データ&レポート

番号盗用だけで年間200億円超えも。クレジットカード不正利用被害の2019年4半期(10月〜12月)集計結果

一般社団法人日本クレジット協会が「クレジットカード不正利用被害実態調査」における2019年4半期(10月~12月)の結果を集計・発表しました。

結果は以下の通りです。

(単位:億円、%)

※調査対象は、国際ブランドカードを発行している会社を中心とした、銀行系カード会社、信販会社、流通系クレジット会社、中小小売商団体等です。
※調査票提出会社のキャッシングを含む不正利用被害額を加算合計したものです。そのため、海外発行カード分は含みません。

この表からもわかる通り、今四半期の不正利用被害額は68.8億円。前期にあたる2019年第3四半期(7月~9月)と比較すると1.2%の増加になりました。不正利用被害額に占める偽造被害額は4.5億円で前期からは2.2%の減少。番号盗用被害額は55.9億円で1.5%の増加。その他不正利用被害額は8.4億円で1.2%の増加です。また、前年同期(2018年10月~12月)の不正利用被害額は69.3億円です。そのため前年同期比は0.7%の減少となっています。

そして、この四半期の調査が完了したことで、2019年の結果も確定しました。不正利用被害額は年間で273.8億円。2017年に200億円を超えて以来、そのまま大きな被害がでていることが確認できます。今後は、より一層、不正利用被害への対策が求められます。

その他、調査の詳細は日本クレジット協会の発表をご覧ください。

参考:クレジットカード不正利用被害の集計結果について│一般社団法人日本クレジット協会

また日本クレジット協会に関してはこちらの関連記事で解説しています。

ピックアップ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリットを解説!
  3. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解説!
  4. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  5. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

関連記事

  1. データ&レポート

    不正被害額は21%増に。かっこ株式会社による調査データを公開

    通販サイトなどで不正検知を行うかっこ株式会社が約2万サイトを対象にした…

  2. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#001 〜あなたの会社も狙…

    最新のセキュリティをテーマにしたカンファレンスとして定評のある「Sec…

  3. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#002 〜あなたの会社も狙わ…

    最新のセキュリティをテーマにしたカンファレンスとして定評のある「Sec…

  4. 不正アクセス

    O-MOTION 講演レポート(Security Days 2020)#003 〜あなたの会社も狙わ…

    最新のセキュリティをテーマにしたカンファレンスとして定評のある「Sec…

おすすめ記事

  1. 二要素認証とは?二段階認証との違いや活用事例、3つの要素を解…
  2. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  3. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  4. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  5. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正アクセス

    eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリットを解説!
  2. セキュリティ用語

    サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  3. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年10月クレジットカードの利用状況について
  4. ニュース・業界動向

    【注意】iPhoneに表示される不審なカレンダー通知への対策
  5. 3Dセキュア

    3Dセキュアに対応しているおすすめカードブランド。3Dセキュアの役割や利用上の注…
PAGE TOP