本人認証

  1. 不正検知・ノウハウ

    不正検知サービスの市場規模は拡大傾向。推移の理由や動向を解説

    キャッシュレス決済の浸透やECショップの規模拡大などに伴い、インターネットを介した不正取引も増えています。顧客の利便性や企業の発展を実現するには、不正取引の…

  2. ニュース・業界動向

    オリンピックに採用される顔認証システムのこれから

    2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会で、顔認証システムが採用されることになりました。この記事では オリンピックでの顔…

  3. セキュリティ用語

    クレジット業界におけるイシュアとは何か?役割やアクワイアラとの違いについて解説

    「イシュア」という用語はクレジット業界で用いられますが、この記事では イシュアとは イシュアの役割 アクワイアラとイシュアの違いに…

  4. 不正検知・ノウハウ

    オンラインにおけるクレジットカードのセキュリティに関する基礎知識。カード契約者もできる不正利用の防止…

    クレジットカードの不正利用被害額は2018年の時点で約235億円で、オンラインにおける不正被害総額は2018年の時点で187.6億円にものぼります。この…

  5. セキュリティ用語

    オーソリゼーション(オーソリ)とは?利用目的や仕組みを解説

    オーソリゼーション(authorization)とは、直訳すると権限付与・許可などの意味ですが、クレジットカードでの決済においてはそのカードで決済できるかを確認…

  6. 不正検知・ノウハウ

    フォームジャッキングの被害状況や防止策。ECサイト利用が増える今、不正検知や対策を。

    ECサイトなどの注文情報入力ページにコードを仕掛け、クレジットカード情報を盗みだすフォームジャッキング。この記事ではフォームジャッキングによるカード情報の流…

  7. ニュース・業界動向

    ドイツ警察がNATO施設跡のダークウェブデータセンターを強制捜査。クレジットカード情報流出を前提にし…

    ドイツのサイバー犯罪対策国家中央事務所(LZC)とラインラント・プファルツ州警察が、ダークウェブ向けのデータセンターを強制捜査したとの報道がありました。…

  8. 不正アクセス

    なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

    窃取した情報を使用し、第三者が本人になりかわる「なりすまし」。その内容はクレジットカードの利用や個人情報の閲覧など、多岐にわたります。本記事では…

  9. 不正検知・ノウハウ

    企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について

    平成30年法律第103号として「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律(略:チケット不正転売禁止法)」が公布、令和元年6…

  10. 不正検知・ノウハウ

    不正転売・悪質転売とは?

    「不正転売」「悪質転売」とはどういったものを指すのでしょうか。前提として、転売そのものは通常の商行為として認められています。この記事で指す不正転…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  2. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  5. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
  1. 不正検知・ノウハウ

    テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  2. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは
  3. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカード・セキュリティガイドライン(実行計画の後継文書)について解説
  4. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトで不正注文が起こる原因と加盟店ができる不正対策
  5. 不正アクセス

    SBI証券で発生した不正アクセスの手口を解説
PAGE TOP