EC構築・ノウハウ

後払いサービス導入は販路拡大のチャンス!4つのメリットや注意点を解説

後払いサービスとは、購入者が商品やサービスを受け取ったあとに代金を支払える決済方法です。近年、クレジットカード決済に代わる決済手段として、ネットショップでも関心を集めています。

本記事では、後払いサービスの仕組みや導入メリット・注意点などを網羅的にまとめました。

販路拡大したい方・利用者の利便性を高めたい方などは、ぜひご一読ください。

\ 後払いの仕組みを簡単構築/
与信・入金管理・請求督促の自動化機能をパッケージ化

後払いサービスとは


後払いサービスとは、購入者のもとに注文した商品・サービスが届いてから代金を支払える決済方法です。

購入者から見ると、主に次のようなメリットがあります。

【購入者から見た後払いサービスのメリット】

  • 現金やクレジットカードが手元になくても決済できる
  • 商品・サービスを確認してから支払える
  • カード決済と比較して不正利用される確率が低い

現金やクレジットカードが手元になくても支払えることから、クレジットカードを持てない人や学生なども利用しやすい決済手段です。

また、商品やサービスを実際に確認してから代金を支払うため、

  • お金を払ったのに商品が届かない
  • 注文と違うものが届いた

といったトラブルを回避でき、安心感が得られます。

さらに、クレジットカード情報を入力しなくてよいため「情報漏洩」や「フィッシング詐欺」「カードの不正利用」などのトラブルに遭う確率が低いこともメリットの一つです。

下記の記事では、購入者から見た後払い決済のメリット・デメリットや利用手順について記述していますので参考にご覧ください。

なお、後払い決済は、国民生活センターが述べているように明確な定義は決められていません。

「後払い決済」に関して、制度上あるいはキャッシュレス決済の分類上の明確な定義があるわけではありません。

※引用:国民生活センター

広義では、「クレジットカード決済」や「携帯電話のキャリア決済」なども後払い決済に含まれますが、本記事では商品到着やサービス確認後に金融機関やコンビニなどで代金を支払うものを対象としています。

下記の記事では、後払い決済の仕組みや注意点を詳しく解説していますので、あわせてご一読ください。

後払いサービスの仕組み・利用の流れ

後払いサービスは、購入者とショップの間を「後払い決済代行会社」が仲介し、商品の代金を立て替えることで購入者が後払いできる仕組みです。

▲後払いサービスのイメージ

購入者は、次のような流れで後払いサービスを利用できます。

  1. ショップで買い物をする
  2. 支払い方法で後払い決済を選択する
  3. 商品(サービス)が到着する
  4. 商品に請求書が同封されている or 後から郵送で請求書が届く
  5. 希望の支払い方法(コンビニ、Web、金融機関へ振込、銀行、郵便局の窓口やATMなど)で支払い期限日までに支払う

購入者は商品・サービスの注文後、指定された期間内に支払いを済ませればよく、空いた時間を活用して支払うなど柔軟な対応がしやすくなります

後払いサービスの4つの導入メリット

事業者様が後払いサービスを導入するメリットは、主に次の4つです。

  1. 利用者の利便性が高まる
  2. 顧客層の拡大が見込める
  3. カゴ落ち防止に貢献する
  4. 未回収リスクが軽減する

後払いサービスを導入すると利用者の選択肢が増え、これまで取り込めなかった顧客層へもアプローチできるようになります。

【メリット1】利用者の利便性が高まる

後払いサービスは、現金主義の方やクレジットカードを所持しない方も利用できます。

また、購入者が注文したあとは、数週間程度の支払期限が設けられていることが一般的です。

これにより、収入が不安定な方や不定期な方も、収入が入ったタイミングで支払いに行くなど柔軟に対応しやすくなります。

後払いサービスを導入して利用者の利便性が高まった結果、

  • 企業のイメージアップにつながる
  • リピート率の向上を期待できる

など、事業者様もメリットを得られます。

【メリット2】顧客層の拡大が見込める

後払いサービスは、クレジットカードを所持していない若者や学生などを中心に、近年注目度が高まっている決済方法です。

そのような後払いサービスを導入することで、

  • 従来の支払い方法では獲得が難しかった顧客層
  • 後払いサービス導入済みの他ショップに流れていた顧客層

などの取り込みを期待でき、売上や販路をさらに拡大しやすくなります

【メリット3】カゴ落ち防止に貢献する

3つ目のメリットは、カゴ落ち防止に貢献することです。

カゴ落ちとは、購入者がカゴ(カート)に商品を入れたものの、決済手続きを終えず途中でサイトから離脱してしまうことを指します。

後払い決済は、クレジットカード情報や本人認証の入力が不要のため、カゴ落ちの観点からも次のような利点があります。

  • 欲しい商品を見つけた時、手元に現金やクレジットカードがなくてもすぐに購入できる
  • 欲しい商品をカゴに入れてから決済までの工程が短い
  • 途中で入力が面倒になってサイトから離脱する確率も低くなる

カゴ落ち防止による事業者様の大きなメリットは、機会損失を減らして売上向上を期待できることです。

購入者は、欲しい商品が見つかったあとスムーズに決済を進められるため、結果的に顧客満足度も高まります。

なお、下記の記事でカゴ落ちの原因や対策を詳しく解説していますので、自社のカゴ落ち対策の参考にご一読ください。

【メリット4】未回収リスクが軽減する

後払い決済サービスを導入した場合、契約した決済代行会社が商品代金を立て替えてくれるため、未回収リスクが軽減されます。

「未払い保証」や「利用者の与信審査」がついた後払いサービスなら、何らかの理由で期日までに利用者が未払いだった場合でも安心です。

事業者様は、未回収のリスクを防ぐことで、安定した資金繰りや経営が可能になります。

下記の記事では、事業者様から見た後払い決済のメリットやデメリットについて、さらに詳しく解説していますのでご参照ください。

後払いサービス導入時の2つの注意点

後払いサービス導入時の注意点は、主に下記の2つです。

  1. 貸倒れのリスクがある
  2. 導入・運用コストが発生する

事前に注意点を把握して、予期せぬトラブルを防ぎましょう。

【注意点1】貸倒れのリスクがある

後払い決済は、その性質上、利用者が商品・サービスを受け取ったあと代金を支払わないおそれがあります。

後払いサービスの種類によっては未払い保証をつけていないケースもあり、その場合は貸倒れリスクが発生します。

貸倒れリスクを防ぐためには、未払い保証のある後払いサービスを選んだり、後払い決済の導入と併せて不正注文対策ができるシステムを導入したりすることがおすすめです。

【注意点2】導入・運用コストが発生する

2つ目は、後払いサービスの導入・運用にともなうコストが発生することです。具体的には、次のようなコストを負担しなければなりません。

【後払いサービスの導入・運用にともなうコスト】

  • 初期費用
  • 月額費用
  • 決済手数料

与信審査や請求書発行など、後払いに関連する業務を決済代行会社が代行してくれるため、それなりのコストがかかるのは、ある意味仕方のないことです。

しかし、顧客層の拡大や売上アップなどが期待できることから、導入・運用コストを支払ってまでも後払いサービスを導入する企業が多く存在することも事実です。

実は後払い決済は自社で事業化できる

実は後払い決済は、決済代行会社と契約する方法以外に、自社で事業化する方法もあります。

自社で後払いを事業化するメリットは、次のとおりです。

【自社で後払いを事業化する主なメリット】

  • 外部委託のコストがかからない
  • 運用の自由度が高い
  • すべての後払い決済データを入手できる
  • 自社でリスク判断できるため未開拓の商材を取り込める

独自の後払い決済環境を構築できることから、自社の状況や顧客層にあわせた自由度の高い運用が可能です。

また、間に決済代行会社を挟まないため、すべてのデータを入手でき、得られたデータを自社のマーケティング施策に活用できます。

ただし、自社で事業化すると、後払い決済の導入・運用にともなう業務をすべて自分たちで実施しなければなりません。

具体的には、下記のような業務が発生します。

【後払い決済の導入・運用にともなう業務の例】

  • システム開発に向けた設計
  • 与信審査
  • 請求・督促
  • 入金処理
  • 立替金計算
  • 出荷データ登録

これらを自社ですべて担当すると、莫大な労力や専門知識が必要になるため、後払い決済の事業化に踏み切れない事業者様も少なくありません。

そこで、事業化にともなう負担を軽減したい方におすすめなのが、後払い決済に必要な仕組みを1つにまとめた「後払い決済導入パッケージ」の活用です。

次の章で詳しく解説します。

自社で事業化するなら「後払い決済導入パッケージ」の利用がおすすめ

ここからは、後払い決済の事業化に「後払い決済導入パッケージ」がおすすめの理由について、かっこ株式会社が提供する「SaaS型BNPLシステム」を例に紹介します。

「SaaS型BNPLシステム」は、後払いに必要な機能が1つにまとまっており、与信や入金管理・請求督促などの自動化が可能です。

必要機能がまるっとパッケージ化されているため、後払い決済環境の構築・運用にともなう業務負担を大幅に軽減できます。

また、後払い決済事業の構築支援で培った仕組みと経験をもとに本質的な機能に絞り込むことで、ゼロベースで構築すると莫大にかかる初期費用を最小限に抑えられます

下記に「SaaS型BNPLシステム」のおすすめポイントをまとめました。

【SaaS型BNPLシステムのおすすめポイント】

  1. ゼロベースで構築すると莫大にかかる初期費用を最小限に抑えられる
  2. 必要な機能が1つにまとまっているため、開発・運用にともなう業務負担を軽減できる
  3. O-PLUX(不正注文検知システム)が標準装備されている
  4. 導入企業ごとにカスタマイズできる
  5. 後払い事業の経験が豊富なコンサルタントに支援してもらえる

標準装備されているO-PLUX(不正注文検知システム)は、EC向け不正検知で4年連続No.1(※)の実績があり、後払い決済システムの構築と同時にシステム導入後の不正注文対策も可能です。

※2023年3月末日時点。株式会社東京商工リサーチ調べ

年商17億円以上の企業だと、他社の後払いサービスを使うより「SaaS型BNPLシステム」を導入して自社で後払い決済を事業化したほうが運用コストを抑えられます。

  • 自社で後払いをやってみたいけど、開発コストやランニングコストを抑えたい
  • 後払いの事業化にともなう煩雑な業務の負担を減らしたい

などとお考えの事業者様は、下記のバナーをクリックのうえお気軽にサービス資料をダウンロードしてください。

\ 後払いの仕組みを簡単構築/
与信・入金管理・請求督促の自動化機能をパッケージ化

まとめ:後払いサービスの導入で販路を拡大しよう

後払いサービスは利用者にとって利便性が高く、事業者様が導入することで販路の拡大を期待できます。

また、今はネットショッピングを利用する人も多く、政府がキャッシュレスを推進している背景もあり、後払いサービスは今後も需要が伸びていくと予想されます。

さらなる事業成長につなげたい事業者様は、後払いサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、自社で後払いを事業化すると、外部委託先に情報共有する手間を省け、得られたデータをすべてマーケティング施策に活かせます

下記の記事では、後払い決済を事業化するメリットを詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

ピックアップ記事

  1. キャッシュレスとは?増加で起こる消費者・事業者の変化を解説
  2. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  3. ECサイトでの情報漏洩対策とは?どんなセキュリティ強化をするべきか
  4. サイバー攻撃への対策5選!被害事例や対処法も解説
  5. 不正アクセスとは?主な4つの手口と対策、被害事例を紹介

関連記事

  1. EC構築・ノウハウ

    受注処理とは?流れやシステム導入のポイントなどを紹介!

    「受注処理とは具体的にどのような作業を行っているのだろう」「受注処…

  2. EC構築・ノウハウ

    支払い方法にはどのようなものがある?決済方法の一覧と注意点を紹介

    「現金支払い以外にも、どんな支払い方法があるのかな」「それぞれの支…

  3. EC構築・ノウハウ

    自社後払いとは?利用者・事業者のメリットや導入時の注意点

    自社後払いとは、その名のとおり自社で独自に構築・提供する後払い決済のこ…

  4. EC構築・ノウハウ

    EC業界用語集〜不正編〜ジャンルごとに主要な用語を解説!

    「自社ECサイトへの不正アクセスや不正注文の対策を立てたい。でも、関連…

  5. EC構築・ノウハウ

    モール型ECとは?特徴からメリット・デメリットまでを一挙公開

    「ネットショップ事業を始めたい」「モールみたいに出店できるって本当…

  6. EC構築・ノウハウ

    後払いシステム開発費用の相場は?費用を抑える4つのポイントも紹介

    後払いシステムとは、事業者様が自社で後払い決済事業を運用していくために…

フィッシング対策状況を今すぐチェック。「フィッシング対策セルフチェックシートWebサイトのなりすまし対策に!鉄壁PACK for フィッシング
クレジットカードの不正利用対策はしていない!?独自調査レポート
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門
漫画ウサギとカメでわかるどこよりもわかりやすいEC不正注文対策 無料ダウンロード
自社の商品の転売状況を「転売チェッカー」で調べてみませんか?

おすすめ記事

  1. 【2024年最新】クレジットカードの不正利用被害は過去最高額…
  2. フィッシングサイトを検知する3つの方法!企業が受ける被害例も…
  3. 3Dセキュア2.0を導入後も不正注文対策は必要!理由とおすす…
  4. QRコード決済は危険?不正利用される原因や安全に使える電子決…
  5. 不正アクセスとは?主な4つの手口と対策、被害事例を紹介
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

いざという時に。不正アクセス被害後の対応手順マニュアル
  1. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトの不正注文・セキュリティ対策のコストはいくらかかる?
  2. 身に覚えのない課金

    不正検知・ノウハウ

    身に覚えのない課金は返金可能!子供が勝手に課金するのを防ぐ方法や不正利用への対処…
  3. 不正検知・ノウハウ

    2016年改正、2018年施行の割賦販売法。2020年3月が対応期限で東京オリン…
  4. 不正アクセス

    ECサイトはセキュリティ対策が必須!導入時の重要なポイント5つを解説
  5. 不正検知・ノウハウ

    不正検知モデルとは?役割やモデルを活用したソリューションをご紹介
PAGE TOP