不正検知・ノウハウ

【初心者でも安心】クレジットカードの仕組みと注意点、メリットやデメリットをまとめました

この記事では、

  • クレジットカードの仕組み
  • クレジットカード利用時の注意点
  • クレジットカードを利用するメリットやデメリット

などを初心者の方にもわかりやすく解説します。

  • 契約する前に仕組みを知っておきたい
  • 利用する上でのリスクを把握しておきしたい

という方はぜひご一読ください。

クレジットカード決済とは

クレジットカード決済を購入者から見ると、商品やサービスを受け取った後に代金を支払う仕組みといえ、その場で現金を支払う必要はありません、

また、クレジットカードは利用者の信用に基づいて契約・発行されます。

そのため契約時には審査を受ける必要がありますが、

  • 実店舗での支払い
  • ECサイトでの支払い
  • 電気やガスといった公共料金の支払い
  • 税金の支払い

など、幅広く利用可能です。

また、契約内容によってはポイントの付与や優待特典・海外旅行保険を用意しているクレジットカードもあります。

クレジットカードで決済が行われる仕組みを解説

クレジットカード決済の仕組みを

  1. カード名義人(購入者・利用者)
  2. 加盟店(販売店)
  3. クレジットカード会社

といった、3つの視点に分けてお話します。

購入者

購入者はあらかじめクレジットカード会社の審査を受け、契約を結びます。

契約後は加盟店での支払い時にクレジットカードを使い、サインや暗証番号の入力で本人確認を行います。

この際に現金のやり取りは必要なく、その後、決められた日時にまとめて支払いを済ませます。(具体的な日時は契約内容によって異なります)

1ヶ月間に利用した分を、翌月~翌々月の指定日に銀行口座からの引き落としで支払うケースが一般的です。

加盟店(販売店)

購入者がクレジットカード払いをした場合、加盟店は後日クレジットカード会社に代金を請求をします。

その後、クレジットカード会社からは、その請求金額から手数料を差し引いた金額が支払われます。

クレジットカード会社

クレジットカード会社は、加盟店から請求された分を購入者に請求します。

購入者から支払いが行われた後は、手数料を差し引き加盟店に代金を支払います。

まとめると、クレジットカード会社は購入者と加盟店の間に入り、代金のやり取りを行います。その手続きの手数料がクレジットカード会社の利益です。
(クレジットカード会社も、細かく見るとブランド・カード発行・加盟店の開拓など役割が異なるのですがここでは割愛しています。)

購入者がクレジットカードを利用するメリット

クレジットカードがあれば、購入者は現金が手元になくても決済ができ非常に便利です。

さらにクレジットカードの発行会社がカード利用に対して様々な特典を用意していることもメリットと言えます。

独自のポイントシステムを設けているクレジットカードの場合は、利用金額や契約期間によってポイントが付与されます。

貯まったポイントはキャッシュバックや物品との交換で利用できるため、節約につながります。

また、特定の飲食店や旅行会社での優待・割引など、特典を用意しているクレジットカード会社もあります。
(細かい内容はクレジットカード会社毎に異なるため、契約時に確認しましょう)

購入者がクレジットカードを利用するデメリット

対して、購入者がクレジットカードを利用するデメリットは

  1. 使いすぎてしまう危険がある
  2. 不正利用のリスクがある

といった2点が挙げられます。

クレジットカード払いは支払い期日までに代金を用意できれば、取引として問題はありません。つまり決済のタイミングで口座に残高がなかったとしても、取引は可能です。
そのため、中には生活を圧迫するほど利用してしまうケースもあります。

 

支払いができなくなった場合はクレジットカードの利用停止が行われ、最悪、自己破産などの債務整理をすることになります。

クレジットカードの便利さは「計画的な利用が苦手」という方には、デメリットとも言えますね。

 

ですが、基本的にクレジットカードには利用上限(利用可能額)が設定されています。

クレジットカード会社によっては、ご自身の意思で利用上限を引き下げられます。不安な方はぜひ問い合わせをしてみましょう。

 

また、クレジットカードの紛失や情報の漏洩により、不正利用されてしまうリスクもあります。

この不正利用に関しては次項で詳しくお伝えします。

クレジットカードを不正利用されないように購入者・利用者ができる対策

クレジットカードの不正利用被害額は2018年の時点で約235億円です。

インターネットが発達した今、不正利用のリスクは誰にでもあると言えます。クレジットカードを契約する場合は、不正利用の対策も把握しましょう。

具体的な対策としては、

  1. クレジットカード番号や暗証番号など情報の適切な管理
  2. 不正手口や不正発生時の対応を知っておくこと

といった2点が挙げられます。

 

1つ目はクレジットカード番号や暗証番号といった情報の適切な管理です。

  • クレジットカード番号や暗証番号をメモで残さない
  • 決済に必要な情報を第三者に伝えない
  • 誕生日や連番など推測されやすい暗証番号は使わない

などを心がけましょう。

 

2つ目は不正手口や不正発生時の対応を知っておくことです。

たとえば、「フィッシング」という不正手口をご存知でしょうか。金融機関やEC事業者等を装った偽のメールでサイトに誘導し、個人情報やクレジットカード情報を入力させるもので、非常に多くの被害が出ています。

一方、フィッシング等でカード情報が流出して被害に遭ってしまった場合に、購入者(カード名義人)を保護する仕組みも整えられています。

リスクを減らし安心してクレジットカードを使用するために、こうした知識を持っておくことが大切です。

こちらの記事ではクレジットカードの不正注文に関してより詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

クレジットカードを利用する際の注意点

ここで、クレジットカードを利用する際の注意点をまとめておきます。

注意点は

  1. 支払い期限
  2. 限度額の把握

の2点です。

クレジットカードを利用すると、後日、クレジットカード会社から請求が届きます。

基本的には、契約時に申請した銀行口座から自動で引き落とされるので、その時までに代金を用意しましょう。

引き落としができなかった場合は、電話や郵便物での通達や、支払い請求が行われます。

 

また、前項でも触れましたがクレジットカードには限度額が設定されています。

限度額を超えての決済はできませんので、必要な時に困らないよう注意しましょう。

クレジットカードの仕組みを理解して適切な管理を

この記事ではクレジットカードの仕組みや、メリット・デメリットをご紹介しました。

クレジットカードを利用する際は、リスクを把握して適切な管理を行いましょう。

ピックアップ記事

  1. 受取拒否にならないようにするには
  2. セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由と、販売店にとっ…
  3. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知システム。仕組みやメリッ…
  4. EC事業者が対策したい「カゴ落ち」とは
  5. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 

関連記事

  1. 不正検知・ノウハウ

    【後払い未払い発生時の対策】督促手順や支払う意思がない購入者への対応について

    決済方法の1つとして挙げられる「後払い」。購入者にとってはクレ…

  2. 不正検知・ノウハウ

    受取拒否にならないようにするには

    不要な郵便・宅配物を返送する際の手段ともいえる「受取拒否」。し…

  3. 不正検知・ノウハウ

    令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」の内容とは

    「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に…

  4. 不正検知・ノウハウ

    企業が行うチケットの転売対策と購入者がやむなく転売する際の注意点について

    平成30年法律第103号として「特定興行入場券の不正転売の禁止等による…

  5. 不正検知・ノウハウ

    3Dセキュアの普及率と、効果が見込めるクレジットカード決済の不正利用対策について

    セキュリティ対策の1つである「3Dセキュア」の普及率はどれくらいなので…

  6. 不正検知・ノウハウ

    ECサイトにおける不正対策のコスト算出。不正対策により発生するコストとは

    不正対策により発生するコストとは、どういったものがあるのでしょうか。…

おすすめ記事

  1. なりすましによる不正の被害内容と具体的な対策について 
  2. コード決済(QRコード決済)における不正流出したクレジットカ…
  3. 受取拒否にならないようにするには
  4. 後払い決済の手順や支払い方法は?購入者にとってのメリット・デ…
  5. 取引データや分析結果から決済前に危険性を判断する不正検知シス…

ECサイト不正利用。巧妙化する手口


PR

  1. 不正検知・ノウハウ

    クレジットカードの不正利用を防ぐ方法は?不正が起こる原因や対策を、消費者と事業者…
  2. ニュース・業界動向

    カード情報を不正利用しスマートフォンなど高額電化製品を購入・換金。約1億円の利益…
  3. 不正検知・ノウハウ

    セキュリティコード(SC)がクレジットカードに設定されている理由とその重要性を事…
  4. 不正検知・ノウハウ

    令和元年6月14日から施行された「チケット不正転売禁止法」の内容とは
  5. ニュース・業界動向

    自作プログラムでIDを大量に不正取得。ヤフーポイント約9300万円相当の被害、詐…
PAGE TOP