3Dセキュア

本人認証サービスとは?メリット・デメリットや利用方法を解説

クレジットカードを利用して、インターネットショッピングを楽しむ方が増えています。パソコンやスマホで商品を購入できるものの、クレジットカード情報を入力することで、不正にあうリスクもあります。

そこで、安全性を高めるために取り入れられているのが本人認証サービスです。今回は、本人認証サービスについて、利用メリット・デメリットや利用方法などを詳しくご紹介します。

本人認証サービスとは

本人認証サービスとは、インターネットショッピングにおける決済手続きで本人かどうか確認するためのサービスです。これまではクレジットカード情報だけで利用できましたが、本人以外でもクレジットカード情報があれば、不正ができてしまうという欠点がありました。

本人認証サービスでは、クレジットカード情報に加えて、カード会社で事前に登録した認証パスワードを必要とします。基本的には、本人しかパスワードを知り得ないので、クレジットカードを紛失したり、クレジットカード情報を盗まれたりしたとしても、本人以外では認証が失敗し、不正利用を未然に防ぐことが可能です。

本人認証サービスは、カードブランド各社で提供しています。カードブランドが本人認証サービスに対応していないと利用できないので、下記の表で主な本人認証サービスを確認しておきましょう。

カードブランド 名称
VISA Visa Secure
MasterCard Secure Code
JCB J/Secure
American Express American Express SafeKey
Diners Club International ProtectBuy
セディナカード 本人認証サービス
MUFGカード 本人認証サービス
イオンカード オンライン決済セキュリティサービス
dカード インターネットショッピング本人認証サービス
セゾンカード 本人認証サービス

本人認証サービスの利用メリット

本人認証サービスは、クレジットカード情報に加えて、本人確認を行うことで、ユーザーの安全性を高めることができます。ユーザー目線のメリットに目が向きがちですが、事業者側にもメリットがありますよ。本人認証サービスのメリットを3つご紹介していきます。

クレジットカードの不正を未然に防ぐ

本人認証サービスに対応していない場合、クレジットカード情報だけでショッピングができるので、ユーザーの手間は少ないものの、第三者に利用されるリスクがあります。クレジットカードの不正利用被害は年々増加しており、誰にでも被害にあう可能性があるでしょう。

本人認証サービスに対応していれば、本人自ら発行したパスワードが必要になるので、第三者が不正にインターネットショッピングをすることはできません。クレジットカードの不正を未然に防ぐことで、安全性の高いショップであることもアピールできるでしょう。

パーソナルメッセージでオンラインショッピングがより安心に

カード会社によっては、本人認証サービスのパスワードのほかにも認証情報を必要とし、セキュリティを強化しているサービスもあります。そのひとつがパーソナルメッセージの入力です。

パスワードは英数字の組み合わせなので、特定される可能性がないとは言えません。パーソナルメッセージは本人にしかわからない情報であり、安全性がより高くなります。

決済手続き時にSMSワンタイムパスワードを発行するサービスなどもありますよ。ワンタイムパスワードとは、認証時にだけ発行されるパスワードなので、普段管理する必要がなく、流出する心配がありません。本人認証サービスのパスワードは忘れないように管理したり、特定されにくいパスワードを設定したりする必要があるので、ワンタイムパスワードは利便性とセキュリティ性で優れています。

チャージバックリスクに対策できる

クレジットカードの不正が起きると、クレジットカード会社は売上を取り消し、利用者に返金するチャージバックが行われます。利用者は不正被害を解決できますが、事業者は売上と品物を失い、経営にダメージを受けてしまいます。

本人認証サービスがあると、不正利用が行われる前に防ぐことができます。ユーザーを被害から守りつつも、事業者自身も損失を出さないことが可能です。

本人認証サービスで気を付けたいデメリット

本人認証サービスを利用すれば絶対に安心というわけではありません。認証を挟むことで、ユーザーの手間が増えることもあるでしょう。メリットだけでなく、デメリットもしっかり理解することが大切です。

購入フローが増えサイトを離脱する可能性がある

本人認証サービスを導入すると、ECショップでのクレジットカード情報の入力に加えて、カード会社画面での認証が増えます。

ユーザーにとっては、手間になるので、すぐに利用したいという方にとっては面倒になり、購入段階で離脱してしまう方もいるでしょう。一部ユーザーが離れる可能性には理解が必要です。

本人認証サービスの認証情報を狙った詐欺が横行している

本人認証サービスでは、専用のパスワードを使用しますが、そのパスワードを狙った詐欺が増えています。クレジットカードの認証に問題があると謳ったメールが届き、認証パスワードを入力させる手口が主流です。

本人しかわからないものが流出してしまうと、不正利用が行われてしまいます。不正利用を引き起こさないためには、ユーザーのパスワード管理が必要になります。

本人認証サービスを利用する方法

本人認証サービスは、誰がどのお店を利用しても自動で作動するものではありません。ユーザー側の手続きやショップ側の対応によって、本人認証サービスが有効になります。

本人認証サービスを利用するためには、ユーザーが本人認証サービスに対応したクレジットカードを持っていることが条件です。対応したカードの会社で本人認証サービスのパスワードなどを発行することで、利用できるようになります。

EC事業者側も本人認証サービスを導入していることが必要です。ユーザーと事業者が対応した場合に、決済手続きに本人認証が加わり、第三者に不正利用されるリスクを軽減することができます。

まとめ

3Dセキュアとも呼ばれる本人認証サービスは、クレジットカード情報の照合に加えて、本人認証を行うことで、インターネットショッピングの安全性を高めることができます。クレジットカードの不正利用を防ぐことで、ユーザーの安全性確保と企業に対するチャージバックのリスク対策を実現しました。

ただ、手続きが増えることによるカゴ落ちや本人認証パスワードを狙った手口などには注意が必要です。本人認証サービスについてよく理解した上で、ECショップへの導入を検討してみましょう。

 

3Dセキュア導入についてはこちらの記事もご参照ください。

ピックアップ記事

  1. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  4. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  5. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

関連記事

  1. 3Dセキュア

    3Dセキュアに対応しているおすすめカードブランド。3Dセキュアの役割や利用上の注意も要チェック

    インターネットショッピングでクレジットカードを利用する際に、安全性…

  2. 3Dセキュア

    3Dセキュア導入のメリットとデメリット。クレジットカード決済を利用する場合は自社にあった不正利用対策…

    加盟店(事業者)としてクレジットカード決済を導入する場合は、不正利用の…

  3. 3Dセキュア

    3Dセキュアを利用する必要性とは?合わせて導入したいセキュリティもご紹介

    安全にインターネットショッピングを楽しむために、多くのカードブラン…

  4. 3Dセキュア

    3Dセキュアの仕組みを理解しよう。3Dセキュア2.0の仕組み・効果も解説

    3Dセキュアは、本人認証サービスとも呼ばれ、インターネットショッピ…

  5. 3Dセキュア

    3Dセキュアとは?メリットや利用方法を解説

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済は多…

  6. 3Dセキュア

    キャッシュレス決済の安全性を高める3Dセキュア

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済はイ…

おすすめ記事

  1. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  2. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  3. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  4. 受取拒否にならないようにするには
  5. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の現状と原因、被害事例を解説。個人と企業がとるべき対策とは
  2. 不正検知・ノウハウ

    チャージバック保険とは?保証の仕組みと不正利用対策としての効果について
  3. 不正検知・ノウハウ

    不正検知ソリューションとは何か?不正使用を防ぐために必要な対策
  4. 3Dセキュア

    キャッシュレス決済の安全性を高める3Dセキュア
  5. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年10月クレジットカードの利用状況について
PAGE TOP