不正検知・ノウハウ

代引受取拒否によりEC事業者に発生するリスクと対策

商品の受取拒否は、EC事業者にとってサイト運営で起こり得るトラブルの1つです。

後払いや銀行振込・クレジットカード決済などでも発生しますが、この記事では特に代金引換(代引)での受取拒否に絞って

  • 代引受取拒否が行われた場合に発生するリスク
  • 代引受取拒否の対応策

をまとめました。

代引受取拒否はECサイトにとって大きなリスク

代引受取拒否とは、代引決済で注文された商品を事業者が発送した後、運送会社が一定期間内に購入者に引き渡せなかったり、受取(と代金支払)を拒否されたりして、事業者に商品が戻ってしまうことを指します。

代引で受取拒否が発生した場合、事業者は様々コストが発生します。

そのため、代引受取拒否はECサイトにとって大きなリスクとなります。

この事業者の負担について次項で詳しくお話していきます。

代引受取拒否が発生した場合の事業者負担

代引受取拒否が発生した場合、

  1. 往復送料や代引き手数料の負担
  2. 請求手続きの人的・時間的コスト
  3. 廃棄処分のコスト

といった事業者負担が発生します。

まず、代引で受取拒否が起こってしまうと、事業者側で往復の送料や代引き手数料を負担しなくてはなりません。

利用規約を定めておき購入者に費用を請求することもできますが、支払ってもらえるとも限限りません。

どちらにせよ、請求手続きに必要な人的・時間的コストは負担しなくてはならないため、比較すると割に合わないことが多いものです。

さらに、食品や期間限定品など再販が難しい商品の場合、廃棄処分などが必要となり損害は増加します。

EC事業者としては、代金受取拒否の発生はできる限り防ぎたいものです。

悪意ある受取拒否も増加中

受取拒否と言っても、長期旅行で受け取れなかったなど悪気のない場合もあります(もちろん事業者としては困る話ですが)。

しかし、最初から自分の利益のために代引き決済を悪用する輩が増えていることには注意が必要です。

 

たとえばこんなケースがあります。

期間限定商品などを代引で注文しておき、並行してオークションサイトやCtoCサイトで利益を載せて出品・販売します。

そして商品が売れた場合には代金を支払い、そのまま転売。売れなかった場合には受取拒否をして、リスクなく利ざやを稼ごうとする手口です。この場合、取引が通常通り完了することもあるために事業者側で不正者という判断がしづらく、何回も同じ購入者に受取拒否をされることがあります。

代引受取拒否の対応策

こうした事態には、

  • ECサイト上での注意喚起
  • 購入者の情報確認
  • 不正注文対策に特化したサービス

といった対策がおすすめです。

まず、受取拒否をする購入者の中には、不注意などで結果的に受け取れなくなってしまうケースもあります。意図せず購入者が受取拒否をしないで済むよう、負担する費用や事業者側の対応をサイト上に明記して注意喚起しましょう。

また、購入者の情報確認も大切です。

 

受取拒否が頻発するようであれば、過去に受取拒否があった購入者のリスト化や、受取拒否が起こりやすい商品の洗い出しなどを行い、受注時の確認を徹底することをおすすめします。

もし自社では対応が難しい場合には、ECでの不正注文対策に特化したサービスもあるので、検討してみましょう。

例えば、当サイトを運営するかっこ株式会社が提供する不正検知サービス「O-PLUX」も、購入者のデータを管理し、決済前に異変を察知する仕組みとなっています。

参考:かっこ株式会社不正検知サービス「O-PLUX」

代引受取を導入する際は受取拒否のリスクも把握しよう

購入者の安心感が高いと言われる代引決済は、EC運営において欠かせない支払い方法のひとつです。

だからこそ、受取拒否発生のリスクを抑えて上手に活用していきましょう。

ピックアップ記事

  1. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  2. 【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策
  3. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5つを解説
  4. 不正アクセスを検知する「不正検知システム」とは?
  5. クレジットカードにセキュリティコード(SC)がある理由を解説

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    2016年改正、2018年施行の割賦販売法。2020年3月が対応期限で東京オリンピックなど改正の背景…

    代金の支払いを分割して支払う割賦販売(かっぷはんばい)にて、公正で健全…

  2. 不正検知・ノウハウ

    チャージバック保険とは?保証の仕組みと不正利用対策としての効果について

    ECなどの非対面取引でチャージバックが発生した場合、本人確認(*)が行…

  3. 不正検知・ノウハウ

    PSPとは?決済サービスプロバイダーの導入メリットと契約手順

    自社サイトに複数の決済方法を導入しようと考えたときに、選択肢として挙が…

  4. 不正検知・ノウハウ

    AIを活用した不正検知が広がるメリットについて

    不正検知システムは、不正の広がりや手口の巧妙化に対応すべく日々進化して…

  5. 不正検知・ノウハウ

    【保存版】企業ができるサイバー攻撃への対策

    外部からのサイバー攻撃に耐える準備はできていますか?年々、サイ…

おすすめ記事

  1. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をする…
  2. 事業者が不正なチャージバックを防ぐ対策3つ!不正注文を防いだ…
  3. 個人情報漏洩時の3つの罰則規定を詳しく解説|企業の漏洩リスク…
  4. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策…
  5. ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. データ&レポート

    日本クレジット協会が発表した令和元年11月クレジットカードの利用状況について
  2. 不正検知・ノウハウ

    AIが不正検知にも進出?メリットや注意点、ソリューション事例をご紹介
  3. データ&レポート

    日本クレジット協会とは
  4. ニュース・業界動向

    インターネットバンキングによる預金の不正送金が急増。個人ができる不正対策について…
  5. 不正検知・ノウハウ

    8%から10%への消費税増税。軽減税率・経過措置・ポイント還元などについて解説
PAGE TOP