ニュース・業界動向

自作プログラムでIDを大量に不正取得。ヤフーポイント約9300万円相当の被害、詐取容疑で札幌の親子を逮捕

2019年10月24日、埼玉県警は電子計算機使用詐欺の疑いで札幌市豊平区に住む男性と同居の母親を逮捕しました。

容疑者らは自作プログラムを使用し、ヤフーが運営するオンラインサービスの会員IDを虚偽の氏名や住所で取得。

ネットショッピングに利用できる約9300万円相当のポイントを騙しとったとみて捜査されています。

 

逮捕容疑は昨年3月に取得した埼玉県在住とするIDのもの。

容疑者らが虚偽の名義で得たIDは95件。新規登録の会員にポイントが付与されるキャンペーンを悪用し、同4月に計約14万4千円分のポイントを詐取した疑いがあります。

換金・商品購入可能なポイントを付与する際には不正対策を

ポイントサイトを運営していたり、ECサイトの会員登録で商品購入可能なポイントを付与していたりする場合には、こうした被害に遭う可能性があります。

今回は巧妙な自動化プログラム(bot)による不正会員登録でしたが、これ以外にも、流出した会員情報を使ったなりすまし(不正ログイン)など、様々なリスクがあります。

自社内での対策が難しいようでしたら、不正ログイン対策などに特化したソリューションもありますので検討してみるのも良いかもしれません。

[PR]
不正ログイン検知ソリューション

ピックアップ記事

  1. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  2. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する」仕組み…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  5. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019…

  2. 不正検知・ノウハウ

    【QR決済の動向】QRコード決済は今後も増加が見込める形に

    日本政府はコード決済を含むキャッシュレス決済を推進しています。…

  3. ニュース・業界動向

    キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

    2019年10月の消費税率引上げに伴い、さらに注目されているキャッシュ…

  4. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジット…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. 不正検知・ノウハウ

    後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  2. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年7月クレジットカードの利用状況について
  3. データ&レポート

    【最新】クレジットカードの不正利用の発生状況とその被害額
  4. ニュース・業界動向

    ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカー…
  5. 不正検知・ノウハウ

    令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」の内容とは
PAGE TOP