不正アクセス

SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説

2020年9月に発生したSBI証券での不正アクセスの被害。

この事例はどのような手口で行われたのでしょうか?
また、どうすれば防げたのでしょうか?

弊社の不正アクセス検知サービス営業の川口が動画で解説していますので是非ご覧ください。
動画以降に不正の手口も簡単にまとめていますので併せてご覧いただけると幸いです。

なお、不正アクセスの種類やリスク詳細はこちらの記事もぜひご覧ください。

SBI証券で発生した不正の手口

まず、SBI証券で発生した不正の手口は、不正者が被害者のログインIDやパスワード等の個人情報を入手。それを使って不正ログインを行いました。
そして証券口座に紐づく銀行口座を、偽造のものに変更。保有する有価証券を売却し、お金を引き出す手口でした。

こういった不正の手口を防ぐ方法

この不正アクセスの被害はどのようにすれば防止できたのでしょうか?

偽造口座が作成された点に関しては銀行の対応を期待するしかありません。

パスワードの不正入手された点に関しても、自社で完全に防ぐことは難しいでしょう。
情報漏洩は重要ですが、すでに他の事業者・ECサイトで流出している可能性があるからです。

そこで、事業者としては

  • 不正ログイン(不正アクセス)対策を行う
    (不正者の行動をリアルタイムに監視し不審なアクセスは遮断する)
  • 2段階認証を導入する

などが必要になります。

この2つの対策に関してはこちらの関連記事で解説しています。

ぜひ自社で行う対策の参考にしてください。

O-MOTION 仕組み紹介

自社の不正アクセス状況が分かるトライアル利用受付中!
O-MOTIONの資料DLはこちら

ピックアップ記事

  1. 【EC事業者必見】不正なチャージバックを防ぐ対策と不正対策システムの導入事例3つ…
  2. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策とは?
  3. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をするべきか
  4. 【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について
  5. 不正アクセスとは?主な4つの手口と対策、被害事例を紹介

関連記事

  1. 楽天ポイント 不正
  2. ニュース・業界動向

    約1億円の利益を出した容疑者を摘発|カード情報を不正利用し高額電化製品を購入・換金

    他者のクレジットカード情報を不正利用したとして、私電磁的記録不正作出・…

  3. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について

    警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクト公式サイトにて「令和元年(2019…

  4. 不正アクセス

    なりすましメールとは?仕組みや見分け方、7つの対策まで徹底解説

    なりすましメールとは、悪意ある第三者が企業や団体を騙り送信するメールの…

EC不正事業者セルフチェックシート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
漫画ウサギとカメでわかるどこよりもわかりやすいEC不正注文対策 無料ダウンロード

おすすめ記事

  1. チャージバックとは?原因と不正注文を防ぐ仕組み
  2. 【2024年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  3. フィッシングサイトを検知する3つの方法!企業が受ける被害例も…
  4. 3Dセキュア2.0を導入後も不正注文対策は必要!理由とおすす…
  5. QRコード決済は危険?不正利用される原因や安全に使える電子決…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル
  1. 不正検知・ノウハウ

    不正検知サービスは無料で利用できる?コストを抑えて導入する方法も解説!
  2. セキュリティ用語

    決済代行とは?仕組みや利用する6つのメリットを解説
  3. 不正検知・ノウハウ

    企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について
  4. セキュリティ用語

    増加するオンラインスキミングとは?その手口と被害をまとめました
  5. EC構築・ノウハウ

    後払いが期限切れになるとどうなる?3つのリスクや対処法を解説
PAGE TOP