ルール

  1. 不正検知・ノウハウ

    個人情報漏洩の対策として今すぐやるべきことは?現状と原因、被害事例を併せて解説

    特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査によると、2018年の漏洩人数は561万3,797人。インシデント件数は443件。一件あた…

  2. 不正検知・ノウハウ

    テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について

    2018年6月29日の参院本会議において、「働き方改革関連法」が成立。その改正骨子の1つとして「時間外労働の上限規制の導入」が挙げられました。これにより生産…

  3. 不正検知・ノウハウ

    AIが不正検知にも進出?メリットや注意点、ソリューション事例をご紹介

    様々な分野で活用されているAIは、企業や店舗の不正検知にも導入されています。クレジットカード決済の不正取引や企業の不正会計などを未然に防ぐ効果を期待できます…

  4. 不正検知・ノウハウ

    不正検知モデルとは?役割やモデルを活用したソリューションをご紹介

    電子取引が主要になったことで、インターネットを介した不正が多くなっています。不正をいち早く見つけ対応するために、不正検知ソリューションが開発され、不正検知モ…

  5. 不正検知・ノウハウ

    不正検知の仕事に転職するには?仕事内容や資格、働くメリット・デメリットをご紹介

    キャッシュレス決済やECショップでのインターネット決済はとても便利ですよね。店舗でスムーズに取引できたり、店舗に行かずショップできたりするので、顧客の利便性…

  6. 不正検知・ノウハウ

    機械学習でクレジットカードの不正検知は可能か?現状や効果を解説

    クレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済の導入が進んでいるなか、不正利用の件数も増加傾向にあります。クレジットカードの不正利用は、カードユーザーはも…

  7. セキュリティ用語

    ランサムウェアとは?起こる被害や防ぐための対策を紹介

    ランサムウェア(Ransomware)と呼ばれる、身代金要求型の悪質なソフトウェア。特に近年では、企業を狙った攻撃が増加傾向にあると言われており、大きな脅威にな…

  8. 不正検知・ノウハウ

    不正転売・悪質転売とは?

    「不正転売」「悪質転売」とはどういったものを指すのでしょうか。前提として、転売そのものは通常の商行為として認められています。この記事で指す不正転…

おすすめ記事

  1. eKYCとは?注目が集まる3つの理由や、メリット・デメリット…
  2. サイバー攻撃とは?効果的な対策・検知方法・種類を解説
  3. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  4. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
  5. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  1. 3Dセキュア

    3Dセキュアに対応しているおすすめカードブランド。3Dセキュアの役割や利用上の注…
  2. データ&レポート

    「Security Days 2021」不正アクセス対策講演レポート【かっこ株式…
  3. 不正検知・ノウハウ

    【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  4. 3Dセキュア

    3Dセキュアとは?メリットや利用方法を解説
  5. セキュリティ用語

    フォームジャッキングとは?手口や事例、対策方法について解説
PAGE TOP