ニュース・業界動向

自作プログラムでIDを大量に不正取得。ヤフーポイント約9300万円相当の被害、詐取容疑で札幌の親子を逮捕

2019年10月24日、埼玉県警は電子計算機使用詐欺の疑いで札幌市豊平区に住む男性と同居の母親を逮捕しました。

容疑者らは自作プログラムを使用し、ヤフーが運営するオンラインサービスの会員IDを虚偽の氏名や住所で取得。

ネットショッピングに利用できる約9300万円相当のポイントを騙しとったとみて捜査されています。

 

逮捕容疑は昨年3月に取得した埼玉県在住とするIDのもの。

容疑者らが虚偽の名義で得たIDは95件。新規登録の会員にポイントが付与されるキャンペーンを悪用し、同4月に計約14万4千円分のポイントを詐取した疑いがあります。

換金・商品購入可能なポイントを付与する際には不正対策を

ポイントサイトを運営していたり、ECサイトの会員登録で商品購入可能なポイントを付与していたりする場合には、こうした被害に遭う可能性があります。

今回は巧妙な自動化プログラム(bot)による不正会員登録でしたが、これ以外にも、流出した会員情報を使ったなりすまし(不正ログイン)など、様々なリスクがあります。

自社内での対策が難しいようでしたら、不正ログイン対策などに特化したソリューションもありますので検討してみるのも良いかもしれません。

\10万円でトライアルも受付中!/
トライアルのお申込はこちら

ピックアップ記事

  1. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  2. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  3. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリットを解説!
  4. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  5. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策

関連記事

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    EC受注の拡大と安全性に関する講演レポート「かっこ株式会社」
  2. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード・セキュリティガイドライン(実行計画の後継文書)について解説
  3. 不正検知・ノウハウ

    不正検知ソリューションの種類とそれぞれの特徴
  4. セキュリティ用語

    フォームジャッキングとは?手口や事例、対策方法について解説
  5. チャージバック

    チャージバック保険で損失を最小限に。導入したい不正利用対策もご紹介
PAGE TOP