ニュース・業界動向

インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019年)9月からインターネットバンキングに係る不正送金事犯による被害が急増している」という発表がありました。

参考:フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について(注意喚起)│ 警察庁サイバー犯罪対策プロジェクト

主な手口としてはSMS等を用いたフィッシング(Phishing)です

これはメールやショートメッセージ(SMS等)を通じ金融機関(銀行)を装ったフィッシングサイト(偽のログインページ等)へ誘導するものです。
インターネットバンキングのアカウントやパスワードの情報のみならず、ワンタイムパスワードや秘密の合言葉等を入力させる手口も増えているようです。

その他、パソコン・スマートフォンにスパイウェア(※)を感染させ、利用者が気づかないうちにIDやパスワードを入手されてしまうような手口もあります。
※スパイウェア (Spyware) :ユーザーが知らないところでパソコンなどにソフトとしてイントールされ、個人情報などを盗み出し、情報収集者である特定の企業・団体・個人等に自動的に送信するソフトウェアを指す。

この現状に対する対策方法は

  • 心当たりのないSMSやメールは開かないこと
  • 金融機関のウェブサイトへのアクセスは事前にブックマーク登録したURLを使用すること
  • 表示されたウェブサイトのURLを確認すること
  • パソコンのセキュリティ対策ソフトを最新版にすること

等が挙げられますが、これだけでは見抜けないような巧妙なフィッシングもあります。

何か不安な出来事があった場合は直接、金融機関に問い合わせを行いましょう。その際も、正規の連絡先であることをしっかり確認してください(キャッシュカード受領時の書類に記載されている問い合わせ先など)。

ピックアップ記事

  1. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する」仕組み…
  2. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  3. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  4. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  5. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」を発表

    日本におけるIT国家戦略を技術と人材の両面から支えるために設立された、…

  2. ニュース・業界動向

    インバウンドの増加に伴い需要が高まるキャッシュレス化

    2013年以降、急激に増加している日本のインバウンド。この記事…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. ニュース・業界動向

    日本クレジット協会が発表した令和2年1月クレジットカードの利用状況について
  2. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」…
  3. ニュース・業界動向

    チケット不正転売容疑で都職員を逮捕。3200枚の不正転売により5000万円の売上…
  4. セキュリティ用語

    増加するオンラインスキミングとは?その手口と被害をまとめました
  5. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
PAGE TOP