ニュース・業界動向

キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

2019年10月の消費税率引上げに伴い、さらに注目されているキャッシュレス決済。

この記事では

  • そもそもキャッシュレス決済とはどういったものなのか
  • キャッシュレス化が進むことでどんな変化があるのか

を解説します。

またキャッシュレス利用によるポイント還元についてもまとめていますので、ぜひご一読ください。

キャッシュレスとは

経済産業省の公式サイトによると、キャッシュレスとは「物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」を指す言葉です。

参考:キャッシュレス|経済産業省

キャッシュレスは支払いのタイミング毎に以下の3種類に分類できます。

種類 具体例
前払い 電子マネー・プリペイド
即時払い デビットカード
後払い クレジットカード

また、近頃では

といったQRコード型も登場し、話題になっています。

QRコード型の場合はクレジットカードを登録したりチャージを行ったりなど、サービス毎に支払いのタイミングが異なります。

また、経済産業省は消費者の利便性向上・事業者の生産性向上・外国人旅行客の購買機会獲得という3つの目的から「キャッシュレス・ビジョン」を2018年に策定。

その中で他国と比較した日本のキャッシュレス決済比率が、2015年の時点で以下のように発表されました。

  • 日本・・・18.4%
  • 韓国・・・89.1%
  • 中国・・・60.0%
  • アメリカ・・・45.0%

この数値を見ると、日本のキャッシュレス比率はまだまだ増加の余地があると言えます。

さらに経済産業省はキャッシュレス・ビジョンの中で「大阪・関西万博(2025年)にむけてキャッシュレス比率を40%、将来的には80%まで高める」と発表しました。

キャッシュレス化が進むことで起こる消費者の変化

経済産業省はキャッシュレス化が推進された場合、生活の利便性が向上すると発表しています。

具体的には

  • 家計管理が簡単になる
  • 大量に現金を持ち歩く必要がなくなる
  • ポイント還元やキャンペーン割引を受けられる

といった変化が予想されています。

またキャッシュレスといってもその決済方法は多岐にわたるため、自分にあったものを選ぶ必要があります。

逆に言えば、

  • 高額決済であればセキュリティが確保されたサインや暗証方式
  • 低額決済であればサイン不要のタッチ式

など、消費者が自分の意思で複数の決済方法から用途毎に選択できるようになるのです。

キャッシュレス化が進むことで起こる事業者の変化

では事業者の変化はどういったものがあるのでしょうか。

決済事業者、実店舗・EC運営事業者の場合は、生産性向上につながるとされています。

具体的には、

  • レジ締めや現金取り扱いの時間の短縮
  • データ化された購買情報を活用したマーケティング
  • キャッシュレス決済に慣れた外国人観光客の需要の取り込み
  • 決済を簡易化することで消費者の購買意欲を促進

といった変化が予想されています。

こういった利点がある反面、新しい決済方法を導入することでセキュリティ対策を強化する必要も生まれます。

事業者としては決済の安全性を確保しつつ、生産性の向上を追求したいところです。

不正対策に関してはこちらの記事をぜひ併せてご覧ください。

2019年10月の消費税率引上げに伴いキャッシュレス利用によるポイント還元を実施

また、2019年10月の消費税率引上げに伴い、ポイント還元が注目されています。

ポイント還元は需要平準化対策として、中小・小規模事業者との取引でキャッシュレス決済を利用すると、最大で税込価格の5%分の現金に相当するポイントが付与される仕組みです。

期間は2019年10月~2020年6月までの9ヶ月間です。

対象となるのはクレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど「電子的に繰り返し利用できる決済手段」とされています。

ポイント還元に対応している店舗はスマートフォンの地図アプリや事業者のホームページ、店頭のポスターなどで確認可能です。

(経済産業省に申請して、審査を通過し登録された店舗が対応可能となります)

こういった取り組みもあり、キャッシュレス化は今後も広がっていくことが予想されます。

参考:キャッシュレス・ポイント還元事業|経済産業省

補足ですが、消費税率増税に関してはこちらの記事をご覧ください。

ピックアップ記事

  1. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  2. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  3. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  4. 旅行事業者・旅行者が知っておくべき「不正トラベル対策」
  5. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?

関連記事

  1. 不正アクセス

    SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説

    2020年9月に発生したSBI証券での不正アクセスの被害。この…

  2. ニュース・業界動向

    スパム攻撃対策「リキャプチャ(reCAPTCHA)」とは。メリット・デメリットをご紹介

    「reCAPTCHA(リキャプチャ)」とは、無料で導入できるスパム攻撃…

  3. ニュース・業界動向

    オリンピックに採用される顔認証システムのこれから

    2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、顔認…

  4. ニュース・業界動向

    「ドコモ口座」不正利用にみる問題点と対策について

    2020年8月、NTTドコモの「ドコモ口座」を経由し地方銀行に口座を保…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  2. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  5. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について
  2. ニュース・業界動向

    カード情報を不正利用しスマートフォンなど高額電化製品を購入・換金。約1億円の利益…
  3. 不正検知・ノウハウ

    転売問題の現状は?様々な転売対策を事例と共に解説
  4. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の現状と原因、被害事例を解説。個人と企業がとるべき対策とは
  5. 不正アクセス

    不正ログインとは?考えられる被害やリスク、手口。個人ができる対策方法について
PAGE TOP