ニュース・業界動向

アイドルグループ「嵐」の電子チケットを最大15倍の値段で転売容疑、チケット不正転売禁止法で初の立件へ

大阪府警は2019年10月24日に札幌市白石区の女性をチケット不正転売禁止法違反などの疑いで書類送検し、発表しました。

サイバー犯罪対策課によると、容疑者はアイドルグループ「嵐」のコンサートや公演の電子チケット(5,000円と9,000円の2種類)計4人分を、SNSを通じて申し込みを受けた女性3人に対して約8倍~15倍の値段で6月~9月にわたり転売をした疑いがあるとのことです。

最も高値の取引は9,000円のチケットを133,000円で販売するもの。容疑者は容疑を認めているそうです。

同課の発表によると、容疑者は今までも SNSで第三者から購入したチケットを、再度SNSを通じて出会った購入希望者に転売すること繰り返していたそう。

大阪府警は携帯電話の解析などから、容疑者が2019年1月~9月までの間で嵐のコンサートなど10公演17人分のチケットを転売することで、合計905,000円を得ていたとみています。

府警によると、2019年6月に施行されたチケット不正転売禁止法での立件は全国で初めてのものとのことです。
チケット不正転売禁止法は、購入者の名前・連絡先を確認した上で販売されたチケットを主催者の許可を得ずに定価以上の価格で転売・購入することを禁じており、違反した場合は1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方が科されます。

チケット不正転売禁止法についてはこちら

ピックアップ記事

  1. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知システム。仕組みやメリッ…
  2. 受取拒否にならないようにするには
  3. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 
  4. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  5. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

    2019年10月の消費税率引上げに伴い、さらに注目されているキャッシュ…

  2. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019…

  3. ニュース・業界動向

    チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上

    2019年11月28日、東京都北区に住む東京都の千代田都税事務所の職員…

  4. 不正検知・ノウハウ

    【QR決済の動向】QRコード決済は今後も増加が見込める形に

    日本政府はコード決済を含むキャッシュレス決済を推進しています。…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知シス…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. 不正検知・ノウハウ

    3Dセキュアの普及率と、効果が見込めるクレジットカード決済の不正利用対策について…
  2. セキュリティ用語

    クレジットカードのセキュリティコードはなぜあるの?変更や間違えた場合の対処方法も…
  3. 不正検知・ノウハウ

    通信サービス料金と合算で支払いができるキャリア決済。消費者が利用するメリット・デ…
  4. ニュース・業界動向

    インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化
  5. 不正検知・ノウハウ

    受取拒否にならないようにするには
PAGE TOP