第2話:転売対策ってできるの?折角のキャンペーン費用を無駄にしないために 〜特集:漫画でわかるどこよりもわかりやすいECサイトの不正注文対策〜

第2話:転売対策ってできるの?折角のキャンペーン費用を無駄にしないために

第2話:転売対策ってできるの?折角のキャンペーン費用を無駄にしないために

いかがでしたか?
新しい商材をより多くの顧客候補に届けるためのキャンペーンも、本当に届けたい人に届く事なく転売ヤーの手に、、、ただ、手口巧妙化し目視でのチェックにも限界があります。
今回のうさぎのお店で悪質転売が発覚し、本当に届けたい人に届けられなかっただけではなく、せっかくのキャンペーン費用が悪質な転売ヤーの懐を潤わせる結果となってしまいました。
また、最悪の場合買いたいけど買えないといったブランド毀損にもつながったり2次的な被害も発生してしまう可能性があります。
悪質な転売対策に関しても、実害が出る前に不正注文対策として、できる限り早めの対策をおすすめいたします。

悪質転売とは?

前提として、転売そのものは通常の商行為として認められています。
では、本コラムで指す転売は不正転売や悪質転売のことを示し、事業者の営業妨害につながったり、求めている消費者に届かなくなったりする「買い占め」や「高額の販売」ということになります。

 

全話を無料でダウンロードはこちら

ウサギとカメでわかるどこよりもわかりやすいECサイトの不正注文対策を1枚のホワイトペーパーにまとめました。

不正注文対策ウサギとカメ漫画DL資料

特集:漫画でわかるどこよりもわかりやすいECサイトの不正注文対策一覧に戻る

おすすめ記事

  1. 【2024年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  2. フィッシングサイトを検知する3つの方法!企業が受ける被害例も…
  3. 3Dセキュア2.0を導入後も不正注文対策は必要!理由とおすす…
  4. QRコード決済は危険?不正利用される原因や安全に使える電子決…
  5. 不正アクセスとは?主な4つの手口と対策、被害事例を紹介
  1. 不正検知・ノウハウ

    金融業界における不正検知。必要性やソリューションを解説
  2. 不正アクセス

    【事業者向け】フィッシングSMS(スミッシング)による不正アクセスとその対策を徹…
  3. 不正検知・ノウハウ

    【購入者向け】受取拒否のやり方や荷物の保管期間を過ぎてしまう時の対応について紹介…
  4. クレジットカードの不正利用は誰が払うの?

    不正検知・ノウハウ

    クレジットカードの不正利用はEC事業者の負担!その理由や行うべき不正対策を紹介
  5. ECCUBEとは

    EC構築・ノウハウ

    EC-CUBEとは?概要やメリット・導入するべき事業者を解説
PAGE TOP