ニュース・業界動向

インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化

2013年以降、急激に増加している日本のインバウンド。

この記事では

  • インバウンドとはどういった意味の言葉なのか
  • インバウンドが増加することで考えられる変化
  • インバウンドとキャッシュレスの関係性について
  • 他国と比較した場合の日本のキャッシュレス決済比率

などを解説します。

インバウンドの状況

インバウンド(inbound)とは「内向きに入ってくる」という意味があります。マーケティング用語としても使われますが、今回は国内旅行業界などで用いられている「訪日外国旅行者」の意味で述べていきます。

ちなみにインバウンドの対になる言葉はアウトバウンド(outbound)で、海外への旅行者を指しています。

日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization)の訪日外客統計によると、2018年のインバウンド数は3119万人でした。

インバウンド数は様々な要因で増減しますが、「東京オリンピック・パラリンピック」開催を控え、政府は「2020年に訪日外客(インバウンド)数4,000万人を目指す」と発表しています。

参考:インバウンドの動向|日本政府観光局(JNTO)

インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス

インバウンドが増加することで国内消費額が増加し、地域経済が活性化するといった変化が見込まれます。

特に、慣れない他国(日本)で現金を持ち歩かずに済み、スムーズに決済を行える利便性から、キャッシュレスの需要も増加するでしょう。

経済産業省の公式サイトによると、「キャッシュレスとは物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」のことを指します。

具体的にはクレジットカード払いやデビットカード決済、QRコード決済などが挙げられます。

参考:キャッシュレス|経済産業省

日本のキャッシュレス決済比率

経済産業省が2018年に策定したキャッシュレス・ビジョンによると、日本のキャッシュレス決済比率は2015年の時点で18.4%です。

他国のデータは以下の通りなので、比較してみるとまだまだ増加の余地があると言えます。

  • 韓国・・・89.1%
  • 中国・・・60.0%
  • アメリカ・・・45.0%

またキャッシュレス・ビジョンの中で「大阪・関西万博(2025年)にむけてキャッシュレス比率を40%、将来的には80%まで高める」という経済産業省の方針も発表しています。

参考:キャッシュレス・ビジョン(平成30年4月)|経済産業省

現金(紙幣・硬貨)要らずの暮らしが当たり前になる日が近いかもしれませんね。

またキャッシュレスに関する情報はこちらの記事でも解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

ピックアップ記事

  1. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  2. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  3. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  4. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?

関連記事

  1. 不正アクセス

    SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説

    2020年9月に発生したSBI証券での不正アクセスの被害。この…

  2. ニュース・業界動向

    【注意】iPhoneに表示される不審なカレンダー通知への対策

    新型iPhoneの発表など新製品の明るい話題が世間を賑わせていますが、…

  3. 不正検知・ノウハウ

    【QR決済の動向】QRコード決済は今後も増加が見込める形に

    日本政府はコード決済を含むキャッシュレス決済を推進しています。…

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について
  2. 不正検知・ノウハウ

    転売問題の現状は?様々な転売対策を事例と共に解説
  3. チャージバック

    クレジットカード決済とチャージバックの関係性
  4. 不正検知・ノウハウ

    AIが不正検知にも進出?メリットや注意点、ソリューション事例をご紹介
  5. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#001 …
PAGE TOP