ニュース・業界動向

インバウンド需要に応えるスマホによるQR/バーコード決済の連携やサービス充実について

増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業が開始されたこともあり、スマホによるQR/バーコード決済(以下:コード決済)の利用者は増加傾向にあります。

また、訪日外国旅行者(インバウンド)の増加に伴いサービスが充実してきています。

インバウンド需要に応えるコード決済の連携やサービスの充実

経済産業省が2018年に策定したキャッシュレス・ビジョンによると、海外のキャッシュレス化は概ね国内よりも進んでおり、特に中国やインドではスマホによるコード決済が浸透しています。
参考:キャッシュレス・ビジョン(平成30年4月)|経済産業省

中国ではアリババの「支付宝(Alipay)」や、チャットサービス「微信(WeChat)」を運営するテンセントの「微信支付(WeChat Pay)」などが主流で、ユーザー数はAlipayが10億人、WeChat Payが8億人ともいわれています。

クレジット・デビット決済や非接触型(NFC)の決済が主に使われている国々でも、今後コード決済の浸透が進むと見られており、国内のコード決済サービス提供企業では訪日外国人(インバウンド)への対応を見越した動きが加速しています。ここでは、大手2社の状況を紹介します。

PayPay

2018年のサービス開始後まもなくAlipayと連携を行い、2019年7月には韓国のKakao Corp.が提供する「KakaoPay」などとも連携すると発表しました。

LINE Pay

2019年6月に韓国の検索サイト大手NAVERが提供する「NAVER Pay」と、続いて8月にはWeChat Payとの連携を発表しました。

 

さらに海外企業から国内へのアプローチもあり、中でも東南アジアを中心にしたモバイル決済連合である「VIA」が存在感を強めています。
VIAは、アジア、オーストラリア、アフリカに7億人近いモバイルユーザーを抱えるシンガポールの通信大手シングテル テレコミュニケーションズ リミテッドを中心に結成されました。東南アジア各国の決済サービスとの連携が予定されており、汎用性の高さが特徴です。

日本では、増加傾向にある東南アジア旅客への決済需要に対応して羽田空港の土産物店・ブランド店などで2019年7月から導入されましたが、その他の空港や観光地にも利用範囲が広がっていく見込みです。

インバウンド需要に応える形でコード決済の導入や各社の連携が進むことで、利便性が高まり、さらに利用者が増えていくというサイクルが定着していきそうです。

ピックアップ記事

  1. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
  2. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  3. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリットを解説!
  4. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  5. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    【注意】iPhoneに表示される不審なカレンダー通知への対策

    新型iPhoneの発表など新製品の明るい話題が世間を賑わせていますが、…

  2. ニュース・業界動向

    チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上

    2019年11月28日、東京都北区に住む東京都の千代田都税事務所の職員…

  3. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジット…

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年7月クレジットカードの利用状況について
  2. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#002 …
  3. 不正検知・ノウハウ

    機械学習でクレジットカードの不正検知は可能か?現状や効果を解説
  4. チャージバック

    チャージバックによる企業への損害は経営へのダメージ大。クレジットカードの不正利用…
  5. 不正検知・ノウハウ

    通信サービス料金と合算で支払いができるキャリア決済。契約者が利用するメリット・デ…
PAGE TOP