不正検知・ノウハウ

チャージバック保険とは?保証の仕組みと不正利用対策としての効果について

ECなどの非対面取引でチャージバックが発生した場合、本人確認(*)が行われていない取引では基本的にEC事業者などの加盟店がその売上を負担します。
*3Dセキュアなどの本人認証を指します。オーソリ(信用照会)やセキュリティコード確認は本人確認にはなりません。

その際の負担を軽減するために、チャージバック保険への加入も選択肢となります。

この記事では主にEC事業者を対象にしたチャージバック保険の仕組みと、そのメリットやデメリットをご紹介し、あわせて不正利用を未然に防ぐ方法も記載します。

チャージバックとはクレジットカードによる不正利用から購入者を守る仕組み

まずチャージバック(異議申し立て)とは、不正利用から購入者を守るための仕組みです。

このチャージバックを利用することで、購入者は同意しない支払い(不正利用)の売上を取り消すようカード会社へ依頼できます。

カード会社が売上を取り消すと、購入者は支払う必要がなくなりますが、カード会社か加盟店(事業者)がその代金を負担しなくてはなりません。

本人認証の仕組み(3Dセキュア)で本人確認ができていればカード会社、そうでなければ加盟店の負担となります。

その他、チャージバックに関する情報はこちらの関連記事をご覧ください。

チャージバック保険とはチャージバック発生時に一定金額を保証する仕組み

チャージバック保険とは、定期的に一定の保険料を支払うことでチャージバック発生時に一定金額が保証される仕組みです。

  1. 毎月の保険料という形でコストを平準化できる
  2. チャージバック発生時の突発的な費用発生を防げる

ことがメリットと言えます。

しかし、保険を利用するには審査があり、扱う商材によっては契約できない可能性もあります。

また、チャージバックが多発する場合には保険会社等との更新時に保険料の増額を求められることや、更新自体を断られることも起こりえます。

チャージバック保険を提供しているのは、

  • モール
  • 決済代行会社
  • 保険会社

などです。

チャージバック保険を利用しようと考えた場合、まずは自社で利用しているモールまたは、決済代行会社に確認をしましょう。導入も比較的スムーズで手軽に利用できることが多いためです。

チャージバック保険は提供会社により保険適用条件などが異なるため、自社にあったものを検討するのをおすすめします。

チャージバック保険の申し込みの流れ

一般的にチャージバック保険の申し込みは

  1. 申し込み(申込書の郵送もしくはネット申し込みフォームへの入力)
  2. 加入者証や委任状が送られてくる

といった流れになります。

チャージバック発生後、保険を契約していた場合の流れ

チャージバック発生後、保険を契約していた場合には

  1. 決済代行会社から事業者の売上とチャージバック分を相殺
  2. 事業者が保険提供会社(代理店)に保険金請求
  3. 保険提供会社から事業者に保険金が支払われる(請求後1ヶ月程度)

といった流れをとるのが一般的です(モールなどは異なります)。

チャージバック保険の料金目安

チャージバック保険の保険料は月額数千円から利用できるものもありますが、保証金額や扱う商材によっても変動します。

検討の際は、自社の商材、売上や被害状況と見合うものを探しましょう。また、国外発送への対応など、自社の運営と保険適用条件が合致するかも確認しましょう。

チャージバック保険はあくまでも被害に遭ってからの保証で不正利用を防ぐ対策ではない

チャージバック保険はあくまでも被害に遭った後の保証であることを認識しておきましょう。

不正利用そのものを抑止できるわけではありません。

根本的なセキュリティ強化ができなければ不正者に狙い続けられてしまい、結果として補償上限金額を超えて不正が発生したり、次回の保険更新ができなかったりという状況に陥ることにもなりかねません。

チャージバック保険を導入していても、不正対策は欠かせないとお考えください。

不正利用を防ぐ対策としてはクレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した4つの方法を

不正利用を防止する対策として事業者ができることは、

  1. 本人認証(3Dセキュア)の利用
  2. 券面認証(セキュリティコード)の利用
  3. 属性・行動分析(不正検知システム)の利用
  4. 配送先情報の蓄積と利用

という4つがあげられます。

これは割賦販売法の改正に伴って、クレジット取引セキュリティ対策協議会が発表した「実行計画2019」に記載されているものです。

前項で本人確認の手段としてお話した3Dセキュアなどの本人認証のほか、「属性・行動分析(不正検知システム)」も挙げられています。

属性・行動分析(不正検知システム)とは、システムによる自動審査で購入者情報、端末情報、過去の注文情報など事業者が収集できる情報からリスク評価を行い、不正か否か判断する方法です。


参考:O-PLUX | 不正検知サービス | かっこ株式会社 – Cacco Inc.

不正検知システムは様々なタイプがありますが、中には4つ目の対策としてあげられている不正利用された配送先情報の蓄積や照合も兼ねているものがあるため、非常に有効な手段です。

なお、不正利用対策に関してはこちらの記事でメリットやデメリットを含めお話しています。

自社の運営にあった方法で不正利用の対策を

チャージバック保険を検討する際は、費用負担の平準化・軽減というメリット、不正利用への根本解決にはならないというデメリットを理解したうえで、不正自体を減らしていくための対策検討も進めていきましょう。

不正利用の根本的な解決策としては様々なものが挙げられますが、未然に防ぐという点で大きく期待がてきるのは不正検知システムの導入です。

例えば、当サイトを運営するかっこ株式会社の不正検知システム「O-PLUX」は、独自の不正検知技術を使い、取引の安全性を決済前に判断可能。

現在、国内・国外20,000サイト以上に導入されており、EC・通販事業の安心・ 安全な運営をサポートしています。

こういった不正検知システムを導入し、不正をいち早く見つけることができれば、チャージバックの発生から防ぐことが可能です。

こちらの不正検知システム「O-PLUX」に関しては、いつでもお問い合わせを受け付けております。ぜひお気軽にご相談ください。

ピックアップ記事

  1. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ事例も紹介
  2. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  3. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について
  4. 【2022年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額!クレカ不正の発生状…
  5. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    アドフラウド(adfraud)の具体的な手口と適切な対策方法

    広告を出稿する際は、アドフラウド対策も行いましょう。この記事ではア…

  2. 不正アクセス

    漫画でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門セミナー ~不正検知サービス編~

    不正アクセスの件数は、4年間で約11倍に増えています。しかし自社で不正…

  3. 不正検知・ノウハウ

    【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策

    外部からのサイバー攻撃に耐える準備はできていますか?年々、サイ…

  4. 不正検知・ノウハウ

    不正検知ソリューションの種類とそれぞれの特徴

    不正検知ソリューションとは、ECサイトなどで起こるフィッシングといった…

  5. 不正検知・ノウハウ

    AIが不正検知にも進出?メリットや注意点、ソリューション事例をご紹介

    様々な分野で活用されているAIは、企業や店舗の不正検知にも導入され…

今すぐできる!不正リスクの無料セルフチェックシート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル

おすすめ記事

  1. QRコード決済は危険?不正利用される原因や安全に使える電子決…
  2. 不正アクセスとは?主な原因や巧妙な手口、4つの対策例を紹介
  3. 【2022年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  4. クレジットマスターの手口や被害とは?不正利用を防ぐための対策…
  5. 転売屋対策に効果のある9つの方法を紹介!転売が引き起こすリス…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル
  1. 不正検知・ノウハウ

    金融業界における不正検知。必要性やソリューションを解説
  2. 不正アクセス

    なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について
  3. 不正アクセス

    不正アクセスの手口とは?多様化する不正アクセスの発生状況や手口と検知対策も併せて…
  4. データ&レポート

    【2022年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額!クレカ不正の発生状…
  5. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年10月クレジットカードの利用状況について
PAGE TOP