ニュース・業界動向

チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上

2019年11月28日、東京都北区に住む東京都の千代田都税事務所の職員がチケット不正転売容疑で逮捕されました。

 

警視庁の発表によると、容疑者は7~10月にわたりプロ野球オールスター戦や宝塚歌劇団のミュージカルのチケットを転売。2万5100円相当のチケットを5万6500円で転売したとされています。

調べに対して容疑者は「出世した同期職員との給料の差を埋めたかった。株の投資に充てた」と供述しています。

容疑者は他にも日本シリーズなど特定興行入場券にあたるプロ野球のチケット16枚を出品していました。

 

また本件には当たりませんが、容疑者は2012年3月以降1679回にわたって3216枚のプロ野球やコンサートのチケットを転売。約4700万円の売上を得たとみられています。

容疑者は千代田都税事務所の職員であったため、東京都からは「事実関係を確認中だが事実であれば誠に遺憾です」という発表がありました。

なお、チケットの不正転売は令和元年に施行された「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」により禁止されています。
詳しくはこちらをご覧ください。

ピックアップ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  2. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  3. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  4. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    【任天堂】ニンテンドーアカウントへの不正ログイン・クレジットカードの不正利用が発生

    2020年4月、任天堂は「ニンテンドーアカウントに不正にログインされ、…

  2. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジット…

  3. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
  2. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  3. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  4. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  5. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
  2. 不正検知・ノウハウ

    チャージバック保険とは?保証の仕組みと不正利用対策としての効果について
  3. 不正検知・ノウハウ

    不正転売・悪質転売とは?
  4. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#002 …
  5. セキュリティ用語

    決済代行会社とは何か?特徴や決済方法の動向を踏まえて解説
PAGE TOP