セキュリティ用語

アドフラウド(adfraud)とは

「アドフラウド」という言葉はご存知ですか?
ブロガーやYouTuber、アフィリエイターなど、Webを中心とした広告を通じて収益を得る職業がメジャーになりつつある昨今、メディアでも社会的な問題として取り上げられています。
この記事ではその「アドフラウド」に関して、言葉の意味から、どのような問題があるのかまで分かりやすく解説します。

アドフラウド(adfraud)とは

アドフラウド(adfraud)とは、直訳すると広告詐欺という意味です。
Web広告業界などでは、無効なインプレッション(閲覧)やクリックで成約件数や効果を不正に水増しする行為を指します。

Googleなどの検索エンジンやWebサイト、YouTubeを見ると、近頃はあらゆるところに広告が設置されていますね。
これらの広告がクリックされたり、広告を経由して商品が購入されたりした場合、コンテンツの提供者は広告主から報酬を得ます。
細かい条件は契約内容によって異なりますが、YouTuberやブロガー、アフィリエイターなどは主にこうした広告からの収入で生計を立てています。

この広告収入の仕組みを不正に利用し、利益を増幅させるのが「アドフラウド」です。
その被害件数は増加しており、世界規模で問題視されています。

アドフラウド(adfraud)の手口・タイプ

現状、アドフラウドの手口はいくつかのタイプが報告されており、

  • プログラムを悪用するもの
  • ユーザー行動に合わせて自動リロードを引き起こすもの
  • システムの脆弱性をついたもの
  • クリックフローディング
  • デバイスファーム

などが挙げられます。

ここでいうリロードとは、1度開いたWebページを再び読み込みなおすことを指します。
同じWebページなどのコンテンツを再表示させているだけなのですが、ページを見た(=広告を表示させた)回数は「2回」になります。
このリロードを自動で行うプログラムを仕込めば、不正者は表示回数を増やせるのです。

またクリックフローディングとは、ユーザーがアクセスした広告を不正に増して報告する手口です。
どのユーザーどの広告をアクセスしたかは、端末IDで管理します。それを利用して、一つの広告にアクセスしただけにも関わらず、他の複数の広告にアクセスしたよう改ざんする手口です。

そしてデバイスファームは端末IDをリセットすることで、複数の端末からインストールがあったかのように見せかける手口です。

このようにアドフラウドの手口は多岐にわたります。

アドフラウドは世界規模で問題に

東洋経済オンラインでは、英国の調査会社ジュニパー・リサーチの推計から「2018年は、広告主全体で1日当たり5100万ドル(約54億円)がアドフラウドによって失われる見込みだ。年間総額は190億ドル(約2兆円)」と触れています。
このように大きな被害が発生していることから、アドフラウドは世界規模の問題として、対策が求められています。

参考:「広告詐欺」との戦いは善戦?それとも苦戦?│東洋経済オンライン

アドフラウドへの対策

不正な広告表示が減れば、広告のコスト効率があがり、CPA(顧客獲得単価)など広告効果指標の改善も期待できます。
そこで、広告主やプラットフォームを提供する事業者はアドフラウドへの対策を行っています。

対策として最も多いのは「広告の掲載先を選別する」というものです。
具体的には、

  • 悪質と判断した掲載場所(ブラックリスト)には広告を表示しない
  • 悪質ではないと判断した掲載場所(ホワイトリスト)だけに広告を表示する
  • 厳選した良質な掲載場所(プライベート・マーケット・プレイス)のみに広告を出稿する

といった形で広告の掲載場所を厳選します。

アドフラウドへの対策が強化されることで広告取引の健全化が

アドフラウドとは、無効なインプレッション(閲覧)やクリックで成約件数や効果を不正に水増しする行為を指します。

アドフラウドの被害は、市場規模が広がるのに伴って増え続けると想定されています。手口も多岐にわたるため、多くの広告主、プラットフォーム提供者も、アドフラウド対策を検討しています。

ユーザー獲得と並行してアドフラウドへの対策が強化されれば、業界全体で広告取引の健全化が進行。広告主も適切なプロモーションができ、ユーザーもよりよい情報をキャッチできるようになるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 不正検知システムとは?「クレジットカード等の決済前に危険性判断する」仕組みや導入…
  2. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  3. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解説!
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

関連記事

  1. セキュリティ用語

    クレジットカード業界におけるオンアス取引とオフアス取引の違いは何か?

    オンアス取引・オフアス取引とはクレジットカード業界における取引の種類を…

  2. 不正検知・ノウハウ

    改正割賦販売法の内容とは?実行計画も含めて解説

    割賦販売(かっぷはんばい)やクレジットカードでの後払いを適切に規制…

  3. セキュリティ用語

    クレジット業界におけるイシュアとは何か?役割やアクワイアラとの違いについて解説

    「イシュア」という用語はクレジット業界で用いられますが、この記事では…

  4. 不正検知・ノウハウ

    不正転売とは?不正転売に関連するトラブルや、チケット不正転売禁止法について解説

    メディアでも採り上げられ、問題視されている「不正転売」。この記…

  5. チャージバック

    チャージバックとは?クレジットカードの不正利用による消費者の損害を防ぐ仕組み

    クレジットカードの不正利用から消費者を守る、「チャージバック」とい…

  6. 不正検知・ノウハウ

    PSPとは?決済サービスプロバイダーの導入メリットと契約手順

    自社サイトに複数の決済方法を導入しようと考えたときに、選択肢として挙が…

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. ニュース・業界動向

    アイドルグループ「嵐」の電子チケットを最大15倍の値段で転売容疑、チケット不正転…
  2. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年7月クレジットカードの利用状況について
  3. 不正アクセス

    消費者向け11の不正ログイン対策と事業者の防止策
  4. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年8月クレジットカードの利用状況について
  5. ニュース・業界動向

    【注意喚起】新型コロナウイルス感染症に関する健康状態についてのアンケートを装い、…
PAGE TOP