不正検知・ノウハウ

ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは

不正対策により発生するコストとは、どういったものがあるのでしょうか。

この記事ではECサイト運営で遭遇する不正利用における対策コストをまとめました。

いつ・どれくらいのコストをかけて不正対策をすべきなのか、検討されている方の参考になれば幸いです。

運営の中で強化したい不正対策

ECサイトを狙う不正には様々なものが含まれますが、例えばクレジットカード番号の盗用による不正利用の被害総額は2018年の時点で187.6億円となりました。

参考:かっこ株式会社 │ 日本クレジット協会「クレジットカード不正利用被害額の発生状況」が更新されました。

くわえて、代引き決済や後払い決済でも不正利用の可能性はあります。
EC事業者としては万が一に備え、どのような不正対策をするのか事前に検討しておきましょう。

しかし不正被害がないうちからどのくらいのコストを掛けて対策すべきかは悩みどころですね。
ただ、不正者は対策をしているECサイトよりも未対策で不正がやりやすい方を狙いますし、一度狙われると突発的に被害が増える場合もあります。
「狙われる前に何かしらの対策をとること」はとても重要です。

不正対策コストと被害内容を知っておこう

具体的な対策を紹介する前に、不正対策のコストと、被害が起きた場合にどのような負担をしていくのか確認しておきましょう。

対策時には不正かどうかを判断するための人件費などがかかり、これは被害の有無にかかわらず必要となるコストです。

その他、商材や決済方法によって様々ですが、ECサイトで発生しうる不正被害・コストを表にまとめました。

被害・コスト 内容 備考
運用コスト 不審な注文に対する目視チェック業務時間 カード・後払い・代引きなど、決済手法ごとに必要な対応・コストは異なる
直接被害 未回収となった商品代金・送料
間接被害 未回収注文の調査や督促の費用(人件費含む)
転売被害 ・ヤフオクやメルカリなどで流通する自社商品、サンプル品の落札額
・ブランド棄損

表からも見てとれるように、被害にあってしまうと商品代金以外にも多くの手間や費用がかかります。

被害の全容を知ることが対策の第一歩であり、不正を未然に防ぐことの重要性がおわかりいただけると思います。

不正対策は自社で行う場合と不正対策システムを利用する場合がある

不正対策には、自社のみで行う方法や不正対策システム・サービスを利用する方法などがあります。

体制構築・オペレーションについてはこちらの記事にまとめています。どちらも利点があるため、ぜひご一読ください。

 

不正利用対策で健全なECサイト運営を

こうした不正対策をすることには、冒頭で述べたとおり不正者からの狙いを避ける効果があります。

対策の運用費はかかるとしても将来的な不正被害時の費用負担が不要となり、ECサイトの健全な運営にも繋がりますので、被害が発生する前に対策を実施することをおすすめします。

そのためECサイトの不正対策は、被害が発生する前に考えておきましょう。その方が結果的にコストが少なく済みます。

適切な対策をすることで、ECサイトの健全な運営にもつながります。

2019最新版!クレジットカード不正の現状。EC不正220億円の背景に新たな手口が?

ピックアップ記事

  1. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 
  2. 【購入者向け】受取拒否や身に覚えのない荷物への対応について
  3. 【購入者から見る後払い決済】利用手順やメリット・デメリット、未払い時の対応は?
  4. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状況と併せて解説
  5. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカードの不正利用を防ぐ方法は?消費者と事業者の両視点から原因を解説

    海外旅行時やECサイトでの非対面決済において非常に便利なクレジットカー…

  2. 不正検知・ノウハウ

    代金未回収のリスクを回避できるキャリア決済。導入する場合のメリット・デメリット

    「キャリア決済」を利用すると、EC事業者は購入者が契約するキャリア(電…

  3. チャージバック

    チャージバックとは?クレジットカードの不正利用による消費者の損害を防ぐ仕組み

    クレジットカードの不正利用から消費者を守る、「チャージバック」とい…

  4. 不正アクセス

    なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検知)について 

    窃取した情報を使用し、第三者が本人になりかわる「なりすまし」。…

  5. 不正検知・ノウハウ

    転売問題の現状は?様々な転売対策を事例と共に解説

    アーティストのチケットや高額ブランド商品の転売問題。メディアでも取…

おすすめ記事

  1. 不正アクセスの手口とは?2019年の不正アクセス行為の発生状…
  2. 生体認証だけでは不正アクセスは防げない?決して完璧ではない理…
  3. テレワーク時代における効果的なセキュリティ対策について
  4. なりすましによる不正アクセスの被害内容と具体的な対策(不正検…
  5. QRコード決済からのカード情報の不正流出と不正利用防止対策に…
漫画3匹の子豚でわかるどこよりもわかりやすいWebセキュリティ入門

お役立ち資料

2020年最新調査データ無料DL オンラインサービスの最新不正傾向と対策を!約20,000サイトの独自データから分析
  1. 不正検知・ノウハウ

    AIを活用した不正検知が広がるメリットについて
  2. 3Dセキュア

    3Dセキュアとは?メリットや利用方法を解説
  3. 不正検知・ノウハウ

    アドフラウド(adfraud)の具体的な手口と適切な対策方法
  4. チャージバック

    チャージバックとは?クレジットカードの不正利用による消費者の損害を防ぐ仕組み
  5. 不正アクセス

    不正アクセスを防止する方法は?今すぐ対策を解説
PAGE TOP