多く導入されており、実績は20000件以上にのぼります。独自のノウハウと統計分析に基づいた検知モデルによって、数秒単位で不正を検知することができます。

また、不正に対して、スマホやPCなど端末情報も特定してくれるので、なりすましによる不正にも強いです。外部ツールやブラックデータなど外部データを取り込めることもあり、状況に合わせて運用できるようになっています。

提供会社かっこ株式会社
システム名不正注文検知サービス O-PLUX
主な機能・検知モデル・デバイス認証・名寄せ・共有ネガティブDB・外部データの取り込み
サポート・運用支援
商品ページhttp://frauddetection.cacco.co.jp/

まとめ

不正検知の市場規模は世界的にも拡大しています。不正分析のほか、認証アプリケーションなども加わり、さらに市場が拡大することが予想されます。拡大の要因としては、電子取引の増加にともなう不正取引の増加やサイバー攻撃の高度化などが考えられています。市場規模の拡大に合わせて、様々な不正検知サービス・ソリューションが開発されているので、セキュリティ対策に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

  1. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  2. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  3. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  4. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカードの不正利用を防ぐ方法は?消費者と事業者の両視点から原因を解説

    海外旅行時やECサイトでの非対面決済において非常に便利なクレジットカー…

  2. 不正検知・ノウハウ

    PSPとは?決済サービスプロバイダーの導入メリットと契約手順

    自社サイトに複数の決済方法を導入しようと考えたときに、選択肢として挙が…

  3. 不正検知・ノウハウ

    改正割賦販売法の内容とは?実行計画も含めて解説

    割賦販売(かっぷはんばい)やクレジットカードでの後払いを適切に規制…

  4. 不正検知・ノウハウ

    令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」の内容とは

    「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に…

  5. 不正検知・ノウハウ

    2016年改正、2018年施行の割賦販売法。2020年3月が対応期限で東京オリンピックなど改正の背景…

    代金の支払いを分割して支払う割賦販売(かっぷはんばい)にて、公正で健全…

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. セキュリティ用語

    オーソリゼーション(オーソリ)とは?利用目的や仕組みを解説
  2. 不正アクセス

    SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説
  3. 不正検知・ノウハウ

    旅行事業者・旅行者が知っておくべき「不正トラベル対策」
  4. ニュース・業界動向

    インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化
  5. ニュース・業界動向

    ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカー…
PAGE TOP