3Dセキュア

3Dセキュアに対応しているおすすめカードブランド。3Dセキュアの役割や利用上の注意も要チェック

インターネットショッピングでクレジットカードを利用する際に、安全性を高めるサービスとして、3Dセキュアが導入されています。ただ、3Dセキュアはカードブランドによっては対応していないこともあるので注意が必要です。

今回は、3Dセキュアに対応しているおすすめカードブランドをご紹介します。3Dセキュアの役割や利用上の注意点なども合わせてチェックしてみてくださいね。

3Dセキュア導入についてはこちらの記事もご参照ください

3Dセキュアの役割

3Dセキュアによって、クレジットカード決済に本人確認をプラスすることで、セキュリティ性を高めることができます。クレジットカードの不正防止のほか、事業者の損失を減らす役割もありますよ。3Dセキュアの役割を3つ確認していきましょう。

クレジットカードのなりすましを防ぐ

従来のクレジットカード決済は、クレジットカード情報の入力だけで利用していたことが多く、第三者に狙われるリスクがありました。クレジットカード情報を盗まれてしまうと、特別セキュリティがなかったので、容易に不正利用されてしまいます。

3Dセキュアは、クレジットカード情報に加えて、3Dセキュアパスワードによる本人認証が必要なので、クレジットカード情報だけではなりすますことができません。ユーザーが安心して利用できるショップをつくることができます。

悪質なサイトを見抜ける可能性がある

クレジットカードが3Dセキュアに対応し、オンラインショップが3Dセキュアを導入していれば、決済時に3Dセキュア認証が行われます。

もし、カードが3Dセキュアに対応しているにも関わらず、3Dセキュア認証画面が表示されるはずです。3Dセキュアの有無で悪質なサイトを見抜ける可能性があります。

チャージバックによる加盟店負担を減らす

クレジットカードの不正利用は、ユーザーへの影響だけではありません。不正利用分の売上を取り消すチャージバックは、企業からクレジットカード会社経由で返金を行うため、損失を出してしまいます。品物も戻ってこないので、チャージバックを起こさないようにすることが大切です。

3Dセキュアは、第三者にによる不正を未然に防ぐことができ、チャージバックの防止にもつながります。不正利用をゼロにするのは難しいですが、損失を軽減するために効果的な対策です。

3Dセキュア機能を搭載したおすすめクレジットカードブランド

3Dセキュアを導入しているのは、すべてのカードブランドではありません。もし3Dセキュアがないカードブランドであれば、インターネットショッピングの危険性が高くなります。3Dセキュアを導入しているおすすめクレジットカードブランドを見ていきましょう。

【VISA】Visa Secure

VISAのVisa Secureでは、Visaカードで3Dセキュアサービスに登録するほか、ワンタイムパスワードを利用した認証にも対応しています。ワンタイムパスワードとは、認証時のみ発行されるパスワードで、3Dセキュアパスワードを管理する必要がなく、気軽に本人認証サービスを利用できるのがメリットです。

パスワード管理を忘れてしまってカゴ落ちすることも防げるので、事業者側にもうれしいサービスとなっています。

【JCB】J/Secure

JCBのJ/Secureは、3Dセキュアパスワードでの認証はもちろん、デバイス情報なども利用した本人認証も可能です。

パスワードだけでは不安という方でも、デバイス情報を利用することによって、より第三者のによる不正を防ぐセキュリティ性を高めることができます。

【MasterCard】SecureCode

MasterCardのSecure Codeは、MasterCardクレジットカード・デビットカードで利用できる3Dセキュアサービスです。

3Dセキュア専用のパスワード以外に、SMSワンタイムパスワードや生体認証にも対応しています。より手厚い認証によって、第三者によるクレジットカードの不正利用を高確率で防ぐことが可能です。

【AMEX】American Express SafeKey

American Express SafeKeyは、AMEXカードで利用できる本人認証サービスです。自動認証と追加認証の2つの方法で本人認証が行われます。

自動認証はAMEXカードを利用して購入手続きをするだけで認証されます。追加認証は、6ケタの認証コードが利用者に送信され、認証を行うという仕組みです。ユーザーの利便性を損なわずに自動認証を行い、必要に応じて追加認証を行うことができます。

3Dセキュア機能付きクレジットカードを利用する際の注意点

3Dセキュアを利用できるカードブランドでセキュリティ性を発揮するためには、いくつかの注意点があります。特に3Dセキュアのパスワードの取り扱いには注意が必要です。主な注意点を2つご紹介していきます。

予想されやすいパスワードは安全性が低い

3Dセキュアでは、本人しかわからないパスワードを使用するため、安全性が高いです。ただ、パスワードの質によっては特定されるリスクがあります。

特定されてしまえば、クレジットカード情報を盗用され、すぐ不正利用されてしまうので、予想されにくくセキュリティ性の高いパスワード設定が必要です。

パスワードを忘れないように管理する

3Dセキュアを利用するためには、パスワードが必要になり、パスワードを忘れてしまうと認証されず決済することができません。利用者は3Dセキュア認証ができずに、カゴ落ちしてしまうというリスクもあります。

3Dセキュアパスワードを狙ったフィッシング詐欺に注意

3Dセキュアパスワードがあれば、クレジットカード情報とセットで不正利用が可能になってしまいます。パスワードを狙ったフィッシング詐欺が出てきているので注意が必要です。

偽サイトやフィッシングメールによって、パスワード確認などを装う手口などがあります。3Dセキュアがあるからといって完全に安心できるわけではないので、悪質な詐欺には日頃から注意しなければなりません。

まとめ

3Dセキュアを導入することによって、クレジットカードのなりすましや悪質なサイトの見つけること、チャージバックのリスクを減らすことなどを実現できます。

カードブランドによって、認証パスワードのほか、パーソナルメッセージやワンタイムパスワードなどを認証に使用するなど、セキュリティ性が異なります。3Dセキュアの注意点も理解した上で、最適なカードブランドの3Dセキュアを導入・利用しましょう。

ピックアップ記事

  1. クレジットマスターの手口や被害とは?不正利用を防ぐための対策3選
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリットを解説!
  3. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5つを解説
  4. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  5. 【2022年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額!クレカ不正の発生状…

関連記事

  1. 3Dセキュア

    3Dセキュアとは?メリットや利用方法を解説

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済は多…

  2. 3Dセキュア

    3Dセキュア導入のメリットとデメリット。クレジットカード決済を利用する場合は自社にあった不正利用対策…

    加盟店(事業者)としてクレジットカード決済を導入する場合は、不正利用の…

  3. 3Dセキュア

    3Dセキュアを利用する必要性とは?合わせて導入したいセキュリティもご紹介

    安全にインターネットショッピングを楽しむために、多くのカードブラン…

  4. 3Dセキュア

    3Dセキュアとは?普及率と効果が見込める不正利用対策・不正検知を解説

    日本クレジット協会の発表によると、2019年のクレジットカード不正利用…

  5. 3Dセキュア

    キャッシュレス決済の安全性を高める3Dセキュア

    キャッシュレス決済が普及しており、なかでもクレジットカード決済はイ…

  6. 3Dセキュア

    本人認証サービスとは?メリット・デメリットや利用方法を解説

    クレジットカードを利用して、インターネットショッピングを楽しむ方が…

今すぐできる!不正リスクの無料セルフチェックシート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル

おすすめ記事

  1. 不正アクセスとは? 主な原因や巧妙な手口、4つの対策例を紹介…
  2. 【2022年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  3. クレジットマスターの手口や被害とは?不正利用を防ぐための対策…
  4. 転売屋対策に効果のある9つの方法を紹介!転売が引き起こすリス…
  5. 不正検知サービスは無料で利用できる?価格を抑えて導入する方法…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル
  1. ニュース・業界動向

    約3200回の無断キャンセルを繰り返しポイントを不正入手。1億1500万円の被害…
  2. ニュース・業界動向

    【注意】iPhoneに表示される不審なカレンダー通知への対策
  3. ニュース・業界動向

    日本クレジット協会が発表した令和元年9月クレジットカードの利用状況について
  4. 不正検知・ノウハウ

    テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  5. 不正検知・ノウハウ

    EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
PAGE TOP