ニュース・業界動向

インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化

2013年以降、急激に増加している日本のインバウンド。

この記事では

  • インバウンドとはどういった意味の言葉なのか
  • インバウンドが増加することで考えられる変化
  • インバウンドとキャッシュレスの関係性について
  • 他国と比較した場合の日本のキャッシュレス決済比率

などを解説します。

インバウンドの状況

インバウンド(inbound)とは「内向きに入ってくる」という意味があります。マーケティング用語としても使われますが、今回は国内旅行業界などで用いられている「訪日外国旅行者」の意味で述べていきます。

ちなみにインバウンドの対になる言葉はアウトバウンド(outbound)で、海外への旅行者を指しています。

日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization)の訪日外客統計によると、2018年のインバウンド数は3119万人でした。

インバウンド数は様々な要因で増減しますが、「東京オリンピック・パラリンピック」開催を控え、政府は「2020年に訪日外客(インバウンド)数4,000万人を目指す」と発表しています。

参考:インバウンドの動向|日本政府観光局(JNTO)

インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス

インバウンドが増加することで国内消費額が増加し、地域経済が活性化するといった変化が見込まれます。

特に、慣れない他国(日本)で現金を持ち歩かずに済み、スムーズに決済を行える利便性から、キャッシュレスの需要も増加するでしょう。

経済産業省の公式サイトによると、「キャッシュレスとは物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」のことを指します。

具体的にはクレジットカード払いやデビットカード決済、QRコード決済などが挙げられます。

参考:キャッシュレス|経済産業省

日本のキャッシュレス決済比率

経済産業省が2018年に策定したキャッシュレス・ビジョンによると、日本のキャッシュレス決済比率は2015年の時点で18.4%です。

他国のデータは以下の通りなので、比較してみるとまだまだ増加の余地があると言えます。

  • 韓国・・・89.1%
  • 中国・・・60.0%
  • アメリカ・・・45.0%

またキャッシュレス・ビジョンの中で「大阪・関西万博(2025年)にむけてキャッシュレス比率を40%、将来的には80%まで高める」という経済産業省の方針も発表しています。

参考:キャッシュレス・ビジョン(平成30年4月)|経済産業省

現金(紙幣・硬貨)要らずの暮らしが当たり前になる日が近いかもしれませんね。

またキャッシュレスに関する情報はこちらの記事でも解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ピックアップ記事

  1. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  2. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する」仕組み…
  3. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  4. 受取拒否にならないようにするには
  5. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジット…

  2. ニュース・業界動向

    クレジットカードの不正利用防止対策とIC化の取組み状況と具体内容について

    一般社団法人日本クレジット協会は、クレジットカードのIC化率を「202…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. データ&レポート

    番号盗用だけで年間200億円超えも。クレジットカード不正利用被害の2019年4半…
  2. ニュース・業界動向

    任天堂から注意喚起。ニンテンドーアカウントへの不正ログイン・クレジットカードの不…
  3. ニュース・業界動向

    日本クレジット協会が発表した令和元年9月クレジットカードの利用状況について
  4. セキュリティ用語

    クリプトジャッキングとは?広まった背景や手口について紹介
  5. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
PAGE TOP