EC構築・ノウハウ

大手ECサイトAmazonの特徴は?メリット・デメリットや始め方を解説

Amazonは、ECモールのなかでも日本トップクラスの売上高・シェアを誇ります。

そのAmazonに商品を出品できるのが、Amazonマーケットプレイスです。

本記事では、

  • Amazonマーケットプレイスの特徴
  • Amazonマーケットプレイスに出品するメリット・デメリット
  • Amazonマーケットプレイスと他ECモールの違い
  • AmazonでECを始める3ステップ

などについて解説します。

「Amazonの特徴を知りたい方」や「Amazonマーケットプレイスに出品すべきか検討している方」は、ぜひ最後までご一読ください。

なお、ECサイトの特徴や種類、活用するメリット・デメリットを先に知りたい場合は、下記記事をご参照ください。

不正注文対策ウサギとカメ漫画DL資料

Amazonマーケットプレイスの特徴

Amazonマーケットプレイスとは、Amazonで商品を販売できるECプラットフォームのことです。

はじめに、Amazonマーケットプレイスにおける下記2つの特徴を解説します。

  1. 日本のEC市場でトップクラスの売上高
  2. Amazonマーケットプレイスは出品方式

特に、出店方式ではなく「出品方式」であることが大きな特徴です。

【特徴1】日本のEC市場でトップクラスの売上高

Amazonは、日本のEC市場での売上高において楽天市場とトップの座を争っています。

米Amazonの年次報告書によると、2022年の日本Amazonの売上高は243.96億ドルでした。

※参考:「米国証券取引委員会」

2022年の平均為替レートである1ドル131.49円を掛けると、日本円で「約3兆2000億円」です。

一方で、楽天の2022年度の国内EC流通総額は「約5兆6000億円」でした。

※参考:「楽天グループ株式会社」

どちらもECサイト以外の売上や流通が含まれているため、一概にどちらが日本のトップかはわかりません。

しかし、日本のEC市場において、Amazonと楽天市場が3位以下を大きく引き離していることは確かな事実です。

【特徴2】Amazonマーケットプレイスは出品方式

日本のEC市場のトップを争っているAmazonと楽天市場ですが、出店・出品の方式が大きく異なります。

「出店方式」である楽天市場は、巨大なWeb上のショッピングモールに出店するイメージです。

一方で、Amazonは出店方式ではなくAmazonマーケットプレイスに「出品」する形態です。

ECモール方式
Amazon出品方式
楽天市場出店方式

Amazonの場合、楽天市場のように出店したお店に訪問してもらって購入されるのではなく、1つの商品ページに色々なショップが出品します。

Amazonマーケットプレイスに出品する際は、ショップ登録が必要です。

「小口出品」と「大口出品」があり、1ヵ月に50点以上販売するのであれば「大口出品」で登録するのがおすすめです。

Amazonマーケットプレイスを利用する3つのメリット

Amazonマーケットプレイスを利用するメリットは、大きく次の3つです。

  1. 知名度を活かして高い集客力を期待できる
  2. 発送代行サービスにより物流の手間を軽減できる
  3. グローバルセリングで海外へも商品を販売できる

高い集客力や物流の手間の少なさ、海外販売など多くのメリットがあります。

【メリット1】知名度を活かして高い集客力を期待できる

Amazonは中国からは撤退しているものの、アメリカやヨーロッパなどの多くの国では、その国のEC市場で1位のシェアを獲得しています。

そして、日本でもAmazonの知名度とシェアはトップクラスです。

Amazonは世界最大規模のECモールであり、高い集客力を期待できます。

そのようななか、Amazon内の検索で出品している商品を上位表示させることができれば、売上アップにつながります。

下記記事では、Amazonで上位表示させる具体的な対策を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

【メリット2】発送代行サービスにより物流の手間を軽減できる

Amazonは、FBA(Fulfillment By Amazon)という発送代行サービスを提供しています。

FBAを活用すれば、自社で倉庫を借りたり物流スタッフを雇ったりする必要はありません。

Amazonの倉庫に商品を納品することで、顧客の注文後に自動で発送まで対応してくれます。

FBAの対応範囲は、下記の受発注業務すべてです。

  • 入荷
  • 商品保管
  • 注文処理
  • 検品
  • 配送
  • 返品

サイト運営者の視点に立つと、物流の手間が軽減されることでコア業務に注力できます。

【メリット3】グローバルセリングで海外へも商品を販売できる

Amazonグローバルセリングでは、欧米を中心に海外のAmazonにも商品を出品できます。

海外に需要がある日本独自の製品を扱っている事業者様や、越境ECを考えている事業者様などには、特に大きなメリットです。

不正注文対策ウサギとカメ漫画DL資料

Amazonマーケットプレイスを利用する3つのデメリット

抜群の集客力と受発注業務の手間を削減できるAmazonマーケットプレイスは、とても魅力的なECプラットフォームです。

しかし、下記のようなデメリットも存在します。

  1. 他の大手ECモールと比較して企業の特色を出せない
  2. ライバルとの価格競争になりやすい
  3. 手数料が発生する

ショップごとに差別化しにくく価格競争になりやすいことが、特に大きなデメリットです。

【デメリット1】他の大手ECモールと比較して企業の特色を出せない

Amazonは出店方式ではなく「出品方式」なので、企業の特色を出せず、差別化が困難です。

出店方式であれば、ショップごとにクーポンを発行したりデザインや文章を工夫したりなどの差別化をおこなえます。

しかし、Amazonマーケットプレイスの出品方式の場合、同じ商品ページの中に複数のショップが出品します。

どの商品ページも同じデザイン・文章になっているため、差別化ができません。

利用者から見たら統一感があってわかりやすいものの、企業視点に立つと企業の特色を出せないデメリットがあります。

【デメリット2】ライバルとの価格競争になりやすい

Amazonマーケットプレイスでは、同じ商品ページに複数のショップが出品しますが、基本的には価格が安いショップから販売されます。

つまり、低価格で出品しているショップから販売される仕組みがあるため、価格競争になりやすいこともデメリットです。

Amazonマーケットプレイスで他社より売上を上げるには、価格競争で他社に勝つことが基本です。

さらに、競合他社も多いため、価格競争が激しくなってしまいます。

【デメリット3】手数料が発生する

Amazonマーケットプレイスに出品すると、下記のような手数料が発生します。

  • FBAを利用しない場合:「出品プランごとの料金」+「販売手数料」
  • FBAを利用する場合:「出品プランごとの料金」+「販売手数料」+「FBA配送代行手数料」

出品プランごとの料金は、小口出品か大口出品かによって変わります。

小口出品は商品が購入されると1商品あたり100円、大口出品は月額4,900円です。

月の販売数が49点までなら小口出品50点を超える場合は大口出品のほうが低コストになります。

※引用:Amazon

販売手数料は、商品が販売されるたびに発生します。

商品ジャンルによって大きく異なり、商品価格の8〜45%です。

FBA配送代行手数料は、重量や寸法によって金額が異なります。

※引用:Amazon

たとえば、FBA小型軽量商品プログラムで、寸法が25cm x 18cm x 2.0cm以内かつ重量が250g以下の場合は、1商品当たり193円です。

しかし、自社で倉庫を借りて受発注業務をおこなうよりは、低コストで済むケースも多いです。

【比較】Amazonと他のECモールとの違い

ここで、Amazonと他のECモールとの違いを紹介します。

  • 楽天市場との違い
  • Yahoo!ショッピングとの違い
  • 番外編:自社型ECサイトとの違い

それぞれの特徴を理解して、自社にあったECモールを選択しましょう。

楽天市場との違い

前述したとおり、楽天市場は「出店方式」であることがAmazonとの大きな違いです。

商品や企業ページの自由度が高いため、他社と大きく差別化できます。

また、ユーザーに還元されるポイントが多いのも楽天市場の特徴です。

料金から獲得ポイントを引いて計算すると、Amazon以上におトクに商品を購入できるケースも少なくありません。

一方で、楽天市場に出店する費用は、Amazonマーケットプレイスより高額であることが多いです。

Amazonマーケットプレイス楽天市場
【出品プランごとの料金】

  • 小口出品:1商品が販売されるごとに100円
  • 大口出品:月額4,900円
【出店料(月額)】

  • がんばれ!プラン:19,500円(年間一括払)
  • スタンダードプラン:50,000円(半年ごとの2回分割払)
  • メガショッププラン:100,000円(半年ごとの2回分割払)
【システム利用料】
下記3点で設定されており、売上の2〜7%

  • パソコン経由かモバイル経由か
  • プラン
  • 月間販売額
【販売手数料】
商品ジャンルで設定されている。商品価格の8〜45%(ほとんどの商品は8〜15%)
【システムサービス利用料】
楽天ポイント:売上の1%
モールにおける取引の安全性・利便性向上のためのシステム利用料:売上の0.1%
楽天スーパーアフィリエイト(設定した場合):複雑なため、公式サイトを参照ください。
【R-Messe利用料】
プランごとに、月額3,000〜5,000円
【FBA配送代行手数料】
重量や寸法によってさまざま。
例:FBA小型軽量商品プログラム

  • 寸法が25cm x 18cm x 2.0cm以内かつ重量が250g以下:1商品当たり193円。
  • 寸法が35.0cm x 30.0cm x 3.3cm以内かつ重量が1kg以下:1商品当たり205円。
【楽天ペイ(楽天市場決済)】
平均決済単価と月間決済高により、2.5〜3.5%に設定されている
【その他コスト】

  • 商品の在庫管理
  • 受発注業務
  • 発送
  • 返品対応 など

楽天市場に出店する費用は計算方法も複雑ですが、公式サイトでは月額費用シミュレーションができるようになっています。

「Amazon」と「楽天市場」のどちらが自社の販売に向いているか、商品ジャンルやコスト面も考慮しつつ総合的に判断することが大切です。

もちろん、どちらか一方だけでなく両方に出品・出店することもできます。

下記記事では、楽天市場でのECサイト開設がおすすめな4つの理由や開設方法などを紹介していますのでチェックしてみてください。

Yahoo!ショッピングとの違い

Yahoo!ショッピングは、楽天市場と同じく出店型のECモールです。

Amazonや楽天市場より集客力は劣るものの、低コストで済む点が大きな魅力です。

AmazonマーケットプレイスYahoo!ショッピング
【出品プランごとの料金】

  • 小口出品:1商品が販売されるごとに100円
  • 大口出品:月額4,900円
  • 初期費用:無料
  • 月額システム利用料:無料
  • 売上ロイヤルティ:無料
【販売手数料】
商品ジャンルで設定されている。商品価格の8〜45%(ほとんどの商品は8〜15%)
【原資の負担】

  • ストアポイント原資負担:1%〜15%(1%は必須)
  • キャンペーン原資負担:1.5%必須
  • アフィリエイトパートナー報酬原資:1%〜50%(1%は必須)
【アフィリエイト手数料】
アフィリエイトパートナー報酬原資の30%
【FBA配送代行手数料】
重量や寸法によってさまざま。
例:FBA小型軽量商品プログラム

  • 寸法が25cm x 18cm x 2.0cm以内かつ重量が250g以下:1商品当たり193円。
  • 寸法が35.0cm x 30.0cm x 3.3cm以内かつ重量が1kg以下:1商品当たり205円。
【ストア決済サービス手数料】
決済方法によって異なる。

  • PayPay残高払い:決済金額の3.0%(税別)
  • クレジットカード決済:決済金額の3.24%(非課税)*PayPayカード(株)発行カードは決済金額の3.0%
  • PayPayあと払い:決済金額の3.0%(税別)
  • ゆっくり払い:決済金額の3.24%(税別)
  • モバイル支払い(キャリア決済):決済金額の4.48%(税別)
  • コンビニ決済:150円/件〜300円/件(税別)
  • 銀行振込決済(ペイジー):150円/件(税別)
【その他コスト】

  • 商品の在庫管理
  • 受発注業務
  • 発送
  • 返品対応 など

Yahoo!ショッピングの公式サイトにも月額費用シミュレーションがありますので、ぜひ試算してみてください。

番外編:自社型ECサイトとの違い

最後に、Amazonマーケットプレイスに出品する場合と自社型ECサイトを構築する場合を比較します。

自社型ECサイトを構築する場合、初期のコストがとても高額なうえ、集客にもコストと時間がかかります。

しかし、集客の安定化とブランディングに成功できれば、その後は低コストで大きな利益を得られる可能性があります。

Amazonマーケットプレイス自社型ECサイト
初期費用・コスト0から数千円程度数十万円から数千万円
集客ほぼ不要自社か委託
販売手数料8〜45%不要
受発注業務FBA自社か委託
利益率価格競争になるため低い自由にブランディングできるため高くできる
短期の展望早めに利益が生まれる利益が出るまで数ヵ月から数年以上かかる場合もある
長期の展望薄利多売が続きやすいSEOやSNSなどで集客が安定しブランディングに成功すれば、最小限の広告費で、多くの利益を得られるようになる

なお、次の記事では、モール型ECと自社型の違いや自社型ECサイトのメリット・デメリットなどを解説しています。

自社型ECサイトの構築を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

AmazonでECを始める3つのステップ

AmazonでECを始める手順は、大きく次の3ステップです。

  1. 出品用アカウントを作成する
  2. プロフィールを設定する
  3. 商品を登録する

Amazonマーケットプレイスに出品する際の参考にしてください。

【ステップ1】出品用アカウントを作成する

はじめに、自社の出品用アカウントを作成します。

アカウント作成には、次のような書類などが必要です。

【アカウント作成に必要な書類など】

  • 行政機関発行の顔写真付きの身分証明書(例:パスポートや運転免許証)
  • 過去180日以内に発行された取引明細書(例:ガス・電気・水道料金などの請求書)
  • ビジネス用のEメールアドレスまたは既存のAmazonアカウント
  • 電話番号
  • 有効なクレジットカード
  • 銀行口座番号(Amazonから売上金を受け取る口座)

※引用:Amazon出品用アカウント登録手順

これらの用意が済んだら、専用ページにて出品用アカウントの作成を進めてください。

ビデオ通話が求められることもありますので、その場合はビデオ通話ができるデバイスの用意も必要です。

【ステップ2】プロフィールを設定する

続いて、出品者プロフィールの設定をおこないます。

メールアドレスや電話番号・運営責任者名など、画面に表示されている項目を入力していきましょう。

【ステップ3】商品を登録する

Amazonで商品登録する方法には、「新規出品」と「相乗り出品」の2つがあります。

新規出品は、現在Amazonで販売されていない商品を出品するときのもので、大口出品者であることが前提です。

JANコードの取得と、商品によっては製造元部品番号も必要になります。

相乗り出品は、既にAmazonに登録されている商品ページに出品するときのもので、一般的に同じ商品を出品する際は1つの商品カタログページ内に出品しなければなりません。

商品登録の画面から、商品名やJANコードで検索をかけると対象商品が表示されますので、各項目を入力して出品しましょう。

ECサイト運営時は不正対策も欠かせない

Amazonをはじめ、ECサイトを運営する際は不正対策も欠かせません。

万が一、不正利用が続いてチャージバックが発生すると、売上が取り消されるうえに商品も返ってこず、事業者様にとって大きな被害につながります。

そこでECサイト運営者に必要なのが、顧客と自社を守るための専門的な不正対策です。

たとえば、かっこ株式会社では、導入企業累計110,000サイト越えの共有データで高精度に不正注文を検知できる「O-PLUX」を提供しています。

怪しいと感じた注文にだけ追加認証がおこなわれるため、不正利用しない人の注文画面は通常の見た目と変わりません。

商品の発送前に不正注文を見抜くことができ、チャージバックの発生を防ぐことも可能です。

不正注文対策ウサギとカメ漫画DL資料

まとめ:AmazonマーケットプレイスでECを始めよう

Amazonマーケットプレイスの特徴やメリット・デメリット、ECの始め方などを解説しました。

Amazonマーケットプレイスを利用するメリットは、主に次の3つです。

  1. 知名度を活かして高い集客力を期待できる
  2. 発送代行サービスにより物流の手間を軽減できる
  3. グローバルセリングで海外へも商品を販売できる

一方で、下記のようなデメリットもあります。

  1. 他の大手ECモールと比較して企業の特色を出せない
  2. ライバルとの価格競争になりやすい
  3. 手数料が発生する

Amazonは集客力が高く、独自の発送代行サービスにより物流の手間を軽減できる点が大きな魅力です。

ただし、ショップごとに差別化しにくいため、価格競争になりやすい点に注意しましょう。

メリット・デメリットを天秤にかけたうえで、Amazonマーケットプレイスへの出店を検討してみてください。

なお、ECサイトを運営する際は、クレジットカードの不正利用対策が欠かせません。

カード不正の被害に遭うと、自社に非がないケースでも顧客の信用を失い、売上を圧迫してしまうリスクがあります。

当サイトでは、年々増加しているクレジットカードの不正利用は現状どうなっているのか、独自調査したレポートを無料配布しています。

不正対策を強化したい方は、下記のバナーをクリックのうえ資料をダウンロードしてください。

EC関連549社を独自調査!EC業界の不正利用対策の現状とは!?

独自調査レポ無料DLはこちら

ピックアップ記事

  1. クレジットカードの不正利用を防ぐ方法は?消費者と事業者の両視点から原因を解説
  2. 不正検知システムとは?導入するメリットやチェックできる5つの項目などを紹介
  3. 通販サイトが攻撃を受ける原因とリスク!4つのセキュリティ対策とは?
  4. 【2024年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額!クレカ不正の発生状…
  5. サイバー攻撃への対策5選!被害事例や対処法も解説

関連記事

  1. EC構築・ノウハウ

    注文管理とは?システム導入のメリットや不正な注文を防ぐ方法を紹介

    「注文管理とは具体的にどのようなことを行っているのだろう」「注文管…

  2. EC構築・ノウハウ

    ツケ払い(後払い)とは?3つの導入メリット・課題と解決策を解説

    ツケ払い(後払い)とは、お客様が購入代金を後日支払える決済方法です。…

  3. ECCUBEとは

    EC構築・ノウハウ

    EC-CUBEとは?概要やメリット・導入するべき事業者を解説

    「EC-CUBEってどんなサービスなの?」「EC-CUBEを導入す…

  4. 自社型ECサイト

    EC構築・ノウハウ

    自社型ECサイトとは?おすすめの構築方法やメリット・デメリットを解説

    「ネットショップ事業の構築方法が知りたい。」「ネットショップを始め…

  5. 後払いの自社審査とは
フィッシング対策状況を今すぐチェック。「フィッシング対策セルフチェックシートWebサイトのなりすまし対策に!鉄壁PACK for フィッシング
クレジットカードの不正利用対策はしていない!?独自調査レポート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
漫画ウサギとカメでわかるどこよりもわかりやすいEC不正注文対策 無料ダウンロード
自社の商品の転売状況を「転売チェッカー」で調べてみませんか?

おすすめ記事

  1. 【2024年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  2. フィッシングサイトを検知する3つの方法!企業が受ける被害例も…
  3. 3Dセキュア2.0を導入後も不正注文対策は必要!理由とおすす…
  4. QRコード決済は危険?不正利用される原因や安全に使える電子決…
  5. 不正アクセスとは?主な4つの手口と対策、被害事例を紹介
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル
  1. メタップス 情報漏洩

    不正アクセス

    クレジットカード決済基盤を提供する「メタップスペイメント」で情報漏洩|最善の不正…
  2. コンプライアンス

    企業SNSによる情報漏洩の事例6選!担当者が知るべき原因と対策
  3. 不正アクセス

    運営サイトを悪質なハッキングから守るには?事例と対策を徹底解説
  4. 不正アクセス

    TwitterがSMS認証(電話番号認証)を有料化!おすすめの無料2要素認証ツー…
  5. 不正検知・ノウハウ

    AIが不正検知にも進出?メリットや注意点、ソリューション事例をご紹介
PAGE TOP