チャージバック

クレジットカード決済とチャージバックの関係性

クレジットカード決済は、現金を持たずにショッピングができる便利な決済手段です。インターネットショッピングで利用する方も多く、便利な反面、悪用や不正には注意しなければなりません。万が一不正が行われたときに発生するのがチャージバックであり、企業への損失につながります。

今回は、クレジットカード決済とチャージバックの関係性について、クレジットカード決済の普及・不正の現状やチャージバックによる企業への影響などを詳しく解説していきます。

チャージバックの詳細についてはこちらの記事をご参照ください。

クレジットカード決済の普及と不正の現状

インターネットショッピングで使われることの多いクレジットカード決済は、キャッシュレス決済のなかでも最も普及している決済手段です。

経済産業省が発表した「キャッシュレスの現状及び意義」によると、2018年時点でキャッシュレス決済の比率は24.1%まで上昇しています。そのうち約20%をクレジットカード決済が占めています。世界水準の80%を目指しているので、今後も利用者が多くなっていくでしょう。

ただクレジットカード決済の普及とともに、不正利用被害も増加しています。一般社団法人 日本クレジット協会が発表している「クレジットカード不正利用被害の発生状況」によると、平成30年の段階で約235億円の不正利用被害が出ているのが現状です。

クレジットカード番号が盗用されたり、カードそのものを盗難されたりするなど、悪質な手口でカード情報を盗み出され、不正利用されてしまいます。ECショップがセキュリティ体制に力を入れていないと、サイバー攻撃に被害にあうかもしれません。

利用者を守ることはもちろん、次で詳しく解説するチャージバックによる損失を防ぐためにも不正利用対策が不可欠えす。

参考:

経済産業省「キャッシュレスの現状及び意義」

一般社団法人 日本クレジット協会「クレジットカード不正利用被害の集計結果」

クレジットカード決済の不正によってチャージバックが起こる

クレジットカードの悪用・不正が増加しているなか、ユーザーを被害から守るためにチャージバックという仕組みがあります。ユーザーに対する被害に補償を行う反面、企業には損失が生まれてしまいます。チャージバックの仕組みや企業への影響を理解していきましょう。

事業者側はクレジットカード会社経由で消費者に返金する必要がある

チャージバックは、クレジットカードの不正利用が起きたときに発生します。利用者が不正利用に気づいた段階で、クレジットカード会社が売上の取り消しを行い、チャージバックを行う旨を加盟店に通知します。

通知を受けた加盟店は、クレジットカード会社経由で利用者に売上金額の返還を行うため、既に発生した売上が帳消しになるという仕組みです。利用者を守る仕組みであるものの、ECショップは損失を出してしまいます。

既に発送された商品は戻ってこない

クレジットカードの不正利用にともなって発送された商品は、チャージバックが行われたからといって、戻ってくることはありません。チャージバックは利用者には返金を行いますが、EC事業者に対して商品代金の補償・補填は行われないので注意が必要です。

クレジットカードの不正利用は、換金を狙って高額商品を購入される傾向があります。ブランド品や家電などを取り扱っているECショップは、大きな損失となってしまうでしょう。

クレジットカード決済の不正にともなうチャージバックを回避するためには

クレジットカード決済の不正が起こり、チャージバックが発生してしまうと、企業にとっては売上も商品も回収できない状態になります。そのため、未然にチャージバックが起きないよう対策をすることが大切です。チャージバックを回避する主な対策を5つご紹介します。

3Dセキュアを導入する

オンラインショップによっては、クレジットカード情報だけで決済することができます。利用者にとっては簡単に決済できるものの、クレジットカード情報さえあれば簡単に第三者に悪用されてしまいます。

そこで導入が進められているのが3Dセキュアです。3Dセキュアに対応したオンラインショップで決済を行う際、クレジットカード情報の入力と合わせて、3Dセキュアパスワードの認証が必要になります。

3Dセキュアのパスワードは、利用者本人が事前登録が必要なので、本人にしかわからない情報になり、第三者の不正利用を防ぐことが可能です。

3Dセキュア導入についてはこちらの記事もご参照ください

セキュリティコード認証を行う

クレジットカードには、セキュリティコードと呼ばれる3~4ケタの数字が印字されています。クレジットカードの内部に記録されておらず、クレジットカード番号とは別なので、カード所有者しかわからない数字です。

セキュリティコード認証を加えると、セキュリティコードを知らない限り、第三者は不正利用できません。3Dセキュアよりも認証が簡単なので、利用者の利便性を損なうことも少ないです。

不正検知システムを導入する

不正検知システム・サービスは、不正利用を24時間体制でモニタリングチェックできるシステムです。不正利用の傾向をデータ化することによって、取引の不正リスクを検知・分析することができます。

3Dセキュアやセキュリティコードを何らかの形で取得した不正利用者の悪用も、配送先情報や利用金額などから特定できる可能性があります。

万が一に備えてチャージバック保険に加入する

不正利用対策を行っても、完全にゼロにすることは難しいです。チャージバックが起きると損失が起きてしまいます。損失を最小限におさえるためには、チャージバック保険に加入しましょう。

チャージバック保険に加入すると、保険料を支払う代わりに、チャージバックの損失に対して保険金を受け取ることができます。不正利用対策とセットで利用するのがおすすめです。

まとめ

チャージバックは、クレジットカードの不正利用によって発生します。利用者は代金の返還を受けられますが、EC事業者は入金済み売上を返金するだけでなく、発送済商品も失ってしまうのが厄介なポイントです。

そのため、チャージバックが起きないよう、不正利用対策をする必要があります。3Dセキュアやセキュリティコード認証、不正検知システムの導入などの方法があるので、チャージバックによる損失を減らすために、導入を検討してみましょう。

ピックアップ記事

  1. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  2. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デメリットや未払い時の…
  3. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  4. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  5. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

関連記事

  1. チャージバック

    クレジットカードの悪用に伴うチャージバック。事業者への影響や対策を解説

    クレジットカード決済は、実店舗はもちろん、インターネットショッピン…

  2. チャージバック

    チャージバックとは?クレジットカードの悪用や不正利用による消費者の損害を防ぐ仕組み

    クレジットカードの不正利用から消費者を守る、「チャージバック」とい…

  3. チャージバック

    ECショップ運営にはチャージバック対策が必要。

    キャッシュレス決済が普及したことで、クレジットカードを使ってECシ…

  4. チャージバック

    チャージバックによる企業への損害は経営へのダメージ大。クレジットカードの不正利用対策が不可欠

    インターネットショッピングは、クレジットカード決済さえできれば、い…

  5. チャージバック

    チャージバック保険で損失を最小限に。導入したい不正利用対策もご紹介

    クレジットカード決済で不正が行われると、ユーザーを守るためにチャー…

  6. チャージバック

    チャージバックとは?不正利用の現状や不正を防ぐ対策を解説

    インターネットショッピングでは、クレジットカード決済を利用するのが…

おすすめ記事

  1. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  4. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  5. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    【初心者でも安心】クレジットカードの仕組みと注意点、メリットやデメリットをまとめ…
  2. 不正検知・ノウハウ

    セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  3. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の現状と原因、被害事例を解説。個人と企業がとるべき対策とは
  4. ニュース・業界動向

    IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が「情報セキュリティ10大脅威 2020」…
  5. ニュース・業界動向

    自作プログラムでIDを大量に不正取得。ヤフーポイント約9300万円相当の被害、詐…
PAGE TOP