データ&レポート

【最新】クレジットカードの不正利用の発生状況とその被害額

クレジットカードの利用増加に伴い、不正利用の発生状況と被害額も変動しています。

この記事では最新の不正利用被害額と、ECサイト事業者が取り入れたい対策についてまとめました。

クレジットカードの番号盗用などによる不正利用被害額

日本クレジット協会の発表によると、2018年のクレジットカード不正利用被害額は235.4億円、2019年は上半期だけで137億円となっています。

内訳はこちらの表の通りです。


参考:クレジットカード不正利用被害額調査│一般社団法人日本クレジット協会

項目の1つである「番号盗用被害額」とはカードそのものの盗難や偽造・変造を伴わず、クレジットカード番号などの情報だけで不正に決済された金額です。

ネット通販(EC)などで会員になりすまして行われる不正利用が典型的な例です。

参考:よくある質問FAQ│一般社団法人日本クレジット協会

このクレジットカード番号盗用による不正被害額は、2019年上半期だけで111.9億円となり、被害額全体の81.7%を占めています。

金額も伸びていますが、比率がそれ以上に伸びていることがおわかりいただけると思います。

不正の有無に関わらず対策の実施を

番号盗用による被害額は、チャージバックという手続きを経て、多くの場合EC事業者が負担することになります。
(チャージバックについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。)


現時点では被害がなくとも、何らかの対策を検討しておくのが賢明と言えそうです。

具体的な不正対策は以下の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

[PR]
不正対策に保険まで。チャージバック対策の決定版O-Plux安心パック

ピックアップ記事

  1. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  2. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  3. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  4. 受取拒否にならないようにするには
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する」仕組み…

関連記事

  1. データ&レポート

    日本クレジット協会とは

    この記事では 日本クレジット協会とは 日本クレジット協…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策(不正検知)につ…
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 不正検知システムとは?「取引データや分析結果から決済前に危険…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. ニュース・業界動向

    キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説
  2. ニュース・業界動向

    サービスの優位性や新規性、革新性を評価。第15回 JNB 新規事業国内フォーラム…
  3. セキュリティ用語

    決済代行会社とは何か?特徴や決済方法の動向を踏まえて解説
  4. セキュリティ用語

    増加するオンラインスキミングとは?その手口と被害をまとめました
  5. ニュース・業界動向

    バレンタイン・ホワイトデーなどシーズンイベントにおけるECサイト不正注文のリスク…
PAGE TOP