不正アクセス

SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説

2020年9月に発生したSBI証券での不正アクセスの被害。

この事例はどのような手口で行われたのでしょうか?
また、どうすれば防げたのでしょうか?

弊社の不正アクセス検知サービス営業の川口が動画で解説していますので是非ご覧ください。
動画以降に不正の手口も簡単にまとめていますので併せてご覧いただけると幸いです。

SBI証券で発生した不正の手口

まず、SBI証券で発生した不正の手口は、不正者が被害者のログインIDやパスワード等の個人情報を入手。それを使って不正ログインを行いました。
そして証券口座に紐づく銀行口座を、偽造のものに変更。保有する有価証券を売却し、お金を引き出す手口でした。

こういった不正の手口を防ぐ方法

この不正アクセスの被害はどのようにすれば防止できたのでしょうか?

偽造口座が作成された点に関しては銀行の対応を期待するしかありません。

パスワードの不正入手された点に関しても、自社で完全に防ぐことは難しいでしょう。
情報漏洩は重要ですが、すでに他の事業者・ECサイトで流出している可能性があるからです。

そこで、事業者としては

  • 不正ログイン(不正アクセス)対策を行う
    (不正者の行動をリアルタイムに監視し不審なアクセスは遮断する)
  • 2段階認証を導入する

などが必要になります。

この2つの対策に関してはこちらの関連記事で解説しています。

ぜひ自社で行う対策の参考にしてください。

不正ログイン検知ソリューション

ピックアップ記事

  1. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  2. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  3. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  4. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  5. キャッシュレスとは?何が変わるのかを消費者、事業者の視点から解説

関連記事

  1. ニュース・業界動向

    2020最新!ECサイトにおける2019年のクレジットカード情報流出件数は約34万件に

    EC化率の増加に伴い同時に増えているのが、ECサイトにおけるクレジット…

  2. ニュース・業界動向

    スパム攻撃対策「リキャプチャ(reCAPTCHA)」とは。メリット・デメリットをご紹介

    「reCAPTCHA(リキャプチャ)」とは、無料で導入できるスパム攻撃…

  3. ニュース・業界動向

    「ドコモ口座」不正利用にみる問題点と対策について

    2020年8月、NTTドコモの「ドコモ口座」を経由し地方銀行に口座を保…

  4. 不正アクセス

    不正アクセスへの対策を。被害内容、発生後の対応、不正アクセス禁止法について

    EC向けに国内導入サイト数No.1の不正検知システムを提供するかっこ株…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  2. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  5. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正アクセス

    SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説
  2. ニュース・業界動向

    【注意】iPhoneに表示される不審なカレンダー通知への対策
  3. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年12月クレジットカードの利用状況について
  4. 不正検知・ノウハウ

    EC受注の拡大と安全性に関する講演レポート「かっこ株式会社」
  5. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード決済の不正検知対策を行うための体制構築・オペレーションを解説
PAGE TOP