ニュース・業界動向

自作プログラムでIDを大量に不正取得。ヤフーポイント約9300万円相当の被害、詐取容疑で札幌の親子を逮捕

2019年10月24日、埼玉県警は電子計算機使用詐欺の疑いで札幌市豊平区に住む男性と同居の母親を逮捕しました。

容疑者らは自作プログラムを使用し、ヤフーが運営するオンラインサービスの会員IDを虚偽の氏名や住所で取得。

ネットショッピングに利用できる約9300万円相当のポイントを騙しとったとみて捜査されています。

 

逮捕容疑は昨年3月に取得した埼玉県在住とするIDのもの。

容疑者らが虚偽の名義で得たIDは95件。新規登録の会員にポイントが付与されるキャンペーンを悪用し、同4月に計約14万4千円分のポイントを詐取した疑いがあります。

換金・商品購入可能なポイントを付与する際には不正対策を

ポイントサイトを運営していたり、ECサイトの会員登録で商品購入可能なポイントを付与していたりする場合には、こうした被害に遭う可能性があります。

今回は巧妙な自動化プログラム(bot)による不正会員登録でしたが、これ以外にも、流出した会員情報を使ったなりすまし(不正ログイン)など、様々なリスクがあります。

自社内での対策が難しいようでしたら、不正ログイン対策などに特化したソリューションもありますので検討してみるのも良いかもしれません。

\10万円でトライアルも受付中!/
トライアルのお申込はこちら

ピックアップ記事

  1. 旅行事業者・旅行者が知っておくべき「不正トラベル対策」
  2. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について
  3. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  4. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
  5. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、…

  2. ニュース・業界動向

    インバウンド需要に応えるスマホによるQR/バーコード決済の連携やサービス充実について

    増税に伴うキャッシュレス・消費者還元事業が開始されたこともあり、スマホ…

  3. ニュース・業界動向

    GoToトラベルの地域共通クーポン(電子版)を狙った不正取得被害が続出

    政府が行っている観光支援策「GoToトラベル」事業。現在、その一環…

  4. ニュース・業界動向

    【任天堂】ニンテンドーアカウントへの不正ログイン・クレジットカードの不正利用が発生

    2020年4月、任天堂は「ニンテンドーアカウントに不正にログインされ、…

おすすめ記事

  1. 不正検知サービスは無料で利用できる?価格を抑えて導入する方法…
  2. 不正アクセスの件数は実際どのくらい?総務省のデータを元に徹底…
  3. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  4. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  5. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. チャージバック

    ECショップ運営にはチャージバック対策が必要。
  2. セキュリティ用語

    サイバー保険とは何か?必要性やメリットについて
  3. Cybersecurity Concept with Virtual Padlock on Abstract Background

    不正検知・ノウハウ

    二要素認証の導入費用の相場は?費用に影響のある3つの要素も解説!
  4. ニュース・業界動向

    サービスの優位性や新規性、革新性を評価。第15回 JNB 新規事業国内フォーラム…
  5. Secure data processing concept with motherboard and virtual processor.

    3Dセキュア

    3Dセキュア2.0(EMV 3Dセキュア)とは?1.0との違いや目玉機能「リスク…
PAGE TOP